赤ちゃんのそばはいつから?授乳中にママが食べてもいいの?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんの離乳食について、気になることのひとつがアレルギー。なかでも、重いアレルギー反応を引き起こす可能性がある「そば」は、いつからあげてもいいのか迷うものの一つでしょう。また、授乳中にママがそばを食べて、そのおっぱいを飲んだ赤ちゃんがアレルギー反応を起こすかもと気になることもあるかもしれません。そこで今回は、赤ちゃんにそばを食べさせてもいい時期や、そばを初めてあげるときの注意点などをご紹介します。

赤ちゃんのそばアレルギーとは?

そば アレルギー

アレルギーとは、食べ物や花粉など、体の免疫機能が異物に対して過剰に反応してしまうことをいいます。

そばアレルギーは、そば粉に含まれるたんぱく質である「そばアレルゲン」が原因で起こるアレルギーです。そばアレルギーの場合、以下のような症状を引き起こす可能性があります(※1)。

・声がかれる
・激しい咳
・目のかゆみや充血
・肌のかゆみや湿疹、じんましん
・嘔吐や腹痛、下痢

症状がひどい場合、呼吸困難やアナフィラキシーショック(意識低下)があらわれます。

そばアレルギーは、たとえ少量のアレルゲンを摂取したとしても、アナフィラキシーショックのような重篤な症状を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

そばはいつからあげてもいい?離乳食は?

離乳食 ママ 赤ちゃん

前述の通り、そばは少量の摂取でも重篤な症状を引き起こす可能性があるので、いつ食べさせるかについては気をつける必要があります。

「●歳から食べても良い」という明確な基準はありませんが、消化機能がある程度できあがってくる2~3歳になったら、少量から摂取してみることをおすすめします。

そばの調理は楽なので、離乳食としてつい作りたくなるかもしれませんが、離乳食期の赤ちゃんがアレルギー反応を起こすリスクを考えると、離乳食としてそばをあげるのは避けた方がいいでしょう。

赤ちゃんにそばをあげるときの注意点は?

注意

赤ちゃんに初めてそばをあげるときは、以下のようなことに気をつけてください。

最初は少量だけあげる

アレルギー検査を受けていない限り、赤ちゃんがそばに対してアレルギー反応を示すかどうか分かりません。初めて食べさせるときは、ごく少量あげるようにしましょう。

そばを食べた後に、湿疹やかゆみ、咳、嘔吐など体の異変が出たら、それ以上与えるのはやめて、ひどい症状が現れたときはすぐに医療機関を受診してください。

病院が開いている時間帯に与える

重篤な症状が発生した場合に備えて、初めてそばをあげるときは、アレルギー反応が出たときすぐに対応できるよう、平日の日中、特に午前中にしましょう。

休日や夕食のときにあげると、何かあったときにすぐに診察してもらえない可能性があるので、避けるようにしてください。

あげる量を増やすときは慎重に

一口食べさせた後に体調の変化が起きなかったとしても、すぐにたくさん食べさせないようにしましょう。少しずつ食べさせる量を増やしていくことが大切です。

年齢に関わらず、慎重に様子を見ながら、食べさせることを忘れないようにしてください。また、そばをしっかり茹でて、やわらかくしてください。

授乳中にそばを食べてもいい?

赤ちゃん 授乳

「母乳には、ママが食べたものが出る」という声があり、授乳中にそばを食べても良いのか迷うことがあるかもしれません。

しかし、授乳中にママがアレルゲンの可能性がある食物を避けることで子供のアレルギー発症の予防につながったという報告はありません。

そのため、日本小児アレルギー学会も、「食物アレルギーの発症予防のために妊娠中および授乳中に母親が食物除去を行うことは推奨されない」としています(※3)。

母乳には赤ちゃんに必要な栄養素が多く含まれているため、偏食をせず、バランスの良い食事を取ることが大切です。

そばを食べた後は赤ちゃんの様子をしっかり観察

赤ちゃん ママ 抱っこ

そばを赤ちゃんにいつからあげるについて、「2~3歳を過ぎてから」とご紹介しましたが、それ以前は絶対に食べてはいけないというわけではありません。

間違えて食べさせても、慌てず、落ち着いて赤ちゃんの様子を観察することが大切です。赤ちゃんの食べる物ひとつひとつに注意を払いながら、赤ちゃんの健やかな食生活をサポートしていけるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう