中期中絶とは?手術の方法や費用は?妊娠中期は後遺症が残りやすい?

監修医師 産婦人科医 間瀬 徳光
間瀬 徳光 2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 監修記事一覧へ

妊娠12週以降に人工妊娠中絶を行うことを「中期中絶」といいます。妊娠初期に行う中絶に比べて体への負担が大きいのが特徴です。なるべくなら妊娠中期以降の中絶は避けたいものですが、判断するタイミングによっては中絶手術を受けざるをえないこともあります。今回は中期中絶について、手術の流れや方法、費用、後遺症などのほか、初期中絶との違いについてもご説明します。

中絶手術とは?

手術

中絶とは、やむを得ない事情で妊娠の継続が困難になった場合に、医療機関で妊娠を中断することで、正しくは「人工妊娠中絶」といいます。中絶はいつでもどんな理由でもできるというものではなく、母体保護法によって条件や時期などが規定されています。

母体保護法では中絶手術を受けられる条件として、「母体の身体上・経済上の理由で妊娠継続または分娩が困難な場合」と、「暴力または脅迫による妊娠の場合」の2つを挙げています(※1)。

人工妊娠中絶の期限は、妊娠21週6日(妊娠22週未満)で、この期間を過ぎてからの中絶はいかなる理由でも認められていません。

中期中絶とは?

グッズ 勉強 本 虫眼鏡

中絶手術は妊娠12週(妊娠4ヶ月)を境に、「初期中絶」と「中期中絶」に分けられます。つまり、妊娠12週以降〜22週未満までの期間に行う中絶がいわゆる「中期中絶」です。

妊娠12週を過ぎると、胎盤が完成し、赤ちゃんが子宮内である程度成長している状態なので、初期中絶に比べて手術が難しくなります。体への負担も大きく、入院も必要になります。

中期中絶は、死産届と埋葬が必要?

チェック カレンダー 予定

中期中絶は初期中絶同様に特定の医療機関でしか受けられません。手術ができる病院を探しているうちに妊娠週数が進んでしまうと、妊娠22週を過ぎて手術を受けられなくなることがあるので、決断するタイミングに注意が必要です。

初期中絶との違いは手術方法や体への影響もありますが、最も大きなものに「死産届」が必要になることが挙げられます。中期中絶は正式には「人工死産」と呼び、死産届を市区町村役場に提出しなければなりません。これは、妊娠12週以降にお腹の中で赤ちゃんが亡くなってしまった場合も同様です。

そして、埋葬許可証をもらって赤ちゃんを火葬し、最後は霊園に納骨する手続きまでが必要です。赤ちゃんは戸籍に残るわけではありませんが、中期中絶は様々な手続きが必要になることは覚えておいてください。

中期中絶の手術方法は?入院が必要?

病院

妊娠12週を過ぎると赤ちゃんはだいぶ成長しているので、中絶手術の負担も大きくなります。体の状態を調べて安全に手術できるかの判断が必要です。

最初に問診を受け、血液検査や尿検査などを行います。検査で問題がなければ、本人と配偶者(パートナー)の同意をとった上で手術日を決めます。

ただし、配偶者がわからないときや、意思確認ができないときなどは、女性本人の同意だけで手術が行われることがあります(※1)。

妊娠初期の中絶では麻酔をして直接子宮内のものを除去する方法がとられ、多くは日帰りで済みます。しかし、中期手術では胎児が大きくなっており、麻酔をかけて取り除くのが難しくなるので、人工的に分娩させる方法がとられます。

中期中絶の手術の1~2日前に、腟から細い器具を挿入して子宮頸管を広げておきます。そして当日は陣痛誘発剤を投与して人工的に陣痛を誘発させて分娩を行い、その後に子宮内に残った胎盤などを取り除きます(※2)。

中期中絶では、術後の子宮の回復などを経過観察するために、2~3日ほど入院するケースが一般的ですが、病院によって違うので事前に確認しておきましょう。

中期中絶手術の痛みは?出血はあるの?

雨

中期中絶手術では、通常は開いてない子宮口を強制的に開き、陣痛を起こして出産に近い形がとられます。

そのため、子宮口を開く過程や陣痛中、分娩時はやや強い痛みや出血を伴うことが多くあります。また、術後に痛みや出血がしばらく続くこともあります。

中期中絶にかかる費用はいくら?

グッズ お金 お札

中期中絶手術は時間もお金もかかります。病院によっても異なりますが、手術前検査と手術・入院費で30~50万円ほどが目安です。おおよそ、初期中絶の倍以上の費用はかかります。

一般的に妊娠週数が進むほど費用もかさみ、検査が増えたり入院期間が長くなったりすると、手術費以外の諸費用もさらに増えます。

診察時の週数や赤ちゃんの大きさのほか、病院によっても金額は異なるので、必ず手術前に確認してください。

中期中絶のリスクは?後遺症はあるの?

注意

中期中絶に限らず、中絶手術後の合併症として、子宮内感染や骨盤腹膜炎などを起こす恐れがあります(※2)。

また、子宮頸管を広げるときや、胎児を取り出したあと、子宮の中に残った胎盤などを取り除く過程で子宮に傷がつく可能性もあります。子宮に穴が空くと、その向こうにある腸などを傷つけてしまうこともあります(※3)。

そのほか、中絶手術後は不妊症や次回の妊娠での流産・早産、癒着胎盤などのリスクが高まる恐れもあります。

また、身体的な影響だけでなく、精神的なストレスがかかることもありえます。術後に何か不安があったり、本人の様子について家族が気になることがあれば、カウンセリングなどのケアを受けることをおすすめします。

中期中絶を受けるかどうかは一人で悩まないで

医者 相談 問診 診察 検診

中期中絶は体への負担が大きいだけではなく、死亡届の提出や埋葬などの手続きも必要になります。また、中絶を選択した理由が何であれ、精神的なストレスが伴うこともあるかもしれません。

そのため、中期中絶を受ける前も受けた後も、自分一人で抱え込まないようにしてください。まずは、病院を受診して医師に相談したり、信頼のおける家族などに話してみたりしましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう