タクシーにもチャイルドシートは必要?新生児と乗るときは?

赤ちゃんや子供と一緒に車に乗るときに、6歳未満であればチャイルドシートを設置する義務があります。しかし、タクシーはどうなのでしょうか。車や運転免許を持っていないママにとって、タクシーは便利なもの。とはいえ、安全に乗せてあげたいですよね。そこで今回は、タクシーにもチャイルドシートが必要なのかや、新生児とタクシーに乗るときの方法、注意点を含めてご説明します。

タクシーにチャイルドシートは必要?

チャイルドシート 子供 男の子

タクシーやバスには、チャイルドシートを設置する必要はありません。

正確には、設置義務がないため、赤ちゃんや子供がチャイルドシートなしでタクシーやバスに乗っても、運転者は違反にはなりません。

道路交通法施行令の「座席ベルト及び幼児用補助装置に係る義務の免除」の項目に、「道路運送法第三条第一号 に掲げる一般旅客自動車運送事業の用に供される自動車の運転者が当該事業に係る旅客である幼児を乗車させるとき」は、チャイルドシートの着用義務が免除されると定められています(※1)。

ただし、レンタカーやカーシェアリングの場合は、チャイルドシート着用免除の対象にはなりません。

タクシーのチャイルドシートが免除される理由は?

タクシー

タクシーやバスがチャイルドシートの設置義務を免除されているのは、どんな人が、どんな状況で乗車するかが予想できないためです。

たとえあらかじめ想定できたとしても、全ての人にあう補助装置などを準備しきることはできません。

これに対して、レンタカーやカーシェアリングは、個人で使用するものです。運転者があらかじめ、赤ちゃんや子供が乗ることが分かっているため、チャイルドシートの設置は免除されません。

タクシーにチャイルドシートなしで新生児と乗る方法は?子供の場合は?

新生児 抱っこ ママ

新生児や赤ちゃんと、チャイルドシートがないタクシーに乗るときは、大人だけシートベルトを着け、その上から赤ちゃんを抱っこするのが安全な乗り方です。

緊急時に車が急停車をすると、シートベルトはロックされて、体を締めつけます。赤ちゃんを抱っこした上からシートベルトをつけていると、抱っこしている大人とベルトの間に赤ちゃんが挟まれてしまい、非常に危険な状態になります。

1人で座れる子供であったとしても、まだ自分でうまくバランスがとれない年齢だったり、シートベルトが胸ではなく首にかかったりするようであれば、危険なので、シートベルトをした大人の膝の上に乗せて抱っこしてあげましょう。

自分でバランスをとることができ、シートベルトが首を絞めない位置にあれば、1人で座席に座らせて、シートベルトをつけてあげてください。

タクシーに新生児や子供用のチャイルドシートをつけることはできる?

エクスクラメーション びっくり

タクシーにチャイルドシートの設置義務はありませんが、チャイルドシートをつけられないわけではありません。最近はチャイルドシートをつけることができるタクシーも増えてきています。

配車センターなどにチャイルドシートを準備しているところもあるので、タクシーの配車予約をする際は、チャイルドシートの有無を確認してみると良いですね。

自分が持っているチャイルドシートを設置できるタクシーもあるので、予約時に相談してみましょう。

特に、赤ちゃんや子供と長時間タクシーに乗るときは、ママやパパがずっと抱っこしているのも大変です。チャイルドシートを準備してくれるタクシー会社を事前に探しておくことをおすすめします。

タクシーのチャイルドシートは予約時に確認

女性 スマホ ネット 注文 

今までタクシーをあまり利用していなかった人でも、子供が生まれると、何かとタクシーを利用することが増えてきます。

出産後の退院や産後の1ヶ月健診をはじめ、荷物が多いお出かけや旅行の際の移動など、利用シーンは様々です。

どんなシーンであっても、赤ちゃんの安全は守りたいもの。タクシーはチャイルドシートの着用が免除されていますが、自分で身を守れない乳幼児を乗せるときは、できればチャイルドシートを設置してくれるタクシーを選びたいですね。

チャイルドシートが設置されていないタクシーを利用するときは、先にも説明したような正しい乗り方をしたうえで、運転手さんにできるだけゆったりとした走行を心がけてもらうなど、乳幼児が安全に乗れるような工夫をしてあげましょう。

※参考文献を表示する

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう