体外受精の胚移植後の過ごし方は?生活の注意点はある?

体外受精で胚移植をしたあと、「寝て過ごした方が着床しやすいのかな」と思う女性は多いようです。できるだけ妊娠率を上げるためにどんな過ごし方をしたらいいのか、生活上の注意点はないのか気になりますよね。今回は体外受精の胚移植後の体の変化や、過ごし方、日常生活で注意すべきポイントをまとめました。

体外受精の胚移植後の流れは?

体外受精 不妊治療

体外受精では、排卵、採卵、体外での受精、胚移植と治療の流れが進んでいきます。胚移植の方法にもいくつかありますが、超音波検査で画面を見ながら、カテーテルを使って子宮に胚を移植するのが一般的です。

胚移植で子宮に戻された受精卵は、子宮内膜に触れることで透明体と呼ばれる膜が破れ、子宮内膜に「絨毛」という根を張ります。病院によっても異なりますが、胚移植後は受精卵が子宮内膜に根を張るまでの時間として、15分〜30分程度は病院内で安静に過ごすよう指示されます。

絨毛という根を張った受精卵は、その後さらに2〜3日間かけて子宮内膜に潜り込み固定されます。胚移植後は着床を助ける理由で子宮内膜を安定的に保つため、しばらくの間ホルモン剤の投与が行われることが多いようです。

体外受精の胚移植後の過ごし方で、妊娠のしやすさが変わる?

女性 悩む 疑問 不安 気になる 気がかり ベッド 

体外受精で胚移植をすると、ちょっとした動きでも「流れ出てしまうのでは…」と心配する声もあります。しかし、実はちゃんと絨毛といった根を張った状態になり、さらに、子宮の内部も出入口である子宮頚管もしっかり閉じられていて、簡単に流れ出てしまうことはありません。

アメリカで行われたある調査では、体外受精の胚移植後に女性の体にセンサーをつけて日常生活の動きを調べたところ、運動や生活での動きの激しさと妊娠率に関連性は認められないという結果が出ました(※1)。

スポーツなどでよく体を動かしていても、安静にしていても、体外受精の成功率に違いはありません。胚移植後の過ごし方で悩むよりも、リラックスして「いつも通り」を心がけるようにしましょう。

体外受精の胚移植後の過ごし方は?生活上の注意点は?

記号 ストップ ダメ 看板 標識

日常生活は着床に影響を与えませんが、何をやってもよいというわけではありません。基本的には胚移植後の過ごし方と着床・妊娠率には関係ありませんが、普段の生活で注意しておきたい点をまとめたので、ぜひ心がけてくださいね。

移植当日の入浴や水泳

体外受精の胚移植時に膣内を傷つけている可能性があります。その場合にお湯や水に浸かると感染症になる恐れがあるので、胚移植当日はシャワーにしたほうが安心です。

タンポンを使用しない

タンポンを使い続けると雑菌が繁殖しやすく感染症の恐れもあるため、膣内が傷ついている可能性を考えてタンポンの使用も控えたほうが無難です。

性行為は2〜3日後

移植後2~3日は性行為を控えましょう。また、精液に子宮を収縮させる作用があるため、すでに着床を待っている状態なら、避妊を忘れないようにしてください。

激しい運動を避ける

ウォーキングなどの適度な運動であれば問題ありませんが、体を酷使するような運動はやめましょう。登山やフルマラソンなどは控えてくださいね。

自転車での長距離移動

自転車の振動が子宮収縮を引き起こす可能性があるといわれています。実際に医学的に証明されているわけではありませんが、できるだけ長い時間自転車に乗るのも控えると安心ですね。

飲酒は控えて、タバコは禁煙

タバコを吸うことやアルコールを飲むことで、ホルモンバランスの乱れや血管が細くなる症状が現れます。血管が狭まると子宮にも十分な栄養が送れなくなってしまい、胎児の成長を妨げる恐れもあります。妊娠後のことも考えて、特にタバコについては、妊活中に禁煙することをおすすめします。

体外受精の胚移植後の過ごし方で、笑うことが妊娠の確率を上げる!?

女性 カフェ 笑う 笑顔

体外受精の胚移植後の過ごし方で、気をつけるべき注意点をご紹介しましたが、それ以上にぜひ取り組んで欲しいことがあります。それはできるだけ笑顔で笑って時間を過ごす、ということです。

2011年に発表されたイスラエルの研究で、219名の女性をグループ分けし、胚移植後にコントやマジック、手品等で笑わせた女性グループの方が妊娠率が高いということがわかりました(※2)。

症例数がまだまだ少ないので今後の研究も気になるところですが、笑いによるストレスの軽減が、少なからず妊娠率に影響したのかもしれませんね。

体外受精の胚移植後のストレス発散が重要

女性 笑顔 日差し

体外受精の胚移植後の過ごし方は、いつも通りで構いません。「ちゃんと着床できるかな」「今度は妊娠できるはず…」と気になってしまうのは当然ですが、あまり神経質になりすぎてストレスを溜め込んでしまうのは避けたいですよね。

胚移植後の過ごし方に注意するよりも、ストレスのほうが妊娠を左右する大きな要因になることも。時にはリラックスする時間をつくってストレス発散を行うことが重要です。普段の暮らしの中で何か気になることがあれば、担当の医師に確認しましょう。胚移植後は不安を抱えないようにすることが大切ですよ。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう