ルトラールの副作用で太る?吐き気や食欲不振も現れる?

女性ホルモンのバランスが崩れると、生理不順や月経異常を引き起こすことがあります。これらの症状を改善し、不妊を克服するために合成ホルモン剤の「ルトラール」が処方されることがあります。ルトラールは高い効果が認められている一方で、様々な副作用があるのも事実です。今回は、ルトラールの副作用について詳しくご説明します。

ルトラールとはどんな薬?

疑問 薬 カプセル クエスチョン

ルトラールは「クロルマジノン」を主成分とした合成ホルモン剤で、女性ホルモンのひとつである「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の作用を補ってくれます。

黄体ホルモンには、排卵後に基礎体温を上げ、充実した子宮内膜を維持する作用があります。ルトラールの服用により、体内の黄体ホルモンが補われると、生理不順や月経異常のほか、卵巣機能不全や黄体機能不全、機能性子宮出血といった不妊につながる症状が改善されることが期待されます。

ルトラールで副作用が出るのはなぜ?

疑問 女性 悩み 不安 クエスチョン

ルトラールを飲むことによって、体を妊娠しやすい状態に整えてくれるという、うれしい効果があります。

その反面、ルトラールを服用すると、一時的に黄体ホルモンの量が増加し、体内のホルモンバランスが変化するため、その影響で様々な副作用が出ることもあります。

なお、ルトラールは代謝されるときに肝臓に負担がかかります。特にもともと重い肝障害・肝疾患のある人は、副作用として肝機能異常が現れる恐れがあるので、注意が必要です。

ルトラールの副作用は?吐き気や食欲不振も現れる?

女性 吐き気 苦しい

ルトラールの副作用の多くは軽度の不快症状で、消化器系を中心に乳房や子宮、神経系などに影響が見られることがあります(※1)。ルトラールを飲んだあとに下記の自覚症状があった場合、服用量を減らしたり、中止したりといった対応が必要となることもあるので、必ず医師に相談しましょう。

過敏症

発疹など

消化器系の症状

食欲不振、吐き気、下痢、嘔吐、腹痛など

乳房の症状

乳房の張り、乳房の痛みなど

子宮の症状

不正出血、点状出血、経血量の変化、下腹部痛など

神経系・その他の症状

眠気、頭痛、倦怠感など

ルトラールの副作用で太るの?

女性 体重計 

ルトラールの服用で黄体ホルモンの量が一時的に増えると、電解質代謝に影響を及ぼします。電解質とは、ナトリウムやカリウムなど体液に含まれる電気を通す物質です。

電解質代謝が正常に作用しないと、これらの体液が体に溜まってしまうのです。そのため、ルトラールの副作用として「むくみ」や「体重増加」も現れることがあります(※1)。

ルトラールの製造元によると、発症する確率は不明ですが、「ルトラールを飲んだら太った」という人は、むくみや体重増加といった副作用が原因だと考えられます。一般的に、軽い症状であれば経過を観察しながら服用を続けますが、症状が重い場合にはルトラールの処方量を減らしたり、服用を中止したりするなどの対応がとられます。

ルトラールの副作用で、危険なものは?

副作用 薬 虫眼鏡 

先ほどご説明したとおり、ルトラールの副作用は軽いものがほとんどです。しかし、稀に重大な副作用を引き起こすことがあるので、服用前に理解しておくことが大切です。

血栓症

ルトラールの製造元によると、発症する確率は0.1%未満ですが、副作用として「血栓症」が現れることもあります(※1)。血栓症とは、血管内で血液が固まり、詰まってしまう病気です。血栓が心臓の血管をふさぐと心筋梗塞、脳の血管をふさぐと脳梗塞になる恐れがあり、命に関わります。

血栓症の前兆・初期症状として、手足やふくらはぎにしびれや痛みを感じたり、頭痛や息切れ、動悸といった症状が現れたりします。ルトラール服用後にこれらの自覚症状が現れた場合、すぐに医師に相談しましょう。

肝機能障害

製造元によると、ルトラールの副作用として肝機能障害が発症する確率は0.1~5%未満です(※1)。しかし、もともと重い肝障害や肝疾患を抱えている人は、ルトラールを飲むことで悪化する恐れがあるため、服用が禁止されています。

肝臓に持病を抱えている人は事前に医師に相談し、できるだけ体に負担がかからない形で不妊治療を続けるようにしましょう。

ルトラールの副作用を理解して服用しましょう

エストロゲンサプリ 妊活

ルトラールは、自然の黄体ホルモンと同じように作用してくれるため、不妊治療において広く処方されている薬です。一方で、それほど発症率は高くないものの、消化器系や子宮、乳房などに副作用が現れることもあります。また、稀に血栓症など重い病気を引き起こすこともあるので、注意が必要です。

ルトラールが処方されたら、医師の指示に従い、用法・用量を正しく守って飲むようにしましょう。もし服用後に副作用が出たら、すぐ医師に伝え、適切な対応を相談することが大切です。

自分の判断で薬の服用を止めたり量を変えたりするのは、副作用を悪化させる恐れがあるのでおすすめできません。何か気になることがあれば、ルトラールを処方してもらうときに、副作用や医師への連絡方法を確認しておくと安心ですね。

※1参考文献: 富士製薬工業株式会社「ルトラール錠2mg」

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい