赤ちゃんは「かに」をいつから食べられる?離乳食で使ってもいい?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

お中元やお歳暮などで缶詰としてもらうことも多い「かに」。ママ・パパだけでなく、せっかくなので赤ちゃんも一緒に味わいたい、なんて思うこともありますよね。そこで今回は、赤ちゃんはかにをいつから食べられるのか、離乳食で使ってもいいのか、赤ちゃんがかにを食べる際の注意点などをご紹介します。

赤ちゃんのかにはいつから?離乳食中は?

かに 離乳食

おいしいだけでなく、高タンパク低脂肪のヘルシー食材でもあるかに。せっかく手に入ったのなら赤ちゃんと一緒に味わいたいところですが、いつから食べさせていいのでしょうか。

かにをいつから赤ちゃんに食べさせるかは、専門家によっても意見が分かれるところですが、「1歳を過ぎた離乳食の完了期から」という意見が多いようです。

食べさせる際は、火を通してすり身にしてあんかけにしたり、卵でとじてかに玉にしたりしてもおすすめです。

しかし、かにを赤ちゃんに食べさせるときには、いくつか気をつけなくてはいけないことがあります。

かにを赤ちゃんに与えるときの注意点とは?

女性 注目 注意 発見 指さし (12)

かにを赤ちゃんに与えるときに注意しなくてはいけないこととして、次のようなものがあります。

● 細かくほぐして与える
● 混入物に注意する
● 新鮮なものを調理する
● よく火を通す
● かに成分の少ない加工品から少量ずつ始める
● 最初はごく少量を平日の午前中に与える

ここからは、それぞれについて詳しくご説明していきます。

細かくほぐして与える

茹でたかにの身は柔らかいですが、大きな塊のまま与えるのはNG。いくら柔らかくても、赤ちゃんにとっては噛み切れず、のどに詰まってしまうおそれもあります。

細かくほぐして食べやすいサイズにしてから食べさせてあげましょう。

混入物に注意する

かにの殻から身を外す際、身のなかに殻の破片が入ってしまうことがあります。殻が身に混ざったまま赤ちゃんの口に入った場合、赤ちゃんの口の中が切れて怪我をする可能性があります。

缶詰を使う際も同様で、金属片が入らないように十分注意して調理をしましょう。

新鮮なものを調理する

かには足が早い、つまり傷みやすいことで知られているため、冷凍のものは冷蔵庫内で解凍し、解凍されたら早めに調理して食べましょう。

また、賞味期限が切れているものは赤ちゃんに与えないようにしましょう。

よく火を通す

かにを食べる際には、食中毒にも気をつけたほうがいいでしょう。

かにに寄生している可能性があるビブリオ菌やノロウイルスは、感染すると腹痛や下痢、嘔吐、脱水症状を引き起こすことがあります。

腸炎ビブリオは、食品の中心部が60度の状態で10分、もしくは65度の状態で1分以上の加熱で死滅します(※1)。また、ノロウイルスは食品の中心部が85~90度の状態で90秒以上加熱すると無力化するため、かにの調理の際はこれらを目安に加熱しましょう(※1)。

かに成分の少ない加工品から少量ずつ始める

かにを初めて与える前に、かにのせんべい、かにかまぼこなど、かにの成分を少しだけ含んだ加工品を与え、慣らしておくのもいいでしょう。

ただし、かにかまぼこは赤ちゃんにとっては塩分量が多いため、湯通しを行ってから少量だけ与えるのがおすすめです。

最初はごく少量を平日の午前中に与える

かになどが原因で起こる甲殻類アレルギーは赤ちゃんよりも大人に多く見られますが、赤ちゃんが発症しないとは限りません。

赤ちゃんに初めてかにを食べさせる際は、念のため少量だけにして、その後アレルギーの症状が出ていないか様子を見ましょう。

また、初めて食べさせる際には、平日の午前中に食べさせたほうがいいでしょう。これは、もしアレルギーの症状が出た場合にすぐに病院に行けるようにするためです。

かにのアレルギーの症状はいつから出る?

はてな 謎 疑問

かにを食べることで出る甲殻類アレルギーには、2パターンの症状の現れ方があります。

1つ目は短時間に症状が現れる「アナフィラキシー」、2つ目は激しい運動によって症状が現れる「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」です。

アナフィラキシーで短時間に症状が出る場合は、かにを食べてからすぐに口の違和感が始まり、数分後に皮膚のかゆみやじんましん、嘔吐や腹痛、声の枯れなどの症状が現れます。ただし、なかには30分以上経ってから症状が現れる場合もあるため、かにを食べてからしばらくは注意が必要です(※2)。

一方で、食物依存性運動誘発アナフィラキシーでは、かにを食べてからおよそ4時間以内に激しい運動をすることでまず1〜1.5cmほどのじんましんが現れ、「ヒューヒュー」「ゼロゼロ」というような呼吸音や喉の腫れ、呼吸困難や吐き気、嘔吐などの症状が続きます(※2)。

赤ちゃんがかにを食べるときはよく観察して

ママ 赤ちゃん 女の子 食事 離乳食 笑顔

高タンパク低脂肪でビタミンB群などを多く含むかに。高級食材でお祝いの席などにも出されるため、赤ちゃんと一緒に味わいたい気持ちもわかります。

しかし、甲殻類アレルギーの原因であるため、いつから食べさせるにしても、与えるときには慎重になる必要があります。

また、離乳食の食材としてよく使われるちりめんじゃこなどのなかには、たまに小さなかにが紛れ込んでいることがあります。

万が一、これらの食品を食べてアレルギーに似た症状が見られたら、行きつけの病院を受診することをおすすめします。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう