2歳児の室内遊び・外遊びまとめ!雨の日のおすすめは?

2歳児と聞くと、「魔の2歳児」や「イヤイヤ期」という言葉を思い浮かべるママも多いのではないでしょうか。かわいいけれど、とにかく手がかかる2歳児。この時期は急激な成長にどうやって折り合いをつけていいのか分からず、ママも子供もストレスを抱えがちです。そんな時期は、親子で思いきり遊んで、上手にストレスを発散しましょう。今回は、2歳児の遊びについて、おすすめの室内遊びと外遊びをご紹介します。

2歳児の体と心の発達は?

芽 芽生え 成長 受精 生命 発展 発達 希望

2歳になると、運動能力が高まり、体をうまく動かせるようになります。1歳の頃と比べて、歩くスピードが速くなったり、両足でジャンプできるようになったりするので、行動範囲も広がります。

自分でやりたいという欲求が出てきて、身の回りのことを少しずつできるになるのもこの時期。しかし、まだ思い通りにできないため、「やりたい→できない→爆発する」という流れになるのです。これが、何を言っても何をやってもイヤイヤしか言わないイヤイヤ期(第一次反抗期)の仕組みです。

生活においても、遊びにおいても、「気が済むまでやらせてあげる」ことが大切です。

2歳児の遊びのポイントは?

女性 確認 チェック ノート メモ

なんでも自分でやりたがる2歳児。実際に、ひとりでできることが増えてきますが、思うようにいかないと、どうしていいのか分からなくなり、ぐずったり泣いたりします。遊んでいるときは、特にこのような状況になりやすいので、ママがサポートしてあげることが大切です。

まずは、子供の「やりたい」気持ちを優先させてください。公園で、「すべり台を滑りたい」「ブランコに乗りたい」と言ったら、とにかくやらせてあげます。そのとき、ママはできるだけ見守るようにして、子供がひとりでできることを増やしていきましょう。

遊びを通して、ひとつのことが達成できたら、思い切り褒めてあげることもポイントです。上手にできなくてイライラしているときは、そのまま続けたいのか、中断して他の遊びをしたいのか、子供の気持ちを汲み取ってあげましょう。

2歳児におすすめの室内遊びは?

グッズ 子供 積木 おもちゃ 遊ぶ

2歳になると外で体を動かして遊びたがるので、雨の日や体調の悪い日は家でどうやって遊ばせようかと悩んでしまいますよね。そんなときは、子供が集中できる遊びを選んであげましょう。いつも遊んでいるおもちゃとは違った発見もあり、親子で楽しめますよ。

ひも通し

厚紙に複数箇所穴をあけ、そこにひもを通す遊びです。ひもの先はテープなどで細く固くして、穴に通りやすくしておきます。

通し方には幾通りもあるので、子供が遊んでいるうちは手を出さずにそっとしておきましょう。集中力と手先の器用さが養われますよ。

積み木

2歳児の積み木は、最初のうちは積んで崩してを繰り返します。難しいものは作れませんが、ただ積むだけでも十分楽しめます。

そのうちに積み木の色や形から見立てて空想しながら遊び始めます。車やおにぎりなど、積み木からイメージできたもので遊ぶことで、子供の想像力がどんどん広がっていきますよ。

新聞ちぎり

いらない新聞紙や使用済みの包装紙を、どんどんちぎらせましょう。紙を裂く感覚が楽しく、小さくなった破片を雪のように飛ばしたり、かぶったりして遊ぶことができますよ。丸めながらボールにすれば、簡単にお片付けもできるので、達成感も味わえますね。

2歳児におすすめの外遊びは?

子供 ブランコ 公園 遊び 笑顔

2歳児の外遊びは、思いっきり走り回れるスペースがあればそれだけで十分です。安全に配慮され、遊具がある公園は、特におすすめです。運動機能の発達を促すために効果的な遊びを取り入れましょう。

鉄棒

まだ前回りのような動きは難しいですが、ぶら下がっているだけでもいい運動になります。大人が後ろでつきそって、鉄棒まで持ち上げてあげましょう。怖がる子供は、後ろからそっと腰のまわりを持ってあげます。

ぶらぶらと自分の力でぶら下がる感覚が新鮮で、新たな感覚が養われます。腕の力もつきますよ。

ブランコ

2歳を過ぎると、ひとりでブランコに乗りたがるようになります。幼児用のガードがついたブランコであれば、ひとりで乗せて、大人が後ろからゆらゆら揺らしてあげましょう。ブランコから見る外の世界に、好奇心が刺激されますよ。

ボール遊び

子供はボール遊びが大好き。外で遊ぶときは、柔らかいボールをいつも持ち歩いておくと、機嫌が悪くなったときや、イヤイヤが発生したときにも役立ちますよ。ママと一緒に投げたり蹴ったりして遊ぶことで、親子のコミュニケーションもとれますね。

追いかけっこ

2歳児は、しっかり歩けるようになるだけでなく、走るのも上手になってきます。追いかけっこはもちろんのこと、動物になったつもりで「うさぎさんかけっこ」や「ゾウさんかけっこ」などもおすすめです。全身を使って、思い切り走るのはイヤイヤ期の子供のストレス発散になりますよ。

遊びを通して2歳児の成長を楽しもう

赤ちゃん 子供 泣く ママ なだめる 抱っこ

「魔の2歳児」と呼ばれる2歳の1年間は、ママにとって大変なことが多いですが、子供も自分の思い通りにならないという葛藤と戦っています。遊びには、落ち込んだ気分を回復する力があるので、広い公園や児童館などで思いっきり遊ばせてあげましょう。子供のストレスも減り、それによって、きっとママのイライラも軽くなりますよ。

2歳児の今だからこそ楽しめる遊びを上手に取り入れながら、子供の成長を見守っていけるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう