子供の反抗期の年齢や時期は?どう対応したらいいの?

ほとんどの子供は成長の過程で「反抗期」を迎えるものです。何にでも反発して言うことを聞かなくなると、「ついに反抗期が来たのかな」と不安になるのではないでしょうか。今回は、反抗期とはどういうものか、始まる年齢や時期、対応の仕方などをご説明します。

反抗期とは?

反抗期 いや 女の子 叫ぶ 嫌悪感

反抗期とは、人からの指示に対する反抗的な態度が強まる時期を指します。子供が精神的に成長すると、「自立しよう」という欲求が生まれ、指示されることを嫌がるようになります。

その反抗は主に母親や父親に向きます。子供と長い時間を過ごしてきた相手、または自分を守ってくれてきた相手に反抗することで、自立しようとする意志の現れだといえます。

子供が反抗期に入る年齢・時期は?

グッズ 時計 時間

子供の反抗期は、大きく分けて「第一次反抗期」と「第二次反抗期」の2回あります。

第一次反抗期は、2歳前後に始まって4歳頃まで続きますが、いわゆる「イヤイヤ期」とも呼ばれます。自我が芽生えて自分のやりたいことがはっきりしてくるため、親に対して「あれもイヤ、これもイヤ」と拒否するようになります。「これがしたい」という自己主張の現れでもあります。

そして「第二次反抗期」は、小学校高学年から中学生くらいの10代前半の思春期に起きるもので、個人差はありますが、16歳を過ぎる頃から落ち着いてくるといわれます。単に「反抗期」というときは、第二次反抗期を指すのが一般的です。この時期は身体が大人へと成長し、それと同時に自分なりの新たな価値観が形成されていきます。このときに親との価値観のズレを感じたり、自分の考えを否定されたりすると強く反発するようになります。

子供の反抗期にはどう対応したらいいの?

会話 反抗期 親子

第一次反抗期も第二次反抗期も、どちらも子供が自立しようとしていることの表れです。親としては、子供がやろうとすることを引き止めたり、過剰に手助けしたりせず、どっしりと構えてやりたいようにやらせてあげましょう。子供と接するときは以下の心構えを大切にしてくださいね。

少し離れて見守る

「自分でやりたい!」という子供に対して、干渉したり助けたりすると、さらなる反発を生み出します。親から見ると失敗するのが明らかでも、子供にとってはその経験自体が大切です。まずは色んなことにチャレンジさせてあげましょう。

そして、見事にやり切ることができたら、たくさん褒めてあげて、失敗したときは子供に寄り添って慰めてあげてください。口出ししたいのをグッと我慢して、少し離れて見守るのが良好な親子関係につながり、子供の成長を促します。

人を介して伝える

親には反抗的でも、祖父母や叔父叔母、友達の親の言うことには素直に耳を傾ける子もいます。聞く耳を持たない子供にアドバイスしたいときは、自分たちに代わって話をしてもらうことも一つの方法です。

子供が気持ちを言える環境を作る

子供が何か言いたそうにしているとき、しっかりと向き合って話を聞いていますか?親が子供の気持ちを理解してあげると、少しでも子供の心は和らぎますよ。日頃から「何があっても味方だよ」「どんな話でも打ち明けていいんだよ」というメッセージを伝えましょう。

大切なのは、子供が話したがっていることをすべて聞いてあげること。大人の意見を押し付けず、子供の不満や不安に耳を傾けてあげてください。

ダメなことはダメと言う

子供の意見や行動を尊重することは大切ですが、人としてやってはいけないこと、間違ったことを容認する必要はありません。反抗期の子供は、親がどう対応するかをうかがっていることもあるので、しっかりとした態度で接することも大切です。

反抗期の子供には肩の力を抜いて接しよう

女性 リラックス 笑顔

子供が反抗することすべてに目くじらを立てていると、ママもパパもイライラしてしまい、お互いに感情的になって収拾がつかなくなります。

反抗期は精神的な成長に不可欠なものだと考え、心に余裕をもって、子供と接してあげましょう。子供たちは時に親を驚かせる行動を取るかもしれませんが、子供を信じて接して、成長を見守ってあげましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう