ベビーリトミックはいつから?実際どんなことするの?何が身に付く?

リトミックという言葉を聞いたことがあるママやパパは多いかもしれません。しかし、「子供の教育系の習いごと」という漠然とした情報はあっても、詳しく知っている人は少ないようです。そこで今回は、そんなリトミックや赤ちゃん向けのベビーリトミックについて、いつから始めるのかや、内容、効果などをご紹介します。

リトミックとは?

リトミック 音楽 ピアノ 日本人 子供

リトミックとは、スイスの作曲家で音楽教育家だったエミール・ジャック=ダルクローズが考案した音楽教育法です。

もともとは音楽家を育成することが目的だったと考えられていますが、現在では、音楽以外の子供の教育や、演劇・オペラなどの芸術表現、生涯教育としても取り入れられているようです。

ベビーリトミックとは?目的は?

ママ友 日本人

ベビーリトミックは、赤ちゃんがママとコミュニケーションを取りながら行うリトミックのプログラムで、教室によっては0歳児から行っているところもあります。

生後間もなくして少しずつ視界や聴覚が発達し、生活音に反応し始める赤ちゃん。その時期に、音楽やリズム、ママや先生の声に合わせて体を動かしたり、楽器を持って音を鳴らしてみたりすることで、聞くこと・表現すること・感じることを育むことを目的にしています。

また、集団で何かをする楽しさを体験させてあげることや、ママが赤ちゃんと触れ合い、コミュニケーションを取ることで、子育てを楽しく感じてもらうことも目的として掲げている教室もあります。

ベビーリトミックはどんなことをするの?

保育ママ 日本人 赤ちゃん

ベビーリトミックの内容は、行っている場所により様々です。

基本的には、楽器や音楽、歌や声といった「音」に合わせて体を動かします。しかし、赤ちゃんは一人で体を動かすことができないので、初めはママが赤ちゃんの手をとり、手遊び感覚から始めます。

0~1歳児のベビーリトミック:ママと手遊び

0~1歳はまだ自分で思うように体が動かせません。そのため、ママが赤ちゃんを抱っこして、流れてくる音楽の曲調が変わるタイミングでジャンプしたり、動きを止めてみたり、抱きしめたりと、ママとのコミュニケーションやスキンシップを兼ねた内容が多いようです。

いろんな色のスカーフを持って、音に合わせてヒラヒラと投げるなど、視覚的に楽しめるものもあります。

2~3歳児のベビーリトミック:ママや友達と体を動かす

2~3歳になると、体を動かすことが楽しいと感じてきます。

皆と一緒に音楽に合わせて床の上を転がってみたり、曲の雰囲気に合わせて楽しそうな表情や怖い表情をしてみたり、家では見たことのない楽器に触れてみたりと、先生やママの呼びかけに合わせて好きなように動きや音を表現します。

ママがタンバリンなどの音に合わせて名前を呼び、子供に返事を促すことで、楽しく自分の名前を覚える効果も期待できますよ。

ベビーリトミックの赤ちゃんへの効果は?

風景 ピアノ 音楽

ベビーリトミックは、子供の感受性や表現力を豊かに育む効果があると考えられています。しかし、直接的に音楽家になれる、頭が良くなるという効果が約束されているわけではありません。可能性の幅を広げることで、言葉の使い方や歌い方、踊り方などの表現の幅を広げていくものです。

また、ベビーリトミックでママとコミュニケーションを取ることで、赤ちゃんはまずは笑うという表現を覚えます。体が動かせる年齢なら、自分から表現することで、自由に動き、踊る楽しさも覚えていきます。

さらに、ベビーリトミックでママと赤ちゃんが触れ合うことは、出産後のママに精神的な安定をもたらす効果もあるようです。これは、スキンシップを通じて、オキシトシンというホルモンが分泌されるからです(※1)。

このオキシトシンは、ママの赤ちゃんに対する愛情を深める効果があります。

ベビーリトミックはいつから始めるのが良い?

リトミック 楽器 音楽 子供 日本人

ベビーリトミックを始める年齢に決まりはありませんが、0~3歳の間に行うのがおすすめといわれています。その期間の刺激が、その後の子供の性格や思考力、記憶力、運動能力、情緒などに影響を与えると考えられているためです。

しかし、0~3歳に始めたからといって、確実に効果が期待できるというわけではなく、あくまでもこの期間は吸収しやすい時期であると捉えましょう。ベビーリトミックとしては0~3歳が目安ですが、リトミック自体は3歳以降も様々な場所で取り入れられています。

ベビーリトミックはどこでできる?家でもできるの?

赤ちゃん 子供部屋 収納 アイデア

ベビーリトミック向けにプログラムされたCDやDVDも市販されているので、ベビーリトミックは家でも行うことができます。雨などで外出できない日は、赤ちゃんの様子を見ながら、家でやってみると良いかもしれませんね。

しかし家ではママと赤ちゃんだけになるので、集団で体験したいときや、より良い方法を知りたいと思えば、地域の支援センターや児童館などで行っているプログラムに参加してみましょう。

体験イベントを催していることもあるので、ママ友の情報やインターネット情報などを参考にしてみると良いでしょう。習い事として行っている教室もたくさんありますよ。

ベビーリトミックで赤ちゃんと過ごす時間を楽しみましょう

赤ちゃん セパレート 抱っこ 日本人

ベビーリトミックは、赤ちゃんと過ごす時間を充実させるための方法として、とても有効です。すぐに効果を期待するのではなく、少しずつ様々なコミュニケーションを取ることが子供の豊かな成長に繋がると思って始めてみてはいかがでしょうか。

初めての育児で赤ちゃんとどう接して良いか困っているママやパパにもおすすめですよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう