インフルエンザで吐き気!嘔吐した場合はどう処理する?

インフルエンザは、高い発熱や頭痛が特徴的な症状としてあらわれる病気です。しかし他にも、さまざまな症状が見られることも多くあります。今回は、インフルエンザで吐き気や嘔吐が起こることがあるのか、もし嘔吐した場合はどう処理すべきかについてご紹介します。

インフルエンザってどんな病気?

記号 ハテナ ?

インフルエンザは、インフルエンザウイルスの感染によって起こり、毎年流行を繰り返しています。

インフルエンザウイルスには、大きく分けてA型、B型、C型があります。A型はさまざまな動物にも感染して変異するため、さらにいくつもの種類に分類できます(※1)。C型は、人間にはあまり感染することはありません。

A型とB型の感染によるインフルエンザは、突然発症し、高熱や頭痛、全身のだるさ、筋肉痛などが起こります。そのほか、普通の風邪のような鼻水や咳、喉の痛みなどがあらわれることも多くあります。

またインフルエンザは、伝染性が高く、家族や学校の友人などに感染させてしまう可能性が高いという特徴があります。そのため、学校などで流行が始まるとあっという間に感染が広がり、学級閉鎖になるというケースも多く見られます。

インフルエンザは吐き気や嘔吐が見られる?

子供 気持ち悪い 風邪 熱 吐き気 嘔吐

インフルエンザの症状は呼吸器に関するものが多いものの、吐き気や嘔吐の症状が見られることもあります。吐き気や嘔吐が起こるのは、発熱とほぼ同時のこともあれば、解熱後のこともあります(※2)。

また、発熱と嘔吐がともに見られ、同じく冬に流行しやすい病気として、「ロタウイルス感染症」や「ノロウイルス感染症」もあります。

どの病気なのかを自分で判断するのは難しいので、インフルエンザの流行期に熱と嘔吐がみられたら早めに病院を受診し、検査を受けることをおすすめします。

インフルエンザの吐き気や嘔吐はインフルエンザ脳症の可能性も?

注意

インフルエンザは、多くの場合48~72時間で自然に良くなっていきますが、合併症を起こし、症状が長引くことがあります(※2)。嘔吐が繰り返し起こるときは、合併症のひとつである「インフルエンザ脳症」の可能性があります。

インフルエンザ脳症は、発症すると重度の後遺症が残ることがあります。以下のような症状がある場合は、インフルエンザ脳症の疑いがあります(※2)。

● 嘔吐を繰り返し、眠ってばかりいる
● 幻覚や幻聴がある
● 突然意味不明のことをしゃべる
● 呼びかけに応じない
● けいれんがある
● 立てない、手に力が入らない

インフルエンザは高熱が出るため、熱でうなされて上記のような行動を起こす可能性もあります。自己判断が難しいので、嘔吐とあわせて上記のような症状があれば、できるだけ早く病院を受診した方がいいでしょう。

インフルエンザの吐き気や嘔吐は薬の副作用のこともある?

子供 薬 飲む 医師

インフルエンザは基本的に自然治癒するものですが、治療薬もあります。症状があらわれてから48時間以内に治療薬を使用することで、発熱期間を1~2日短縮することができます(※3)。

しかし治療薬の副作用として、吐き気や嘔吐があらわれることもあります。それぞれの治療薬で、副作用として吐き気や嘔吐があらわれる確率は、以下の通りです。

● タミフル:吐き気/0.28%、嘔吐/0.12%(※4)
● リレンザ:吐き気・嘔吐/0.1~1%(※5)
● イナビル:吐き気・嘔吐/0.1%以上(※6)
● ラピアクタ:吐き気・嘔吐/1%以上(※7)

いずれも可能性が高いわけではありませんが、副作用として起こるかもしれないということは知っておくといいでしょう。

なお、インフルエンザの予防接種を受けた際の副作用としても、嘔吐の症状があらわれることがあります(※8)。

インフルエンザで吐き気がして嘔吐した場合の処理方法は?

発見 電球

インフルエンザで吐き気がして、嘔吐してしまった場合、嘔吐したものにインフルエンザウイルスが含まれている可能性があります。処理をする際は、インフルエンザウイルスが周りに広がらないように気をつけましょう。

吐しゃ物に直接触れないようにして、ビニール袋などで密閉し、速やかに捨ててください。

インフルエンザで吐き気や嘔吐のときはどう対処すればいい?

赤ちゃん 熱 涙 泣く

前述したインフルエンザ治療薬は、基本的には吐き気や嘔吐に対しての効果は見込めません。また嘔吐するということは、体がウイルスを排出しようとしている証拠でもあるので、無理に止める必要はありません。

どうしても症状がつらく、吐き気止めなどを使用したいときは、必ず医師や薬剤師に使用していいかどうかを判断してもらいましょう。

また、嘔吐により脱水気味になってしまうことがあるので、できる限り水分を補給するようにしましょう。

インフルエンザで吐き気や嘔吐があったら他の症状にも気をつけて

親子 子供 看病 ママ 病気

インフルエンザで吐き気や嘔吐が起こった場合は、あまり心配する必要がない場合と、意識がなくなりけいれんを起こすなどインフルエンザ脳症の可能性が疑われる場合があります。吐き気や嘔吐があらわれたら、他にどんな症状があるかを確認しましょう。

また、吐き気や嘔吐は、インフルエンザにかかったからといって、必ず起こるわけではありません。発熱と嘔吐がともに起こる場合は、インフルエンザ以外の病気の可能性もあります。自己判断せず、不安であれば病院を受診するようにしてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう