ホクナリンテープの効果や副作用は?赤ちゃんの咳にも効くの?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんや幼児が小児喘息や急性気管支炎と病院で診断されると、「ホクナリンテープ」という小さな四角いテープの薬を処方されることがあります。「テープを肌に貼るだけで、なぜ咳や痰がやわらぐの?」「小さい子供に使っても大丈夫なの?」と、疑問に思うママやパパもいるかもしれませんね。今回は、ホクナリンテープの効果や副作用についてご説明します。

子供の咳はなぜ出るの?

赤ちゃん 風邪 咳

人間には、体内に入った異物を排除しようとする機能があります。咳は、口から肺につながる「気道」にウイルスやホコリが侵入したときに、脳の咳中枢が反射的に発生させる、自然な防御反応です。

子供の場合、風邪や空気の乾燥、気温の変化、ほこりの刺激、ミルクや食べ物の誤飲など、様々な原因によって、咳が出ます。咳は自然に出るものなので、むやみに薬を使わず、状況をよく見て対処する必要があります。

しかし、特に赤ちゃんや幼児は自力で痰を切ったり咳を止めたりすることが難しいため、咳が長引くほど体力を消耗してしまいます。激しい咳が続く、口から何も飲んだり食べたりできない、といった場合には、病院を受診して治療を受けましょう。

ホクナリンテープってなに?

疑問 アイデア はてな ? 思いつき 考え

ホクナリンテープは、咳止め薬ではなく、皮膚に貼ることで気管支を広げ、息苦しさを改善する薬です。飲み薬や吸入薬が苦手な赤ちゃんや子供でも、簡単に使うことができるというメリットがあります。

テープ1枚に含まれる有効成分の量が0.5mg、1mg、2mgの3種類あり、年齢や体重によって使う種類が異なります。生後6ヶ月以上の子供に対する効果と安全性が確認されています(※1)。

ホクナリンテープの効果は?

咳

気管支がウイルス感染などで炎症を起こすと、内側の粘膜が腫れ、空気の通り道が狭くなってしまっいます。

ホクナリンテープを肌に貼ると、「ツロブテロール」という有効成分が皮膚からゆっくり吸収されます。ツロブテロールが皮膚の下にある血管を通り、血液の流れに乗って気管支まで運ばれることで、気管支が広がります(※2)。

ホクナリンテープは、「長時間作用性β2刺激薬」の一つで、1日1回貼ることで有効成分の放出が24時間続きます。気管支や血管の平滑筋にある「β2受容体」を刺激することで、収縮した平滑筋の緊張をゆるめ、空気を取りこみやすくする効果があります(※3)。

ホクナリンテープはどんなときに処方されるの?

子供 病気 風邪 病院 小児科 溶連菌 喉

ホクナリンテープは、以下の病気によって気管支が狭くなっている患者に対して、咳や痰、息苦しさなどの症状を緩和するために処方されます。

小児喘息(気管支喘息)

小児喘息は、気管支が慢性的な炎症を起こし、息をすると「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という喘鳴が起こるのが特徴です。重い発作が起きると、横になるのが苦しいほどになります。

ホクナリンテープの有効成分は、少しずつ体に吸収され、皮膚に貼ってから8~12時間後に血液中の濃度が最も高くなります。そのため、夕方や夜寝る前にホクナリンテープを貼ることで、喘息発作が起こりやすい夜間から朝方にかけて効果を発揮します(※4)。

気管支拡張薬のホクナリンテープとあわせて、気道の炎症を抑える吸入ステロイド薬などを使うこともあります。

急性気管支炎

急性気管支炎は、気管支が細菌やウイルスに感染して、炎症を起こす病気です。咳が出たり息苦しさを感じたりするほか、発熱、喉の痛み、痰、鼻水などの症状も見られます。

ホクナリンテープで気管を広げて呼吸を楽にし、痰を出しやすくします。そのほかの症状に合わせて、解熱薬なども処方されることがあります。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

慢性気管支炎と肺気腫を合わせて「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」と呼ぶことがあります。COPDは、たばこの煙などを長年吸いこむことで、気管支に炎症が起こり、咳や痰、息切れや呼吸困難などの症状が現れる病気です。

ホクナリンテープを貼ることで、慢性的に狭くなってしまっている気管支が広がるため、COPDの症状が緩和されます。

ただし、子供のときに発症することはほぼありません。

ホクナリンテープの正しい使い方と注意点は?

小学生 子供 プレゼン 黒板 ひらめき アイデア 豆電球

ホクナリンテープは、1日1回、胸・背中・上腕のいずれかに貼って使います。赤ちゃんや幼児に使用するときは、パパやママが次のことに注意してあげましょう。

肌を清潔にしてから貼る

肌に皮脂や水分がついていると、テープがはがれてしまう恐れがあります。貼る前に肌を拭くようにしましょう。

お風呂上がりに使うときは、汗がひいてからテープを貼ってあげてくださいね。

皮膚の同じ場所に続けて貼らない

同じ場所にテープを貼り続けると、かゆくなったりかぶれてしまったりします。新しいテープに貼り替えるときは、貼る位置をずらしましょう。

赤ちゃんの手の届かない部分に貼る

眠っている間に赤ちゃんがテープを取ってしまわないように、背中など、手の届かない所に貼ってください。

自己判断で兄弟姉妹に使ったりしない

先ほども触れたとおり、ホクナリンテープには有効成分の量が異なる3種類のタイプがあります。患者の症状や体の大きさに合わせて医師が処方している薬なので、パパやママの自己判断で兄弟姉妹に貼らないようにしましょう。

ホクナリンテープに副作用はあるの?

はてな クエスチョン ? 本 疑問

ホクナリンテープの主な副作用として、手足の震え、動悸、貼った場所のかゆみ、発赤、かぶれ、発疹などが報告されています。このような症状が現れたら、自己判断で貼るのをやめる前に、医師や薬剤師に相談しましょう。

また、アナフィラキシーショックなどの初期症状として、呼吸困難、全身のほてり、手足のしびれや麻痺、じんましんが見られることもあります。このような場合には、すぐに使用をやめて医師の診察を受けてください。

そのほか、ホクナリンテープを使ったあとに気になる症状があれば、病院に相談してください。

ホクナリンテープは正しく使いましょう

家族 親子 母 赤ちゃん 抱っこ 幸せ

ホクナリンテープは、赤ちゃんや子供が小児喘息や気管支炎にかかった際に、効果を発揮してくれる気管支拡張薬です。飲み薬や塗り薬などと比べると、使い方は簡単ですが、医師の指示に従って正しく使ってくださいね。

貼り方についてわからないことがあったり、気になる症状が現れたりしたときは、すぐに病院で相談しましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう