子宮内膜症はピルで治るの?効果や副作用は?

監修医師 産婦人科医 間瀬 徳光
間瀬 徳光 2005年に山梨医科大学(現 山梨大学)医学部を卒業。板橋中央総合病院を経て、現在は沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターに勤務。産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救... 監修記事一覧へ

女性特有の病気、「子宮内膜症」。20~40代の女性に多く見られ、不妊症の原因にもなる病気です。子宮内膜症の治療法は様々ですが、その一つに避妊薬のピルを服用する方法があります。なぜ、避妊薬が使われることがあるのでしょうか?今回は、子宮内膜症に対するピルの効果や副作用、病院で処方されるピルの種類などをご紹介します。

子宮内膜症とは?

女性 不安 疑問 悩み ベッド

子宮内膜症は、本来は子宮内でしか形成されない子宮内膜が、子宮以外の場所で作られて増殖する病気です。その原因は未だはっきりとわかってはいませんが、女性ホルモンの一つ「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が子宮内膜症の増殖・悪化に影響を与えることが分かっています。

正常な子宮内膜は、月経周期に合わせて子宮内で増殖し、妊娠が成立しなかった場合に剥がれ落ちて血液とともに体外に排出されます。これが月経(生理)です。

子宮外にできてしまった子宮内膜も、月経がくると剥がれ落ち、炎症や臓器との癒着を起こします。生理痛や性交痛、腰痛などの激しい痛みを伴うことも多く、生理痛がひどくて病院を受診したところ、実は子宮内膜症を発症していた…というケースもあります。

子宮内膜症がピルで治るの?

薬 疑問 クエスチョン

子宮内膜症の治療法には、手術療法と薬物療法の2種類があります。患者の年齢や症状の程度、炎症や癒着が起きている部位、妊娠を希望しているか、などによって治療方針が決定されます。

一般的に、子宮内膜症の症状が重い場合は、手術で根本的な治療を行い、症状が比較的軽いようであれば、薬物療法が行われます。また、手術と薬物の両方を組み合わせて治療することもあります。

薬物療法は、大きく次の2つに分けられます(※1)。

1. 対症療法

月経痛や性交痛、排便痛など、子宮内膜症特有の疼痛を和らげるために、薬物療法が行われることがあります。これは、子宮内膜症の根本的な治療ではなく、対症療法です。

痛みの原因となる「プロスタグランジン」という物質の合成を抑える薬物を使います。

2. ホルモン療法

ホルモン療法には、排卵を抑制する「ダナゾール療法」や、閉経状態を作る「GnRHアゴニスト療法」、経口避妊薬(低用量ピル)を用いた「低用量エストロゲン・プロゲスチン療法」などがあります。

これらのうち、ピルを用いたホルモン療法について、次から詳しくご説明します。

子宮内膜症でピルを服用する効果は?

ピル 薬 服用 女性 飲む

それでは、なぜ低用量ピルで子宮内膜症の症状を抑えることができるのでしょうか。それは、ピルが次のような作用を持っているからです(※1)。

ピルは、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンを合成して作られたホルモン剤です。ピルを服用することで、プロゲステロンが女性ホルモンを司る脳に働きかけ、「妊娠状態」や「閉経状態」と錯覚させることで排卵自体が止まります。

子宮内膜症はエストロゲンの影響を受けて増殖するため、エストロゲンの分泌量を減少させることで症状の進行を抑えます。また、ピルを服用することで生理中の出血量が減り、症状の緩和につながります。

日本では、2008年に「ルナベル配合錠」という低用量ピルが子宮内膜症の治療薬として認められました。

子宮内膜症で処方されるピルの種類や副作用は?

副作用 薬 虫眼鏡 

ピルには、含まれる成分量の多さに応じて、高用量・中用量・低用量の3種類があります。子宮内膜症の治療に使われるピルは、「エチニルエストラジオール」の含有量が0.05mg未満の「低用量」のもので、長期服用による副作用が少ないという特徴があります(※1)。

しかし、全く副作用が現れないわけではなく、不正出血やつわりのような吐き気、むくみといった症状が出ることも。副作用の種類や程度には個人差があるので、服用中に違和感があれば早めに医師に相談して、服用量や種類を見直してもらいましょう。

ピルは子宮内膜症の症状を抑えるのが目的

女性 笑顔 幸せ 元気 健康 リラックス

子宮内膜症の治療で使われる薬の中でも、ピルは副作用が少なく、低価格なので、利用しやすいといえます。ただ、ピルの服用で子宮内膜症のつらい症状を抑えることはできる一方で、服用中は排卵が起こらないため、妊娠を望んでいる方は利用できないというデメリットもあるので注意してください。

不妊で悩んでいる場合、手術で根本的な治療をしてから不妊治療を行うなど、薬物療法以外の方法が適していることもあります。症状の程度や自分の状況に合わせて、医師と相談しながら適切な治療方法を選択しましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう