鯉のぼりはいつからいつまで?飾る時期に決まりはあるの?

5月の節句が近づくと、男の子がいる家庭では鯉のぼりを飾りますよね。見慣れた鯉のぼりですが、なぜ飾るのか、いつからいつまで飾ればいいのか、疑問に感じているママも多いのではないでしょうか。鯉のぼりは、男の子の健やかな成長をお祝いする端午の節句にちなんだ飾りなので、意味や由来をしっかり理解して、子供にも伝えてあげましょう。今回は、鯉のぼりの飾る時期や意味をご紹介します。

そもそも鯉のぼりとは?どんな意味がある?

鯉のぼり こいのぼり 空 こどもの日 端午の節句

「屋根より高い鯉のぼり~」の歌でおなじみの、鯉のぼり。男の子の健やかな成長を祝う端午の節句には欠かせない飾りです。

もともと、鯉のぼりは、武家社会の風習を起源とします。室町時代から、武家社会では男児の出生を祝って端午の節句に家紋を入れた旗や幟(のぼり)を飾る習慣がありました。

江戸時代になると、この風習が庶民の間にも広がりました。当時、大きな経済力をもちながらも社会的な身分が低かった商人が武士に対抗し、「鯉が滝を登って竜になる」という立身出世を意味する中国の故事にあやかって、幟に鯉を描いたのです。これが、鯉のぼりの由来だといわれています。

現在でも、端午の節句に鯉のぼりを飾るのには、「生まれた男の子が立派に成長してくれるように」という意味があります。

鯉のぼりの色や順番に意味はあるの?

鯉のぼり こいのぼり イラスト

鯉のぼりは、もともと黒い鯉だけが飾られていて、子供の立身出世を願うものでした。その後、縁起が良い「3」の数字にちなんで、黒、赤、青の順番で3匹の鯉が飾られるようになりました。

現在では、鯉の数が増えて、黒鯉(=父親)、赤鯉(=母親)、青鯉・緑鯉(=子供)というように家族を表してます。

吹き流しの意味とは?

鯉のぼりには、鯉だけだけでなく、一番上にカラフルでヒラヒラした装飾がありますよね。これは「吹き流し」と呼ばれ、魔除けを意味しています。

吹き流しは、もともと戦国時代に戦場で魔除けとして幟につけられていたものでした。それが、誕生した子供を災厄から守る意味を込めて鯉のぼりと一緒に飾られるようになったのです。現在では、鯉の数が増えたことで、家族全員の魔除けを意味するようになりました。

吹き流しの5色は、中国の五行説で5つの色を揃えると魔除けの効力を発揮すると考えられており、日本でも一般化したようです。

鯉のぼりはいつから飾る?

カレンダー

鯉のぼりは、春のお彼岸(春分の日)が過ぎれば飾ってもいいといわれています。概ね3月下旬から4月上旬頃に飾りつけるのが一般的なようです。

「大安の日に飾ると縁起が良い」という説もありますが、こだわりすぎる必要はないでしょう。この季節は天気や気温が変わりやすいので、天候が良くて、パパが休みの日などを選んで飾るといいかもしれません。

物心がついた子供であれば、鯉のぼりの意味を説明してあげつつ飾ってあげられるといいですね。

鯉のぼりはいつまで飾るの?

端午の節句 こどもの日 鯉のぼり

鯉のぼりを片付ける時期は、端午の節句が終わり、5月の中旬頃までが目安。もちろん、5月5日が終わった直後に片付けても大丈夫です。

また、旧暦の端午の節句は約1ヶ月遅れになるため、6月上旬まで鯉のぼりを飾っている家庭もあります。地域によっては、ほとんどの家庭で旧暦の5月5日まで飾るというケースもあるようです。

片付けは天気が良くて乾燥した日を選び、汚れを落として十分に乾かすようにしてくださいね。

次男や三男の鯉のぼりはどうしたらいいの?

男の子 兄弟 おもちゃ 知育 部屋 室内 遊び パズル つみき

鯉のぼりは、子供ひとりひとりの身を守るものなので、兄弟がいる場合は、それぞれに飾りを用意するものとされています。これは鎧兜や武者人形についても同じです。

しかし、兄弟それぞれに全ての飾りを用意するのは大変だし、飾る場所もなかなか確保できませんよね。

そういう場合は慣習にこだわりすぎず、長男は鎧の飾り、次男は鯉のぼりといったように、それぞれの子供に違った飾りを用意してあげてはどうでしょうか。

おじいちゃんおばあちゃんから節句のお祝いとして鯉のぼりを複数もらう可能性があるときは、事前にリクエストしておけるといいですね。

こいのぼりで子供の成長をお祝いしよう

男の子 親子 子供 ママ お母さん 元気 健康

5月の青空にのびのびと泳ぐ鯉のぼりの姿を見ると、季節を感じるものですよね。男の子にとっては、鯉のぼりを飾ることは一大イベントなので、家族みんなで端午の節句の準備やお祝いをすると、楽しい思い出になりますよ。

5月5日には、菖蒲湯に入ったり、柏餅やちまきを食べたりして、子供の健やかな成長をお祝いしましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう