子供の胃痛の原因と治療法は?胃が痛いかどうかを見分けるには?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

子供に胃痛が起きている場合、その原因が分からず、困ってしまうことがあるかと思います。大人と同じように、ストレスで胃が痛くなる子供もいるため、しっかりと原因を特定して対処することが大切です。今回は子供の胃痛について、原因や病院へ行く目安、治療法などをご紹介します。

子供の胃痛の原因と症状は?

子供 女の子 腹痛 胃痛

子供が胃痛を起こす主な原因は「感染性胃腸炎」と「ストレス」で、それぞれには以下のような特徴があります。

感染性胃腸炎

ウイルスや細菌が胃や腸に入り込んで、炎症を引き起こすと、感染性胃腸炎になります。

原因となる病原体によって現れる症状や時間は異なりますが、感染性胃腸炎が発症すると、発熱や嘔吐、下痢といった症状が現れます。

ストレス

子供でも強いストレスを感じると、胃がキリキリと痛むことがあります。保育園や幼稚園、学校などにおける人間関係、または家での家族関係でストレスを感じます。

登園・登校前になると、決まって胃痛が現れるなど、何かをきっかけに痛くなるのが特徴です。胃痛が起こる時間帯もだいたい同じです。

他の症状が見られず、仮病とみなされがちですが、ストレスが原因で子供が胃の痛みを感じていることもあるため、注意して対処しなければいけません。

子供の「胃痛」は本当に胃の痛み?

道 はてな クエスチョン ?

大人であれば「便秘気味でお腹が張っている」「胃がキリキリ痛む」など感覚的に症状を区別できますが、子供はお腹周辺の痛み全般を、基本的に「お腹が痛い」と表現します。

子供が胃を痛がっているのか、他の部位を痛がっているのかを見分けるのは困難です。したがって、胃痛かどうかを見分けようとするのではなく、痛みの程度や他の症状の有無に注意を払うことが大切です。

発熱や下痢、嘔吐を伴うお腹の痛みは感染性胃腸炎が疑われますし、顔面蒼白や血便と共に、周期的に激しい腹痛が起きている場合は、腸重積や腸閉塞の可能性があります。また、みぞおち付近や右下腹部に強い痛みを感じているのなら、虫垂炎になっている恐れがあります。これらの場合には、医療機関をすみやかに受診してください。

子供が胃痛を訴えた場合は、落ち着いて様子を観察し、その原因を突き止めるようにしましょう。

子供の胃痛で病院へ行くべき?

病院 医師 聴診器 

子供がお腹の痛みを訴えて、以下のような症状が見られた場合、感染性胃腸炎や腸重積、虫垂炎などの病気にかかっている可能性があるので、すぐに小児科を受診してください。

すぐに病院を受診すべき症状

・時間が経つにつれて、症状が悪化している
・強い痛みで激しく泣いている、歩けない
・下痢便が出て、嘔吐している
・食欲がなく、ぐったりしている
・血便が出ている
・顔面蒼白など顔色が悪い

軽いお腹の痛みが見られても、顔色が良好で食欲もあるようなら、しばらく様子を見ましょう。数日経っても痛みが消えない場合は、病院を受診してください。

子供の胃痛の治療法は?

治療薬 抗生物質 抗生剤 治療

子供の胃痛の治療法は、原因によって異なります。

感染性胃腸炎

ウイルスが原因の胃腸炎には特効薬がなく、吐き気止めや下痢止めなどを使って、現れている症状を和らげる対症療法を行うのが一般的です。

細菌感染によって起こっている胃腸炎には、抗菌薬を投与して治療します。

胃腸炎による嘔吐や下痢で、脱水症状に陥ることがあるので、胃腸炎が完治するまでは、安静にしながらこまめに水分補給を行うように心がけましょう。

ストレス

生活を見直して、ストレスの原因と考えられるものをできるだけ取り除きましょう。

大人にとっては「こんなことがストレスになるの?」と思うようなことが、子供にとって大きなストレスになっていることがあります。子供とコミュニケーションをしっかりとり、何を嫌がっているのかを見つけてあげてください。

対処が難しければ、小児心療内科などでカウンセリングを受けるのも、一つの方法です。

子供の胃痛は心身両面から考えよう

ママ 子供 手 ハート

子供の胃痛は単純な病気だけが原因ではなく、精神的な問題も影響していることがあります。「お腹が痛い」と子供が訴えてきたときは、体の問題だけではなく、精神面にも気を配ってあげてください。

子供はママやパパの見えないところで、たくさんのストレスにさらされ、心の余裕をなくしていることがあります。ストレスに苦しむ子供を助けてあげられるのは、周囲の大人です。

「お腹が痛い」という子供からのSOSをしっかりキャッチして、適切な対処で、子供の元気と笑顔を取り戻してあげましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう