赤ちゃんのストローはいつから?練習方法や上手な教え方は?

赤ちゃんが母乳や粉ミルク以外を摂るようになってくると、少しずつおっぱいや哺乳瓶の卒業へと進みますが、そのときに必要になってくるのがストロー。ストローを吸うことは舌の運動になり、離乳食など食事をする訓練にもなるので重要なステップです。そこで今回は、赤ちゃんのストローやストローマグはいつから使うものなのか、練習方法や教え方のコツなどをご紹介します。

赤ちゃんがストローを使うのはいつから?

赤ちゃん ストロー

赤ちゃんがストローを使うのは、早くて生後6ヶ月から。満1歳を迎える頃には、ほとんどの赤ちゃんがストローで飲むことができるようになります。

突然使えるようになるわけではないので少しずつ練習する必要がありますが、いつから練習を始めるかは、ママのタイミングで構いません。早くて離乳食を始める生後6ヶ月頃から、遅くても生後8ヶ月頃からストローの練習を始めると良いですね。

コップにストローを刺して練習するのも良いですが、ストローが安定せず、赤ちゃんがなかなか口にくわえることができないときは、カップにつける蓋に専用のストローがついている「ストローマグ」を使うのもおすすめですよ。

赤ちゃんのストローの練習方法は?

疑問 答え アンサー クエスチョン

ストローの練習を始める前に、まずは「息を吸う」という動作を大人が赤ちゃんにみせてあげましょう。ママ自身が目の前でストローを使ってみたり、ママがストローを持ってくわえさせたりして、「吸うこと」を覚えさせます。

飲み物が吸い込まれる様子がみえるように、透明のストローを使うのがおすすめですよ。

なかには母乳を吸う「吸啜反射」と同じように、最初からうまくストローを吸える赤ちゃんもいます。しかし、上手に吸えたとしても、口を離すタイミングと飲み込むタイミングが合わず、こぼれてしまうことがほとんどです。

うまく吸えないことに嫌がって、ストローの入ったコップを倒してしまったり、水分が到達する前に諦めてしまったりすることもあります。

前述のように、ママがお手本としてストローを使って飲みながら説明するのが良いですが、なかなか進まないときは以下のグッズを使いながら練習してみましょう。

紙パック飲料を使ってストローを練習する

なかなか吸い込めないようであれば、ファーストステップとして紙パック飲料を使うのがおすすめです。

紙パック飲料のストローをくわえさせて、側面を軽く押してみましょう。突然口のなかに水分が入ってくるので最初はびっくりして吐き出してしまうこともありますが、ストローから水分が出てくるということがわかり、徐々に慣れていきますよ。

1. ピジョン 紙パック飲料 ベビー麦茶

要出典 赤ちゃん ストロー ピジョン ベビー麦茶 出典: products.pigeon.co.jp

紙パックに入った薄めの赤ちゃん用麦茶です。少量ずつ小さなパックに入っているので小さな赤ちゃんの手でも持ちやすく、ストローの練習にぴったり。飲みきりタイプで衛生的なのもうれしいですね。

税込価格
760円

ストローマグを使ってストローを練習する

ストローマグは、赤ちゃんがにぎりやすい持ち手がついているものや、柔らかいストローがついているものが多く、ひっくり返してもこぼれない仕様になっています。

おもちゃ感覚でマグをつかんで慣れることや、まずはお茶を入れずにストローを口にくわえる練習から始めても良いですね。

2. コンビ テテオ teteo マグストロー バルーン Neo

要出典 赤ちゃん ストロー コンビ テテオ teteo マグストロー バルーン Neo

蓋をパチッと開けるとストローが出てくる仕組みのマグ。ハンドルが斜めになっているので顔を上に向けなくても飲むことができる作りになっています。煮沸、電子レンジ、薬液による消毒・除菌もできますよ。

税込価格
805円

3. OXOTot グロウ・ハンドル付ストローカップ

要出典 赤ちゃん ストロー OXOTot グロウ・ハンドル付ストローカップ 出典: www.dadway-onlineshop.com

蓋を上にスライドするとストローが出てくる仕組みのマグ。逆流防止のv字弁のついたストローで、逆さにしてもこぼれません。改良を重ねた結果、子供の口によりフィットする飲み口になり、飲みやすくなりました。

税込価格
1,728円
ピンク/アクア/グリーン

4. ピジョン ぷちストローボトル

要出典 赤ちゃん ストロー ピジョン ぷちストローボトル 出典: products.pigeon.co.jp

持ち運びに便利なこちらのストローマグは、ハンドルをたためてコンパクトになるのがポイント。開閉もかんたんで、中身が漏れにくいですよ。かわいいカラーリングは赤ちゃんにぴったりですね。

税込価格
564円~
アクアブルー/トロピカルイエロー/ストロベリー

5. リッチェル アクリア コップでマグ ストロータイプ

要出典 赤ちゃん ストロー リッチェル アクリア コップでマグ ストロータイプ 出典: www.richell.co.jp

生後6ヶ月ごろからストローの練習ができるマグは、赤ちゃんの口に合わせた楕円形の吸いやすい飲み口です。気密性に優れたシリコンの蓋を押すと飲み物が出てくる仕組みで、この動作を繰り返すことでストロー飲みを覚えることができますよ。

税込価格
782円~
ネイビーブルー/ピンク/レッド

赤ちゃんがストローで飲まない・むせるときはどうする?

赤ちゃん 泣く 子供 泣き顔 痛い 悲しい 不安

最初のうちは、赤ちゃんがストローで飲まないことや、飲んでもむせてしまうことがあります。ストローで飲まないときは、焦らずゆっくり慣れさせてあげましょう。何度か練習するうちに飲むようになってきますよ。

ストローの口を大きくしたような、「スパウト」で練習してみるのも方法のひとつです。ストローが使えなくても、実はコップで飲む方が好きな子もいます。

ストローを使ってむせるのは、吸う力が強く、飲みものが気管に入ってしまうことが原因であることがほとんどです。母乳や哺乳瓶と同じ感覚で吸っていると、ストローでは大量の水分が口の中に入ってきてしまいます。

吸う力の加減がわかるようになれば、むせることも少なくなっていきますが、無理に練習させると苦しくて嫌がってしまうので、一度むせたら少し間をおいてあげましょう。

赤ちゃんがストローを練習するときの注意点は?

栄養ドリンク ドリンク 飲み物 注意 危険 飲料 清涼飲料水

赤ちゃんがストローを練習するときは、目を離さないようにしましょう。大人用のストローを使う場合は喉に押し込んでしまわないよう注意してあげることも大切ですが、子供用のストローも細く、先が尖っているものもあるので、目を離した隙に思わぬ怪我につながることもあります。

ストローを振り回して目に入ってしまうなどの怪我も珍しいことではないので、赤ちゃんがストローを使うのは、大人が一緒にいるときだけにしましょう。

ストローマグの場合はそういった怪我の心配は少ないですが、幼いうちは水分が気管に入っただけでも、危険なことがあります。慣れないうちは少量からはじめ、いつまでもむせていて心配な場合は、小児科を受診したり、息が吸えないほど苦しそうにしている場合は、小児救急電話相談(#8000/※1)にかけたりして、症状に合った対処法を聞いてみましょう。

赤ちゃんのストローは少しずつ慣れさせよう

親子 笑顔 ママ 抱っこ

ストローに限らず、赤ちゃんが新しい道具を使うときは、すぐに使えるようになることを目的にするよりも、まずは興味を持ってもらうことを優先してあげましょう。自分で触って、感触を確かめるなかで興味を持ち、ママが目の前で実践することでさらに興味を示し、真似をして使えるようになっていきますよ。

赤ちゃんのやる気をサポートしてあげるようにすると、ふとした瞬間にストローで飲むことができるようになっているので、気長に接してあげましょう。

また、練習するときは濡れることを想定して、エプロンをつけたり、床にシートを敷いてあげたりして、絨毯やラグが濡れないようにすると、ママの負担も少なく済むのでおすすめですよ。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう