産後ドゥーラとは?料金や利用方法は?メリット・デメリットは?

昨今、日本では核家族化が進み、気軽に家族や親戚のサポートを受けられない家庭が増えつつあります。育児が孤立化し、産後の女性が不安を抱えることが多くなった社会に対して、少子化対策、産後うつ防止、児童虐待防止を目的とした「産後ドゥーラ」というサービスが生まれました。今回はそんな「産後ドゥーラ」について、利用方法や内容、料金をはじめ、利用するメリット・デメリットを含めてご紹介します。

産後ドゥーラってなに?

産後 ママ 新生児

産後ドゥーラとは、専門の資格を持った「ドゥーラ」と呼ばれる女性が、各家庭に訪問して、妊娠中や産後のママの家事や育児をサポートしてくれる支援サービスのことです。

主に、ママの体や精神状態に不調がでやすい、産後6~8週間の産褥期を中心に、赤ちゃんのお世話に集中できる環境や体を休ませる環境作りをしてくれます。

また、妊娠中もサポートしてくれるケースもあります。たとえば、切迫早産で安静にしている期間の家事や、家族の食事の作り置き、上の子の保育園・幼稚園・習いごとの送迎をしてくれることも。

アメリカでは、助産師という職業が衰退した時期に、この産後ドゥーラがひとつの職業として確立され、現在では諸外国でその活動が広がりつつあります。

産後ドゥーラってどんなことをしてくれるの?

女性 料理 調理 家事

「ドゥーラ」の語源はギリシャ語で、「女性を支援する」「経験豊かな女性」という意味が含まれています。

日本の「産後ドゥーラ」は、産褥期の家事や育児、上の子のお世話、不安を緩和するための話し相手やマッサージなど、心身共にサポートしてくれるのが特長です。

主に、以下のような内容が含まれています。

産後ドゥーラ内容例

・授乳のサポート(姿勢やコツなど)
・母乳マッサージ、ケア、相談
・赤ちゃんの抱っこの仕方のアドバイス
・赤ちゃんを寝かせる方法のアドバイス
・沐浴指導、サポート
・体がつらいときのケア(マッサージなど)
・家族分の食事作り
・洗濯、掃除などの家事
・健診や里帰りから戻るときの付き添い
・上の子のお弁当作り
・上の子の保育園、幼稚園、習い事の送迎
・育児や仕事復帰に対する不安の相談

産後ドゥーラの利用方法や料金は?

携帯 スマートフォン

産後ドゥーラは、一般社団法人ドゥーラ協会の講座を受け、試験・面談・開業指導後に認定された女性に限り、個人開業や医療機関と提携して活動することができます。

利用したい場合は、協会に登録された個人のドゥーラにお願いすることになるため、その料金や内容はドゥーラによって様々です。

平均利用料金は、ベビーシッターが1時間で1,500~2,000円、産前産後ケアが1時間で2,000~3,000円程。ほかにも、上の子の家庭教師や習い事のような内容を行う場合は、別途料金が必要です。

以下に、利用するまでの流れをご紹介します(※1)。

利用までの流れ

1. 登録ページからドゥーラを探す

顔写真、料金、サポート内容、出張範囲のほか、保育可能年齢(月齢)、受入可能人数、子育て経験の有無、シッター経験歴、サポート回数、最低サポート時間目安などを参考に、希望に合うドゥーラを見つける

2. 選んだドゥーラにお問合せ

専用フォームに、サポートしてもらいたい内容や利用日、サポートについて相談したいことがあれば入力して、一度コンタクトをとる

3. ドゥーラから連絡がくる

「2」の内容に対して、ドゥーラから返答がくるのを待つ

4. 初回訪問

直接顔合わせをして、産後プランニングやサポート内容を一緒に考える(初回訪問後に利用を検討するのも可能)

5. サポート開始

産後や妊娠中など、希望した日にドゥーラが自宅に訪問してサポートを開始

産後ドゥーラを利用するメリット・デメリットは?

天秤 メジャー 重量 重さ 

産後ドゥーラを利用するときは、メリットがある反面、デメリットを知っておくことも大切です。

ここでは、産後ドゥーラを利用するメリット・デメリットの一例をご紹介します。

メリット

・ 家族の状況に会わせて柔軟にサポートしてくれる
・ 週の利用日数に決まりはなく単発利用もできる
・ 特定の曜日だけの利用も可能
・ 頼れる人が身近にいることで精神的な負担が少なくなる
・ 体を休ませることに集中でき、心身の回復が早くなる
・ 産後のつらい時期も家を整えられる
・ 上の子の相手をする時間もできて子供への負担が少ない
・ サポート内容が幅広い
・ 病児でもサポートしてくれるケースもある

デメリット

・ 認知度が低く、身近に産後ドゥーラの体験者が少ない
・ 初回訪問で会えても必ず理想通りの相手とは限らない
・ 病児を受け付けていない場合、当日キャンセルしなければならない
・ まだ産後ドゥーラの数が少なく、近隣で活動している人がいないケースもある
・ 長時間利用する場合、費用が高額になる
・ 上の子が人見知りする場合、慣れるまで時間が必要になる

産後ドゥーラは、利用する前から探しておこう

妊婦 お腹 大きい 妊娠後期 胎動

産後ドゥーラは、サポート内容が幅広く、産前産後で負担の多いときにとても助かるサービスです。緊急時や異常時には、病院や行政など専門家ともつないでくれる、頼りになる存在でもありますよ。

産後ドゥーラを利用するときは、時間があるときに、事前に産後プランニングをしておくのがおすすめです。産後に利用を考えていれば、妊娠中から探しておきましょう。

妊娠中はもちろん、特に産褥期は、思っている以上に心身に負担がかかっている状態です。家族や親戚に頼る人がいない場合は、是非産後ドゥーラのようなサービスも検討してみてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう