赤ちゃんの靴下はいつから?冬は室内でも必要?脱げるときの対策は?

赤ちゃんの服装の中でも、靴下は特に履かせるタイミングや時期に迷うママが多いのではないでしょうか。履かせた方がいいという人もいれば、健康のためには履かせない方がいいという人もいて、正しい履かせ方がわからなくなってしまいますよね。そこで今回は、赤ちゃんの靴下はいつから履かせるのか、冬は室内でも必要なのか、脱げてしまうときの対策などをご紹介します。

赤ちゃんの靴下はいつから必要?

靴下 赤ちゃん 洗濯

赤ちゃんに靴下が必要になる時期は、いつからというルールはありません。「寒い時期にお出かけするようになったら」「靴を履くようになったら」など、状況に合わせて履かせてあげるようにしましょう。

新生児期からしばらくは、靴下は寒い日の外出時に足を温めるという目的で履かせます。秋冬の頃に産まれた赤ちゃんが退院するときや、1ヶ月健診を受けるときに履かせてあげましょう。

ただ、新生児はお出かけすることはほとんどなく、靴も履かないため、靴下を履かせる機会はほとんどありませんよ。

歩き始めて靴を履くようになると、素足では直に靴に触れることで靴擦れを起こす恐れがあります。さらに足裏に汗をかくと、蒸れて雑菌が繁殖し、臭いを発してしまうことや、滑ってしまうこともあるので、忘れずに靴下を履かせてあげましょう。

赤ちゃんに靴下を履かせるときのサイズの目安は?

グッズ メジャー メモ

赤ちゃんに靴下を履かせるときは、およそのサイズを把握してから購入しましょう。メーカーによってサイズが多少異なりますが、以下に、新生児期から2歳頃までの靴下のサイズを記すので、参考にしてみてくださいね。

新生児~2歳頃までの靴下のサイズ目安

月齢・年齢 身長
cm
靴下
cm
0~3ヶ月  50~60 7~8
3~6ヶ月  70 9~10
6ヶ月~1歳  80 11~13
1歳~2歳  90 12~13

赤ちゃんの靴下は、冬は室内でも履かせていいの?

赤ちゃん 足 レッグウォーマー

赤ちゃんの靴下は、真冬でも室温が22~23度に保たれていれば、不要だとされています。赤ちゃんは足の裏で体温調節をしているので、靴下を履かせると熱がこもりやすくなって、体温が上がったり、脱水症状が起こりやすくなったりしてしまうのです。

赤ちゃんの足の裏が冷たくて青くなるほどであれば、室内温が低いと考えてください。その場合、靴下を履かせるのではなく、室内の温度を適温に保ってあげるようにしましょう。湿度も測れる温度計があると、エアコンなどを使用する目安になって便利ですよ。

また、レッグウォーマーや足首までのタイツなど、小物を利用して冷え対策をする方法もあります。靴下は履かせず裸足のまま、足首から膝・太ももあたりまでを覆ってあげましょう。

足の裏を温める靴下よりは、足首を温め、保温効果のあるレッグウォーマーのほうが体も冷えにくくなります。ただし、ずっと履かせていると熱がこもりやすくなるので、暖かい室内で着用しつづけるのは気をつけてくださいね。

赤ちゃんが寝ているときに靴下を履かせてもいい?

新生児 赤ちゃん 寝る ベッド

赤ちゃんが寝ているときにも、靴下はなるべく履かせないようにしたいですね。大人は冬場に冷えて、靴下を履いて寝ることがありますが、赤ちゃんには必要ないとされています。

赤ちゃんは体温調節機能が未熟です。必要のないときに靴下を履かせていると、うまく体温調節ができなくなってしまうので、不必要に履かせないよう気をつけてくださいね。

赤ちゃんが寝ていて寒そうなときは、しっかり布団をかける、腹巻でお腹周りを温める、スリーパーを着させるなどの方法で、寒さ対策をしてあげると良いですよ。

赤ちゃんの靴下が脱げるときの対策は?

記号 電球 発見

まずは、サイズがしっかりと合っているかを確認しましょう。サイズが合っていても脱げやすいときは、靴下の上からレッグウォーマーをかぶせるように履かせてあげると、脱げにくくなります。

靴下のサイズ設定は幅があり、赤ちゃんの足にピンポイントで合うものがないことも。また、赤ちゃんの靴下は締め付けないように作られているので、構造的に脱げやすくなっています。

1~2歳くらいになると、脱げそうになると教えてくれたり、自分で履けるようにもなったりします。それまでの期間は、窮屈にならない程度に固定してあげると、外出時も安心ですね。

赤ちゃんの健康や発達のために必要なときに靴下を履かせよう

子供 赤ちゃん 靴下

赤ちゃんの靴下の履かせ方には、様々な考え方や捉え方がありますが、基本的には室内では履かせず、外出するときに履かせる、と考えましょう。

まだ赤ちゃんが自分の意思を上手に伝えられないような時期は、ママが赤ちゃんの健康や発達のために、靴下が必要な状況を判断してあげてくださいね。

保育園や幼稚園によっては、靴を履くときにも靴下を履かせない方針の園もあります。履かせない理由が不明な場合はしっかりと確認し、納得した上で方針に沿うようにしたいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう