3歳児がご飯を食べない!原因は?どうしたら食べるようになる?

3歳になると、大人とほぼ同じものが食べられるようになり、食事の準備が少しずつ楽になりますよね。一方で、好き嫌いが激しくなったり、お菓子ばかり食べたがったりして、「ご飯を食べてくれない」と悩んでいるママも多いのではないでしょうか。今回は、3歳の子供がご飯を食べない理由、食べないときの対処法やおすすめメニューをご紹介します。

3歳児の1日の栄養摂取量は?

体重計 幼児 子供 足

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」によると、3~5歳児の推定エネルギー必要量は、男の子が1300kcal/日、女の子が1250kcal/日です(※1)。

また、3歳児の身長と体重の目安は下記の通りです。

3歳児の身長・体重の目安(※2)

□ 男の子:身長88.8~105.8cm/体重11.72~18.82kg
□ 女の子:身長87.7~104.5cm/体重11.04~18.27kg

生まれたときの身長・体重にもよりますが、上記の目安より大幅に下回っているときや上回っているときは、1日のエネルギー量が多すぎる、または少なすぎる可能性があります。一度、1日の食事の量や内容を見直してみましょう。

3歳児がご飯を食べない理由は?

子供 好き嫌い 食べない 偏食 

3歳頃の子供がご飯を食べないときは、主に下記の理由が考えられます。

3歳児がご飯を食べない主な理由

● 間食が影響してお腹がいっぱい
● 便秘気味
● 食事をする気分にならない、まだ遊びたい
● ママが「早く食べなさい」と急かされて反抗したい(反抗期)
● 食事の硬さが合わない
● 味覚が発達して好き嫌いがでてきた(食べ飽きてきた)

ただし、1日に1回ではなく、1日中や数日間ずっと食べなかったり、顔色が悪く飲み込むのが苦しそうだったりするときは、小児科を受診しましょう。病気や風邪などが原因の場合もあるので、食べないからといって一方的にイライラせず、しっかり様子をみてあげてくださいね。

3歳児がご飯を食べないときの対策やおすすめメニューは?

子供 ママ 女の子 料理 笑顔 食事

3歳の子供がご飯を食べないときは、食事メニューや食べさせ方、生活リズムなどを工夫してみましょう。

間食の時間を決める

まずは、間食の時間を見直しましょう。食事の2時間前には間食が終わっているようにすることがポイントです。雨で外遊びができなかった日などは、おやつの量を減らしてもいいですね。

間食の時間を決めずにダラダラ食べていると、空腹感が鈍ってしまったり、虫歯のもとになったりするので、間食の時間はある程度決めておきましょう。

盛りつけ方を変える

いつも同じような盛り方だと、見飽きてしまうことがあります。カフェご飯のように、1つのプレートに食事を少しずつ盛るだけでも、食事への意欲を促すことができますよ。

食べやすいサイズに一口分に切り、細かく盛りつけるのがポイント。ケチャップでキャラクターを描く、野菜を型抜きする、お皿を変えてみるなど、見た目も楽しめる工夫ができるといいですね。

お弁当箱につめるのもおすすめです。

お腹の空き具合を見極める

ごはんやおかずを一度にたくさん盛りつけてしまうと、子供は多すぎて食べ切れないと感じて、食欲がなくなることもあります。完食やおかわりする喜びを感じてもらえるように、まずは適量より少なめに盛ってみましょう。

運動量や間食の有無などによってお腹の空き具合は違うので、いつも同じ量を食べられるわけではありません。外遊びをした後のご飯は多め、間食をした後のご飯は少なめと、お腹の空き具合を見極めるようにしてみましょう。

子供と一緒にご飯を作る

ご飯を作る喜びを子供に体験させるのも、食事への興味を促す方法の一つ。お手伝いができるようになる2歳半~3歳頃になったら、ご飯の準備を手伝ってもらいましょう。一緒に買いものにいったり、野菜を洗ってもらったり、簡単なことから始めてみてください。

いつもより時間はかかりますが、食育としても大切な経験をすることができ、いつもよりご飯をおいしいと感じてくれるはずです。お気に入りのエプロンを用意したら、張り切ってお手伝いしてくれるかもしれませんよ。

おやつを「間食ご飯」のメニューにする

ご飯をなかなか食べず食事の量が少なくなってしまうと、1日のエネルギー量や栄養が足りなくなります。おやつの時間にはお菓子ではなく、プチおにぎり、プチサンドイッチ、ミニうどん、ミニカレーなどを食べさせて栄養補給するのもいいでしょう。

3歳児がご飯を食べなくてイライラしてしまったら?

疑問 女性 クエスチョン 謎 はてな

離乳食期が終わって間もない1歳やイヤイヤ期の2歳の頃には、ご飯を食べなくても仕方がないと思っていても、3歳になっても食べないとイライラしたり心配になったりすることもありますよね。

しかし、子供も大人と同じように、食事をしたくない気分のときもあります。そんなときに、「どうして食べないの?」と怒ったり、悲しい顔をしたりしてしまうと、余計に食べたくなくなるかもしれません。「毎日元気に過ごしているからよし」と、おおらかな気持ちで受け止めてあげましょう。

子供の偏食や小食の度が過ぎると感じたときは、小児科の医師や栄養士に相談するようにしましょう。何かしらの問題があって十分な量を食べられない可能性もあるので、専門家の意見を聞いてみてくださいね。

3歳児がご飯を食べないときは柔軟に対応しましょう

二歳 2歳 子供 ママ 笑顔 親子

子供がご飯を食べないとママは心配になるものですが、成長するにつれて自然と食べるようになっていきます。食材の大きさや硬さを工夫してみたり、子供が食べたい気分になるまで待ってあげたり、柔軟に対応してあげましょう。

食べなかったからといって、「にんじんは嫌いだよね?」と「ピーマンは食べないんでしょ?」と、決めつけるのはやめましょう。幼児期は初めての食材の味や食感に慣れるのに時間がかかるもの。しばらくしてから、調理法や盛り付けを変えて出してみるのもいいですね。

食べられなかったものが食べられるようになったり、完食できたりしたときは、思い切り褒めてあげて、子供に食べる楽しみや喜びを体験させてあげられるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう