バイアグラとは?効果と副作用は?通販でも購入できるの?

監修医師 泌尿器科 小堀 善友
小堀 善友 2001年金沢大学医学部卒業。日本泌尿器科学会専門医・指導医。日本性機能学会専門医。日本性科学会セックスセラピスト。日本性感染症学会認定医。米国イリノイ大学にてスマートフォン精液検査を研究し、現在商品... 監修記事一覧へ

男性不妊の原因の1つ「ED(勃起不全・勃起障害)」は、日本でも広く認知されるようになりました。その治療薬であるバイアグラもよく知られた存在です。それでは、バイアグラは一体どのように使えばいいのでしょうか?また、副作用はないのでしょうか?今回はバイアグラの効果や購入方法、副作用などについてご紹介します。

バイアグラとは?

バイアグラ 薬 男

バイアグラは、ED(勃起不全・勃起障害)の治療薬です。EDは、満足な性行為を行うために十分な勃起とその維持ができない状態のことであり、男性不妊の原因になることもあります。

バイアグラは、アメリカのファイザー社で開発し、1998年に世界で初めてのED治療薬としてアメリカで発売されました。もともと狭心症の治療薬として開発されていたのですが、その研究過程で勃起補助の作用が見つかったという経緯があります。

バイアグラの効果は?

男性 疑問

バイアグラは、勃起を引き起こす薬だと思われがちですが、実はバイアグラには強制的に勃起を起こすというような効果はなく、勃起した状態を持続させる効果を持ちます。

あくまでも最初に勃起するきっかけになる性的刺激などがなければバイアグラは効果を発揮できないのです。

勃起は、脳が性的刺激を感知することで、血管拡張作用を持つ物質「cGMP(環状グアノシン一リン酸)」がペニスの中で増加し、海綿体に血液が流入して起こります。

そして、性的刺激がなくなるとcGMPを分解する酵素「PDE5(ホスホジエステラーゼ5型)」が分泌され、海綿体の血管収縮が起こり、勃起はおさまります。

バイアグラは、勃起を鎮めるPDE5の働きを抑える効果があるので、服用することで勃起した状態を保つことができるのです。

バイアグラに副作用はある?用法・用量は?

時間 砂時計 

バイアグラを服用するときは1日1回が基本で、一度飲んだら次の服用まで24時間以上空ける必要があります。バイアグラは服用してから1時間後に効果がピークに達するので、性行為を行う約1時間前に服用しましょう(※1)。

バイアグラ錠には25mgタイプと50mgタイプがあり、購入者の希望や医師の判断によって、どちらのタイプを使うか決めます。しかし、65歳以上の高齢者や肝障害のある人については、1錠25mgタイプから始めます(※2)。

また、バイアグラを服用すると、副作用が出ることがあります。主な副作用は、ほてりや紅潮などの血管拡張、頭痛、消化不良、動機などがあります。

副作用が現れたら、医師の指導のもと服用量を減らしたり、服用を中止するなどの処置を行う必要があります。

バイアグラの購入方法は?価格は?

風景 診察 医者 診察 病院

バイアグラを購入するには、EDの治療を行っている病院を受診して処方してもらいます。心臓や血管の病気、高血圧、低血圧、重症の肝臓病などがある人はバイアグラを服用すると、命に関わる重い副作用が出ることも。

また、塩酸アミオダロン製剤や硝酸剤を服用している人も、副作用の関係でバイアグラの使用を控えなければいけません。

病院を受診し、医師の許可のもとバイアグラを服用することは、安全に使ううえで大事なことです。

また、バイアグラは1錠から購入することができ、50mgタイプの1錠の価格は1,300~1,500円ほどです。近年、インターネットで医師の処方箋なしにバイアグラを購入することもできますが、自己判断でバイアグラを服用することにはリスクが伴います。

また、医療機関を通さずに購入すると、偽造品である可能性が高く、服用して健康に害を及ぼすリスクが潜んでいます。

バイアグラを安全に使うためにも、必ず病院で処方されたものを服用するようにしてください。

バイアグラのジェネリック医薬品はあるの?

医薬品 治療 

バイアグラには、ジェネリック医薬品があります。ジェネリック医薬品は、後発医薬品ともいい、有効性や安全性が実証された新薬と同じ効き目がある低価格の薬のことです。

東和薬品やキッセイ薬品工業といったさまざまな会社がバイアグラのジェネリック医薬品を販売しており、価格は50mgタイプで1,000円前後と従来のバイアグラより低い価格になっています。

ジェネリック医薬品は多くの薬品会社から販売されているので、それぞれの効果やバイアグラとの違いを医師に説明してもらったうえで、どれを使うか決めるようにしましょう。

バイアグラを服用するときの注意点は?

注意

バイアグラを服用する直前に食事をしてしまうと、薬の吸収が悪くなり、効果が弱まる可能性があります(※1)。したがって、バイアグラは食事をしたら2時間以上空けて服用するようにしましょう。

また、過度の飲酒をしてしまうと、大脳の性中枢の興奮が抑えられると考えられており、バイアグラの効果が発揮できない可能性があります(※1)。

バイアグラの服用前後はアルコールの飲みすぎには気をつけましょう。

バイアグラは自己判断で使わないで

カップル 散歩

基本的に、バイアグラは安全な薬であり、動脈硬化を防ぐ作用もあるとの報告があります。

しかし、体質に合わない人や硝酸剤や塩酸アミオダロン製剤を服用している人が使うと、命に危険を及ぼす深刻な事態に至ることがあります。

処方箋なしにインターネットで購入したバイアグラや、友人からもらったバイアグラは自己判断で飲まないようにしましょう。

バイアグラは使い方を間違えると危険な薬になることをしっかり認識し、安全に使っていきたいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう