BCG接種後にすぐ膿が出て腫れた!コッホ現象?経過は?跡は残る?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

BCGの予防接種から数日のうちに膿んで腫れが出てきたら、それは「コッホ現象」かもしれません。コッホ現象は誰にでも現れるものではなく、見つけたらできるだけ早く病院で診察を受け治療を行う必要があります。急にコッホ現象が現れて慌てないように、どんな現象なのか、現れたときはどうすればいいのかなどをまとめたので参考にしてくださいね。

BCG予防接種とは?

BCG 聴診器 病院 診察

まず、コッホ現象を詳しく説明する前に、BCG予防接種についておさらいしましょう。BCG予防接種は、現在の日本でも約1〜2万人の患者が新たに発生している結核の、乳幼児期での感染を予防するために行われます。特に乳幼児は結核菌に感染すると高確率で髄膜炎・粟粒結核など全身不良の感染症を発症する可能性があり、日本小児科学会では生後5~8ヶ月未満の間にBCGワクチンの予防接種を受けることを推奨しています(※1)。

BCGの接種では他の予防接種と違い、ハンコ注射という形をとり、免疫を獲得できたかどうかを注射跡の変化によって判断します。接種後の注射跡としては、次のような経過をたどります。

1:注射当日は赤い針の跡が残る。2〜10日で赤みが引く
2:だいたい10日目くらいから赤く膨らみ始め、多くは5〜6週間で跡が強く出る
3:その後、徐々に膿がかさぶたになり、接種3ヶ月後くらいには綺麗になる

BCG予防接種後のコッホ現象とは?

泣く 赤ちゃん 抱っこ

コッホ現象とは、すでに結核に感染している状態でBCGワクチンを接種した際に見られる現象です。通常は10日ほどで赤く腫れるのですが、コッホ現象ではBCG接種後3日ほどで接種部位が赤く腫れて黄色い膿が見られるようになります。つまり、コッホ現象が現れたらBCG予防接種以前に、知らず知らずのうちに、赤ちゃんが結核に感染していたことになります。

コッホ現象の見極め方法は?経過はどうなる?

リスト チェック 条件

コッホ現象だと見極めるには、やはり接種後3日程で急激に接種部位が腫れてくることがポイントです。また、コッホ現象では、通常のBCG接種による反応に比べて早い段階から化膿するなど、以下のような経過をたどることが多いようです(※2)。

1:接種後2〜3日程 接種部位が腫れて化膿する。周辺も赤く腫れることが多い。
2:接種後5日程 初めの急激な変化に比べて、徐々に落ち着いてくる。
3:接種後7日程 接種部位の跡が薄くなる。

コッホ現象が出現した場合にはどうするの?

新生児 病院 診察 検査 医師

万が一、上記のような経過をたどりコッホ現象が見られたときには、放置せずに2〜3日以内にBCG予防接種を受けた小児科などを受診しましょう。休診日などであれば別の基幹病院の小児科を受診するか、保健所に連絡を。症状を説明できるように、腫れが気になりだしたら写真を撮っておくことをおすすめします。

「コッホ現象かも?」と思うと焦ってしまいますが、もともと肌が弱いなどで腫れや膿が見られることもあるので、必ずしも結核に感染しているとはいいきれないようです。コッホ現象かもと思ったら、早めに受診して、結核に感染しているかを調べてもらいましょう。感染していた場合には、適切な治療を受け、周囲の家族も感染していないか検査する必要があります。

BCG予防接種後の跡は残るの?

ガーゼ 清潔 拭く 治療

コッホ現象でなかったとしても、BCG予防接種後、大きく腫れ化膿をしてしまったら、跡が残ってしまうのかという点も心配になりますよね…。しかし、予防接種後2~4週間後には徐々に腫れや化膿も落ち着き、3ヶ月も経過すればほぼ綺麗に治るので心配はいらないものです。

跡が残らないようにするには、患部を清潔なガーゼなどで拭いて綺麗に保つことが大切です。コッホ現象のような腫れや化膿が見られてから、4週間を過ぎても化膿が治まらないときは、別の感染症の疑いもあるので、再度小児科などを受診してくださいね。

BCG予防接種後は、焦らずにまずは症状の記録を

妊婦 メモ

BCGを接種したら、1ヶ月くらいは毎日、患部を観察してくださいね。想定よりも早く腫れが見られ、コッホ現象と思われる症状が生じたときには、できるだけ早く予防接種を受けた病院へ連絡しましょう。腫れや膿の経過の様子が診察の役に立つので、余裕があれば写真を撮ったり様子をメモしたりしておいてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう