新生児がうなる!赤ちゃんがいきむ原因と対処法は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県大和市の高座渋谷つばさクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギ... 監修記事一覧へ

小さな赤ちゃんが突然顔を真っ赤にしてウンウンとうなり出すと、「どこか苦しいのかな」「大丈夫かな」と、心配になりますよね。さらにその状態で泣かれてしまうと、どうしたらいいのかわからず、慌ててしまうママやパパは多くいます。そこで今回は、新生児がうなる・いきむ原因をはじめ、泣くほど苦しいときの対処法などをご紹介します。

赤ちゃんがうなる原因は?新生児もいきむの?

新生児 赤ちゃん 抱っこ いきみ うなり しかめっ面

新生児から生後2ヶ月頃までの赤ちゃんにみられる、「ウーウー」「ウーンウーン」という、うなりやいきみは、実は珍しいことではありません。理由がなくすることもありますが、違和感や苦しい状態を訴えていることもあります(※1)。

以下を参考に、心当たりがないか確認してみましょう。

うんちが上手く出せない

まだ腹筋をうまく使えないので、うんちがうまく出せずいきむことがよくあります。さらに生後2ヶ月くらいになると、うんちの回数が減ることで便秘になりがちで、お腹が苦しくてうなることも。顔色が悪い・嘔吐といった症状がなく、苦しい様子が一時的なもので、3日に1回はうんちが出ていれば、心配はいりません。

すっきりとげっぷが出ない

新生児の頃はおっぱいやミルクがうまく飲めず、空気も一緒に大量に飲み込んでしまいます。胃に空気が溜まりやすいうえに、自分で上手にげっぷを出すことができません。そのまま胃が膨らんで、嘔吐をしたり苦しくなったりすることもあります。

また、新生児〜生後1ヶ月頃は、ママも赤ちゃんも授乳に慣れておらず、母乳やミルクを飲みすぎてしまうこともあります。

腸にガスが溜まっている

新生児期は腹圧を上手くコントロールできず、げっぷとして出なかった空気をおならとしてうまく出すことができません。運動量も少ないため、お腹にガスが溜まりやすいのが特徴です。赤ちゃんのお腹を触って、張っていないか確認してください。

新生児がうなる・いきむときの対処法は?

赤ちゃん お腹 マッサージ

赤ちゃんが頻繁にうなったり、いきんだりするときは、まず何が原因なのかを探ってあげる必要があります。

以下を参考に、苦しくなるタイミングや様子をよくみて、原因に合わせて対処しましょう。

 

授乳後のげっぷを丁寧に行う

授乳後のゲップの出し方が不十分だと、気管に空気が溜り、苦しくなってしまいます。げっぷが小さかった場合は、赤ちゃんの首を支えたまま顎をママの肩に乗せ、背中を優しくさすってあげましょう。

それでもげっぷが出ないときは、上半身を高くするか、背中に丸めたタオルを挟んで横にして、しばらく様子をみてあげてくださいね。

軽い体操をしてあげる

腸の動きを活発にするために、軽い運動をさせるのも効果的。ママが赤ちゃんの両足を揃えて持ち、お腹の方へぐっと折り曲げます。そのまま両膝を左右に開いて円を描くように移動させてから再び両足揃えましょう。

赤ちゃんの関節はやわらかいので、優しく動かしてあげてくださいね。

体操をするときは、授乳後1時間程度たってから、赤ちゃんの機嫌が良いときに行ってください。生後2ヶ月以降からできる「赤ちゃん体操」もおすすめですよ。

お腹をマッサージする

便秘でお腹が張っているときは、お腹を優しくマッサージしてあげましょう。これも授乳後すぐにはせず、起床後やお風呂上がりなどに行ってください。

まずは、赤ちゃんを仰向けに寝かせて、赤ちゃんのへその下あたりにママの手のひらをあてます。ママから見て時計周りに、優しく圧をかけながら円を描くように撫でてあげましょう。

 

新生児がうなりやいきみで泣くときはどうする?

でべそ 新生児 赤ちゃん

生後1ヶ月くらいの赤ちゃんは、泣いたときやうなったときに、臍に腸がはみ出す「臍ヘルニア(でべそ)」になる恐れがあります。いきみすぎて赤ちゃんが泣きだしたときには、すぐに抱っこして落ち着かせてあげましょう。

腹筋が発達する1~2歳くらいになると、自然と治っていくことがほとんどです。しかし、それまでの間で、泣くたびに臍が赤くなる、あるいは鼠径部(股の部分)が膨らむ場合は、すぐに小児科で相談してください。

ひどい便秘が原因のときは、小児科で浣腸などの治療を施してくれることもありますよ。

新生児がうなる・いきむときは体をチェックしてあげよう

ママ 赤ちゃん 抱っこ キス

生後4~6ヶ月になって寝返りを打てるようになったり、生後7〜9ヶ月頃になってハイハイができるようになったりすると、運動量が増えるので、お腹に溜まったガスも出やすくなってきます。うなったりいきんだりするのも自然と治まってくるので、あまり気にしすぎないでくださいね。

赤ちゃんが生まれてからしばらくの間は、お腹の張りや赤ちゃんの表情など、体のチェックを丁寧に行い、状況にあわせて対処してあげましょう。特に、授乳後や毎朝起きてからの健康チェックをすると、赤ちゃんの変化にもいち早く気づけるようになりますよ。

※参考文献を表示する

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう