妊娠28週からは妊娠後期へ!胎児の体重や大きさは?

監修専門家 助産師 鶴町 はるな
鶴町 はるな 茨城県立中央看護専門学校助産学科卒業後、総合周産期センターの産婦人科・NICU勤務を経て、クリニックでのフリースタイル分娩や無痛分娩にも携わってきました。現在は産後ケアや母乳外来を中心に活動しています... 監修記事一覧へ

いよいよ妊娠28週に入りました。妊娠8ヶ月の最初の週で、ここから出産までの期間を「妊娠後期」と呼びます。赤ちゃんの成長とともに妊婦さんのお腹も大きくなり、妊娠後期特有の症状も現れてきます。今回は妊娠28週の胎児や妊婦さんの状態などをご説明します。

妊娠28週はお腹がさらに大きくなる?

妊婦 胃痛 腹痛

妊娠28週には、子宮底長は24cm以上になるのが目安です(※1)。赤ちゃんの成長とともに増える羊水量は妊娠30週前後にピークを迎えるため、それに向けてお腹は今まで以上に大きくなります。子宮は、おへそから指2~3本上のあたりまで到達し、周りの臓器をさらに圧迫します。

妊娠28週以降は再び体が大きく変化し始め、マイナートラブルも増えてきます。戸惑うこともあるかもしれませんが、妊娠に伴う生理的な現象として、落ち着いて対処できるといいですね。

また、大きくなったお腹のせいで足元が見えにくく、転倒リスクが高まる時期でもあります。外出するときは、ヒールのない靴をはくようにしましょう。

妊娠28週以降は甘い物対策を

女性 チョコレート 甘い 

妊娠28週頃になると、「甘い物が食べたくて仕方ない!」という人がいるかもしれません。

赤ちゃんはブドウ糖を主な栄養にしているので、赤ちゃんの成長速度が上がると、ママの体のブドウ糖がどんどん消費され、足りなくなってしまいます。そのため、もっとブドウ糖を摂取しようと、甘い物が無性に食べたくなるのです。

ただし、食べたい気持ちにまかせて甘い物を食べていると、体重が増えすぎてしまう可能性があります。妊娠8ヶ月目の体重増加ペースは、1週間で300~500gほどが適切です(※1)。甘い物を食べても問題はありませんが、食べ過ぎには注意してください。

甘い物を食べたくなったら、妊娠高血圧症候群を防ぐカリウムが豊富に含まれたバナナや、便秘解消に効果のあるヨーグルトなどを食べて、気持ちを紛らわせるのがおすすめです。高級なチョコレートを一粒だけ味わって食べるなど、自分へのご褒美を用意してもいいですね。

妊娠後期に体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群などの合併症のリスクがあるほか、お産までにコントロールするのが難しく、微弱陣痛などでお産が進みにくくなる可能性があります。

産道に脂肪がつくと分娩に時間がかかり、生まれてくる赤ちゃんも苦しくなってしまうので、お産に向けて体重管理を心がけましょう。

妊娠28週頃は後期つわりが起こる?

女性 不調 悲しい つわり

妊娠後期に入ると、子宮が大きくなって胃や食道を圧迫することで、「後期つわり」を感じる人がいます。これは妊娠初期のつわりと同じように、胃もたれや胸焼け、吐き気、胃痛、げっぷなどの症状を伴います。

出産に向けてお腹の赤ちゃんが下に降りてくる妊娠35週以降には解消されるケースが多いですが、それまではしばらく続きます。なかには臨月に入ってからも苦しむ人がいるので、注意が必要です。

妊娠初期のつわりと同じように、少量ずつよく噛んで食べる、胃に負担の少ないものを食べる、食後2時間は横にならないなどの対策で、症状をやわらげましょう。赤ちゃんがお腹のなかで大きく成長している証と考えて、前向きに捉えられるといいですね。

妊娠28週の胎児の体重は?

妊娠28週 エコー

妊娠28週になると、体重が1,000gを超える子が増えてきます(※2)。まだ小さいですが、すっかり赤ちゃんらしい姿です。お腹の外で生きていくために最低限必要な機能が整い始めて、早産になったときの生存率も高まってきました。

男の子・女の子どちらも生殖器がほぼできあがり、機能面は大人とほとんど変わらない状態です。生まれたあと、成長に合わせて生殖機能が働き始めます。

妊娠28週に入ったら入院・出産準備をチェック

グッズ ベビーグッズ ベビー用品

入院グッズや赤ちゃんグッズはもう用意できていますか?「入院や産後に必要なものは少しずつ準備していけばいいかな」と思っていても、時間はあっという間に過ぎてしまうものです。出産予定日よりも早く生まれる可能性があることを考えると、この時期には必要最低限のものを揃えておくと安心ですね。

妊娠週数が進むとお腹が大きくなって、長時間買い物に出かけるのも負担になります。まだ余裕を持って動ける妊娠28週頃には、入院や産後の準備を行なっておきましょう。まずは家具などの大きなものから買い揃えていき、だいたい32週頃には終わらせておきたいですね。

体調がいい日に、旦那さんと一緒に赤ちゃんグッズを見に行くのもいい気分転換になりそうです。

妊娠28週頃からバースプランの検討を始めよう

妊婦 本 勉強 日記 記録

妊娠後期に入ると、バースプランの検討も始まります。バースプランとは、出産直前から退院するまでどのように過ごして、どんな方法で産みたいのかを事前に計画しておくことをいいます。産院に希望を伝えておくことで、医師や助産師とのすれ違いを防ぎ、不安なく出産を迎えることができます。

バースプランの扱いは各産院で異なるので、事前に確認しておきましょう。家族はもちろん、医師や助産師とも相談しながら、愛情たっぷりのバースプランを考えられるといいですね。

妊娠28週には切迫早産になる可能性も

病院 医者 診察

切迫早産とは、早産になりかけた状態のことをいいます。

この時期の切迫早産は、絨毛膜羊膜炎などの感染症や子宮頸管無力症といった子宮の異常によって起こります。特に、妊婦健診で子宮頸管が短くなっていると指摘された場合には、早産になる可能性があるため注意が必要です。

切迫早産と診断されると、赤ちゃんを1日でも長くお腹の中に留めるために、子宮の収縮を抑える薬を点滴しながら、安静にしてすごさなければいけません。症状によっても異なりますが、深刻な場合は入院が必要になります。妊娠後期に入院すると出産まで病院にいることも多く、その場合、入院期間は2~3ヶ月にも及びます。

妊娠37週からの正期産に入るまでは、切迫早産の可能性があることを忘れないでください。何か異常を感じたら、すぐにかかりつけの産婦人科に相談しましょう。

妊娠28週までくれば出産予定日まであと3ヶ月!

妊婦

妊娠後期に入り、出産予定日まで約3ヶ月になりました。「もう3ヶ月しかないのか」と思う人もいれば、「まだ3ヶ月もあるのか」という気持ちになる人もいるかと思います。

しかし、これから産後の準備を進めていると、時間はあっという間に過ぎます。赤ちゃんがお腹にいるのもあとわずかです。赤ちゃんと2人きりの時間を大切にしながら、落ち着いた気持ちで残りのマタニティライフをすごしてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう