凍結胚移植とは?スケジュールや着床時期、妊娠率、移植後の症状は?

体外受精や顕微授精では、受精卵を培養して子宮に戻す「胚移植」が行われます。この胚移植の方法に「新鮮胚移植」と「凍結胚移植」の2つがあることをご存知ですか?名前だけを聞くと新鮮胚移植のほうが成功率が高そうですが、実際は凍結胚移植のほうが、妊娠率が高いといわれています。今回は、凍結胚移植について、スケジュールや着床時期、妊娠率、移植後の症状などをまとめました。

凍結胚移植とは?新鮮胚移植とは何が違う?

体外受精 不妊治療

体外受精や顕微授精では、女性の体から卵子を取り出して体外で精子と受精させ、その受精卵を培養して子宮内に戻します。この際、採卵した周期で培養から胚移植までを行うのが新鮮胚移植で、培養した後で一度凍結保存して時期を改め、よいタイミングで解凍(融解)してから胚移植するのが凍結胚移植です。「凍結 → 融解」して移植するので、「凍結融解胚移植」と呼ばれることもあります。

採卵するために、排卵誘発剤を使って卵巣を刺激するので、せっかく受精卵を培養できたとしても、卵巣の腫れやホルモンバランスの乱れなど、女性の体が妊娠しにくい状態になっていることがあります。採卵してそのまま新鮮胚移植を行うよりも、凍結胚移植で胚を一時的に凍結して体を妊娠しやすい状態に整えてから移植したほうが妊娠率が高くなるというわけです。

凍結胚移植の方法は?影響はないの?

クエスチョン 矢印 方向 疑問 はてな

「受精卵を冷凍しても大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、安全性が確保された技術なので安心してください。従来はゆっくり温度を下げて凍らせる緩慢凍結法が行われていましたが、現在では超急速ガラス化保存法と呼ばれる新技術で高速冷凍することで胚の細胞が傷ついてしまう可能性も少なくなりました。凍った胚を解凍するときも、超急速加温法を用いることで移植日当日に細胞を傷つけることなくすぐに健康な胚を使えるようになっています。

どちらも胚がダメージを受ける可能性はゼロではなく、技術が必要になりますが、不妊治療の方法は進歩しています。

凍結胚移植のスケジュールは?

女性 カレンダー 赤ペン チェック

凍結胚移植は、最初に採卵を行い、次の周期かそれ以降の周期で体の状態を見ながら移植日を決めます。排卵日にあわせて移植するため、生理周期が規則正しい人であれば、自然な排卵のタイミングにあわせて移植する「自然周期移植」を選ぶことも可能です。

ただ、生理周期が不規則、無排卵、移植日を事前に決めたいという人であれば、ホルモン剤を使って人工的に排卵日を特定する「ホルモン調整周期移植」を行います。

自然周期でもホルモン調整周期でも、排卵予定日の1~4日前には超音波検査や血液検査で子宮内膜の状態をチェックして、妊娠できる環境が整っているかを判断した上で移植を行います。

凍結胚移植の着床時期は?妊娠率や移植後の症状は?

移植する胚のグレードにもよりますが、移植して約3~5日後には着床が始まります。移植後約2週間程度で、妊娠しているかどうかを確認できるようになります。凍結胚移植の妊娠率は約35%といわれ、新鮮胚移植の着床率より約15%高いそうです(※1)。

移植後に妊娠していれば、微熱やだるさ、眠気、下腹部の痛み、おりものの量や色の変化などがあります。ただし、こうした症状は妊娠したら絶対に現れるわけではなく、個人差もあるものなので、あくまで参考程度に考えてくださいね。

コストは高くても妊娠率の高い凍結胚移植を検討しよう

不妊治療 医師 相談 カップル 受診 夫婦

凍結胚移植は妊娠率が高くなるので、早期に体外受精を成功させたい人におすすめの方法です。デメリットとしては、新鮮胚移植に比べて治療期間が長くなり、薬代などの費用がかさむこと。しかし、早期に妊娠を望むのであれば、コスト面を考慮しても凍結胚移植にチャレンジする価値はあるといえます。体外受精に取り組んでいる人も、これから取り組む人も凍結胚移植を視野に入れて治療法を検討してください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう