赤ちゃんの洗濯物はいつまで分ける?新生児用の洗剤は必要?

赤ちゃんのお世話をする中で、うっかり忘れがちなのが、ベビー服の洗濯方法ではないでしょうか?新品のベビー服を一度洗っておく「水通し」は大人と分けて洗うことがほとんどですが、その後も分けて洗うべきなのか迷うママは多いですよね。そこで今回は、赤ちゃんの洗濯物はいつまで分ければいいのか、赤ちゃん用の洗濯洗剤は必要なのかなどをご紹介します。

そもそも、赤ちゃんの洗濯物は分けた方がいいの?

yes no イエス ノー クイズ 正解

赤ちゃんの洗濯物は、新生児期や大人用の新品の服を洗うときは分けたほうが良いでしょう。

大人の新品の衣類には、加工に使われているホルムアルデヒドが付着している可能性があり、肌の炎症や湿疹の原因になってしまう恐れがあります(※1)。ホルムアルデヒドは他の衣類から移りやすく、水に溶けやすい性質があるので、分けて洗うことで付着を防止することができます(※2)。

生後24ヶ月以内のベビー用品にはホルムアルデヒドの厳しい基準が設けられていますが、生後1歳を過ぎるまでは個包装された衣類を購入し、抵抗力がある程度つくまでは大人用の服とは別に洗うようにすると安心ですよ(※2)。

赤ちゃんの洗濯物はいつまで分ける?

ベビー服 洗濯

赤ちゃんの洗濯物を大人と分ける期間について、特にいつまでという明確な決まりはありません。生後1ヶ月の新生児期を過ぎたら、大人の衣類と一緒に洗濯しているママが多いようです。

前述した新品の服についているホルムアルデヒドの他にも、大人の衣服で汚れが普段よりもひどいときは分けて洗い、今まで使ったことがない大人用の柔軟剤を使うときは、試しに赤ちゃんの服を1~2枚ほど一緒に洗ってみましょう。

この時期に特に気をつけたいのは、洗剤も柔軟剤も、すすぎ洗いを徹底することです。

赤ちゃんの服と大人の服を分けて洗濯するほうが良いケース

● 大人の服の汚れがひどいとき
● 大人の新品の服を洗うとき
● 赤ちゃんの服を水通しするとき
● 初めて試す大人用の柔軟剤を使うとき

赤ちゃんや新生児用の洗濯洗剤はいつまで必要?

赤ちゃん 洗濯 かご

ママやパパにアレルギーがあり、赤ちゃんもアレルギーがあるのでは…と心配な場合は、初めは赤ちゃん用の洗濯洗剤を使ってみると良いかもしれません。

ただし赤ちゃん用の洗濯洗剤はいつまで使わなければいけないという決まりはないので、新生児期を過ぎて、赤ちゃんの肌荒れなどの症状がなければ、少しずつ大人と同じ洗剤を試していくといいでしょう。

赤ちゃんの肌は薄く、角質細胞が大人より小さいことから、乾燥しやすく刺激を受けやすい状態です。赤ちゃん用の洗剤でなくても、成分表示を確認し、石油由来の合成界面活性剤の含有量が少なく、蛍光増白剤の含まれていないものを選ぶと安心ですよ。事前に確認してから購入しましょう。

大人の皮脂や汗は赤ちゃんよりも頑固で、赤ちゃん用ではしっかり落とせないものもあります。大人の衣服の汚れを落とすためには、界面活性剤や蛍光増白剤などの成分が含まれた洗濯洗剤が効果的です。

ママは少し面倒かもしれませんが、夏場で汗の匂いや汚れがひどいときは、大人は大人用の洗剤を使って分けて洗濯してあげましょう。

赤ちゃんのうんちがついた服を洗濯する方法は?

ママ 女性 洗濯機 洗濯

赤ちゃんのうんちが漏れて服についてしまったときは、そのまま洗濯機には入れず、汚物は拭き取ってから素早く水で手洗いしましょう。

赤ちゃんのうんちは水分が多く汚れが残りやすいので、ベビー用洗剤を少量溶かした水をバケツに入れ、つけおき後にほかの衣類と一緒に洗濯しましょう。特に新生児期はつけおき洗いしたいものが次々出てくるので、つけおき用のバケツを1つ用意しておくと便利ですよ。

赤ちゃんが、胃腸炎などウイルス感染したうんちで服を汚してしまった場合は、別の対処が必要です。塩素系漂白剤(キッチン用のハイターなど)を薄めた液に浸けて消毒してから、大人用と分けて洗いましょう。程度によっては処分した方が良いこともあります。

1歳まではケースバイケースで赤ちゃんの洗濯物や洗剤を分けよう

赤ちゃん 洗濯機

赤ちゃんの洗濯物は、新生児期を過ぎた生後1ヶ月からは、ケースバイケースで分けて洗ったり、洗剤を使い分けたりして対応してあげましょう。

2回も洗濯することや、洗剤をいちいち分けて購入するのは大変と思うかもしれませんが、成長して肌が強くなれば一緒に洗えるようになります。約1年は赤ちゃん用の洗濯洗剤も常備しておきましょう。

洗剤と同様に気になるのが、柔軟剤です。服やタオルを柔らかくするために、洗剤以上に界面活性剤が入っているものもあります。

赤ちゃんの月齢が低いうちや、離乳食が始まる前後は香りが強いものもなるべく控えたいですね。赤ちゃん用の柔軟剤なども市販されているので、合わせて購入しておくと便利ですよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう