モンテッソーリ教育とは?特徴や方針、教具・教材は?

「モンテッソーリ教育」という教育法をご存知ですか?イタリア発の幼児教育法で、世界中で支持され、多くの著名人を輩出しています。名前は聞いたことがあっても、内容については詳しく知らないい人もいるのではないでしょうか。今回は、モンテッソーリ教育について、どんな教育法なのか、幼稚園で実施されているのか、子供への影響をご紹介します。

モンテッソーリ教育とは?

グッズ 勉強 本 資料 

モンテッソーリ教育とは、イタリア初の女性医師であるマリア・モンテッソーリが考案した教育法です。

マリア・モンテッソーリは、1907年にローマのサン・ロレンツォ街に「子どもの家」を設立し、もともとは発達障害児向けに行った療育を元に、貧困層の子供たちを対象とした幼児教育を実践し、この教育法を確立します。その後、この教育方法は支持を集めて国際的に広まっていきました。

「子供がもつ自らを成長・発達させる力を尊重し、子供たちの自由で自発的な活動を援助する」のがモンテッソーリ教育の目的です(※1)。そのために、「日常生活の練習」「感覚教育」「言語教育」「算数教育」「文化教育」という5つの側面で、子供たちが学び合い、支え合えるような教育を実践しています。

モンテッソーリ教育の特徴は?

子供 集団 勉強 年齢別

マリア・モンテッソーリは、子供の発育段階で興味の対象が異なる点に着目し、子供の能力獲得にはそれぞれ最適な時期があると結論づけました。この最適な時期を「敏感期」と名付け、子供の成長段階にあわせて「言語の敏感期」「感覚の敏感期」「秩序の敏感期」「運動の敏感期」「数の敏感期」などがあるとしています(※2)。

敏感期は乳幼児期のみに現れ、子供によって異なるので、一人一人と個別に向き合いながら、その自主性を尊重して教育を実践します。

また、様々な年齢の子どもで1つのクラスを編成するのも特徴的です。年下の子供が年上の子供の活動を見て学び、年上の子供が年下の子供の世話をすることで自らも成長することを促します。

「整えられた環境」とは?

モンテッソーリ教育では、子供が自発的に活動できるように、「整えられた環境」を準備することを大切に考えます。

整えられた環境とは、「自分で自由に教具を選べる環境」「使ってみたいと思わせる教具」「社会性や協調性を育める異年齢のクラス」「発達段階にあわせた援助ができる教師」の4つを満たすものとしています。

モンテッソーリ教育で使用する教材や教具は?

親子 男の子 父親 同じポーズ 真似

モンテッソーリ教育で使用する教材や教具は、何を育てるかによって異なります。前述の5つの側面それぞれで具体的にご紹介します。

日常生活の練習

日常生活における大人の行動を真似したがる時期を「運動の敏感期」ととらえます。体を盛んに動かして環境に働きかけるこの時期に自分のことを自分でできるように、秩序だった動き方や身のこなし方を教えます。

教具は、日常生活の道具を子供が使いやすいサイズにして、子供向けのプラスチックなどではなく、陶器やガラスなど本物の素材で用意します。

感覚教育

2~6歳の子供は「感覚の敏感期」に位置づけられます。この時期は視覚、聴覚、触覚、臭覚、味覚の五感が成長する時期ととらえ、それぞれの感覚器官を刺激します。教具としては、聴覚を刺激する音感ベルや触覚を刺激する触覚版を用意します。

言語教育

言語は「名詞」「形容詞」「動詞・助詞」の順に発達すると考え、これらを系統だって学ぶことで「言語」を完成させていきます。幼児期の言語が発達する時期に、絵が描かれたカードや50音の文字が書かれたカード使って、発育段階に即して語彙を増やします。

算数教育

算数棒やビーズなどの実物を使って、数を体感させることから始めます。「数量」と、それを言い表す「数詞」、文字で表現するための「数字」の三者の関係をきちんと把握できるようになることを目指します。十進法から足し算・引き算・かけ算・わり算を順序立てて教えます。

文化教育

動植物や地理、歴史、音楽、美術といった文化的なものに対しての教育を行います。惑星の模型や世界地図などで知的好奇心を刺激し、多岐にわたった能力を育むことを目指します。

モンテッソーリ教育を受けた子供のその後は?

勉強 子供 自発的 学習 研究

モンテッソーリ教育を受けた子供がどのように成長していくかは、個人差がありますが、一般的には下記のような特徴がみられると考えられています。

・順序立てて物事を考えられる
・自分で決めたことは最後までやり遂げる
・人の長所を見つけるのがうまい

実際にモンテッソーリ教育を受けた著名人には、ECサイトの「Amazon」創設者であるジェフ・ベゾスや、検索サイト「Google」の共同創設者のセルゲイ・ブリンとラリー・ペイジなど、世界的に活躍する人が多数います。どの人にも、まさに自分の頭で考えながら、その考えを実現する姿勢を体現しているといえますね。

子供の個性や成長にあわせてモンテッソーリ教育を取り入れよう

寝室 親子 笑顔 ママ 娘

モンテッソーリ教育は、「子どもの自主性」を尊重します。日本の学校教育ではおろそかにされがちなので、子供の教育を考える過程で興味を持つ人も多くいます。

ただし、子供の個性はそれぞれなので、モンテッソーリ教育があわないこともあるかもしれません。一つの教育法を子供に押し付けるのではなく、よりあったものを見つけるために様々な教育法を試し、その中で子供にあうものが見つかるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう