生ワクチンと不活化ワクチンの違いとは?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんが生まれるとすぐに始まるのが予防接種。ワクチンの性質で「生ワクチン」と「不活化ワクチン」の2つに分けられることをご存じですか?予防接種の種類ごとに、生ワクチンだったり、不活化ワクチンだったりします。どれがどちらに該当するのでしょうか?今回は予防接種の基礎知識として、生ワクチンと不活化ワクチンの違いや、それぞれの種類をご説明します。

ワクチンには種類があるの?

赤ちゃん 注射 医師 病院

予防接種は、ワクチンを接種することで特定の病気に対する免疫を体内につくり、感染症などの病気から体を守るために行われます。悪いウイルスの感染を未然に防いだり、感染した場合に重症化するのを防いだりしてくれます。

原則的に一つのワクチンで一つの病気を予防するので、免疫力が低く、様々な病気に感染しやすい赤ちゃんは、たくさんの予防接種を受ける必要があるのです。

生ワクチンと不活化ワクチンとは?

はてな クエスチョン ? 本 疑問

予防接種ワクチンは、免疫を獲得する方法の違いで「生ワクチン」と「不活化ワクチン」に分類されます。それぞれ、以下のような違いがあります。

生ワクチン

生ワクチンとは、病気の原因となる細菌やウイルスを生きたまま体内に注入して免疫力を獲得するワクチンです(※1,2)。

細菌やウイルスの毒性を弱めているので、体内に注入しても病気を引き起こす力はほとんどありません。免疫がつくられるギリギリまで弱体化させた細菌やウイルスを、体内で退治することで体が免疫を獲得してくれます。

毒性は弱まっているとはいっても細菌やウイルスは生きているので、不活化ワクチンと比較すると強い免疫を獲得できるメリットがあります。

ただし、十分な免疫がつくられるまでには1ヶ月ほどかかり、また、他の予防接種を受けるためにはウイルス同士の干渉を防ぐために、27日以上の間隔をあける必要があります(※2)。また、細菌やウイルスの毒性は残っているため、不活化ワクチンより副反応が現れやすいという特徴があります。

不活化ワクチン

不活化ワクチンとは、病気の原因となる細菌やウイルスの毒性を完全になくし、免疫を作るのに必要な成分だけを取り出してつくられたワクチンです。細菌やウイルスは殺菌されていて病気を引き起こす力はなく、免疫に必要な成分にだけ反応して、免疫がつきます。

不活化ワクチンの特徴としては、生ワクチンに比べると免疫力を獲得しにくいので、複数回予防接種を受けて免疫を強化する必要があります。また、免疫力が続く期間も短いので、数年ごとに予防接種を受けなおさなければいけない種類もあります。

ただし、細菌やウイルスには力が残っていないため、接種したワクチンから感染症になるような副反応は現れません。そのため、間隔をあまり開けずに、具体的には6日以上開ければ、次の予防接種を受けることができます(※1)。

ほかにトキソイドという種類のワクチンもあります。トキソイドは免疫をつくるために細菌が持つ毒素が必要なもので、毒素の毒性をなくして作成されたワクチンです。

生ワクチンと不活化ワクチンの注意点は?

赤ちゃん 子供 疑問 謎 不安 はてな

予防接種の際に、生ワクチンと不活化ワクチンで注意しなければならないのは、接種スケジュールです。

不活化ワクチンは6日以上の間隔を開ければ次の予防接種を行えますが、生ワクチンを利用した予防接種では約1ヶ月の期間を空ける必要があります。生ワクチンを先に受けると、不活化ワクチンを次に受けたかったとしても、1ヶ月期間を空けることになるので、かかりつけの医師と相談してスケジュールを検討するようにしましょう。

また、「四種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)」「肺炎球菌」「ヒブ」のように同時接種可能な予防接種もあります(※2)。生ワクチンと不活化ワクチンの組み合わせで接種できるものもあるため、予防接種のスケジュールを考える際には、組み合わせについてもアドバイスをもらうようにしてください。

生ワクチンと不活化ワクチンのどちらに分類される?

道 はてな クエスチョン ?

赤ちゃんが受ける予防接種は、定期予防接種と任意予防接種を含めて主に12種類あります。それぞれ、以下のように生ワクチンか不活化ワクチンのどちらかに分類されます(※3)。

生ワクチンの予防接種例

● ロタウイルスワクチン
● BCG
● MR(麻疹・風疹混合)ワクチン
● 水疱瘡(水痘)ワクチン
● おたふく風邪ワクチン

不活化ワクチンの予防接種例

● ヒブワクチン
● 小児肺炎球菌ワクチン
● B型肝炎ワクチン
● 四種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)
● ニ種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風)
● 日本脳炎ワクチン
● インフルエンザワクチン

生ワクチンと不活化ワクチンの違いを把握してスケジュールを立てよう

女性 カレンダー 赤ペン チェック

生ワクチンなら予防接種を受けてから次の予防接種を受けるまで間隔をあけなければなりませんし、不活化ワクチンなら一定期間の間に複数回受ける必要があります。予防接種の種類が生ワクチンなのか、不活化ワクチンなのかでスケジュールの立て方も異なります。

予防接種は赤ちゃんを守るためにも大切なものです。それぞれの違いを理解した上で、小児科医と相談しながら受け忘れがないようにスケジュールを組めるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう