妊娠中期以降の服装はどうする?選び方のポイント、着回しなどまとめ

子供を授かったママの体は、胎児の成長に合わせて、日を追うごとに変化していきます。妊娠中の体型の変化でこれまで着ていた服が入らなくなるなんてことも。そのため妊婦さんのなかには、マタニティウェアという、妊娠中の時期ならではの服を購入する人もいます。妊娠中しか着られないとなると、慎重に選びたいですよね。そこで今回は、妊娠中の服装の賢い選び方をご紹介します。

妊娠中の服装は、いつからどんなものを着る?

お腹 妊婦 妊娠 クエスチョン はてな ?

妊娠すると、母体にはさまざまな変化が現れます。妊娠初期は、まだお腹は出ていないものの、つわりなどの不快症状で洋服の締めつけを苦しく感じる人もいます。また、生まれてくる赤ちゃんのためにバストも大きくなり始め、張りを感じることも。

妊娠中期以降になると、引き続きバストが大きくなるほか、お腹もどんどん大きくなってきて、今まで着ていた服がほとんど着られなくなってきます。

しかし、腕や足などその他部位のサイズにあまり変化はなく、肥満とは違う独特の体型になります。そこで必要になってくるのが「マタニティウェア」という、妊婦さん専用の服です。

妊娠中に専用の洋服を着る一番の目的は、お腹の締めつけをなくすことです。お腹が大きくなるペースには個人差があるため、マタニティウェアが必要になる時期も人それぞれです。

一般的にはお腹が目立ってきたなと感じる妊娠4~5ヶ月頃から着始める人が多いようですが、妊娠中に自分自身でいつもの服装を「苦しいな」と感じたときがマタニティウェアの揃えどきです。

しかし、初めての妊娠だと、どんなふうにマタニティウェアを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで次の章からは、妊娠中の服装の上手な選び方を、アイテムごとに紹介していきます。

妊娠中の服装の選び方:トップス編(Tシャツ・カットソーなど)

グッズ 洋服 ハンガー おしゃれ

妊娠中の服装のなかでもトップスは、お腹周りがゆったりしていて、丈が通常のものより長めに作られているものを選びましょう。

多くのマタニティウェアは、これらが考慮されたデザインになっています。ゴムやボタンで腹囲を調節できるものや、布地がパーツ分けされていて、取り外して腹囲を調節できるものもありますよ。

また、授乳口がついているものを選ぶと、妊娠中だけでなく産後の服としても継続して使い続けられます。

妊娠中の服装の選び方:ボトムス編(パンツ・スカートなど)

スカート 女性 日本人 5085365

妊娠中、一番大きく変化する体のパーツはやっぱりお腹。妊婦さんのお腹が日に日にせり出してくると、一番影響を受けるのはスカートやズボンなどのボトムス系です。どんな妊婦さんでもマタニティ用のボトムスは1本持っているといっても過言ではないほど、あると便利なアイテムです。

妊娠中に履くボトムスは、腰回りにゴムやニットといった伸縮性の高い素材が使用されているものがいいでしょう。このような素材だと、大きくなっていくママのお腹にもフィットしてくれますよ。

「まだ大丈夫」と無理に妊娠前の服装を継続していると、締めつけにより血流を妨げてしまい、赤ちゃんの成長にも影響を及ぼしてしまう危険性があるので、注意してください。

妊娠中の服装の選び方:マタニティ下着・インナー編

グッズ クッキー おやつ 下着 パンツ ショーツ お尻

妊娠したら、服だけでなくマタニティ下着やインナーが必要になってきます。妊娠中はホルモンの影響で肌のコンディションが傾きやすい時期なので、素材の良いものを選ぶようにしましょう。妊娠中に必要なインナーは、下記の3種類です。

● マタニティブラ
● マタニティキャミソール
● マタニティショーツ

妊娠中に着用するマタニティブラやキャミソールは、乳腺の発達への影響を考えて、ゆったりとしていて締めつけが少ないようにデザインされています。

また、授乳がしやすいように工夫されているものが多いので、妊娠中だけでなく産後まで長く使えるように、きちんと機能もチェックして選びたいですね。

ショーツには、深い股上で腹部をゆったり包みこむタイプと、大きなお腹に影響しないローライズタイプの2種類があります。腹部を包み込むタイプはお腹を冷えから守ってくれる効果もあるのでおすすめです。

妊娠中の服装の選び方:レギンス・スパッツ・ストッキング・タイツ編

タイツ カラフル ストッキング

妊娠中の時期が秋冬に重なる妊婦さんには、服だけでなく、タイツやストッキングも妊婦用のものがあると便利ですね。

マタニティ用のストッキングやレギンス、スパッツなどは、レッグ部分は通常のサイズでありながら、大きなお腹でも楽に着用できるよう、腹部の前後にゆったりとしたマチが入っています。足は冷えやすい部位なので、夏でも冷房のきいた室内で過ごすときに重宝しますよ。

また着圧効果のあるものは、妊娠中のむくみやすい足を程よくサポートしてくれるのでおすすめです。

妊娠中の服装の選び方:シューズ編

スニーカー スカート 女性 24624164

妊娠がわかったら、すぐにヒールの高い靴や不安定な靴を履くのをやめましょう。妊娠中、お腹が大きくなると特に転倒しやすくなり、トラブルを引き起こしかねません。

妊娠中の足元は、スニーカーやスリッポンなどの安定度の高いものがベストです。通勤などのオフィシャルな場では服装に合わせて、バレエシューズやローファー、ヒールのないパンプスなどがおすすめですよ。夏なら、ローヒールで歩きやすいサンダル、冬なら安定性の高いブーツもいいですね。

妊娠中に妊娠前の服をうまく活用する方法

妊婦 胎動 お腹 4329225_m

ここまでで紹介してきたマタニティウェア以外に、妊娠前から着ていた服を、妊娠中も上手に活用する妊婦さんも多くいます。ここでは、着まわししやすいアイテムをご紹介します。

ワンピース、ジャンパースカート、チュニック

ワンピース類は、あえて妊娠中に新しいものを買わなくても、妊娠前から持っているもので間に合わせやすいアイテムです。

妊婦さん用のワンピース類は、腕周りや肩周りが普段のものと比べてゆったりしていて、お腹周りの締めつけがないものが多いです。妊娠前から着ていたものにそのようなデザインのものがあれば、着回せるかもしれませんよ。

ゆったりめのトップス、シャツ、カーディガン、パーカー

ロング丈のゆったりめのカットソーやTシャツも、妊娠中のお腹を覆うことができる便利な洋服。カーディガンやパーカー同様、シャツも前を開けてワンピースなどの上から羽織って使うことができますね。

アウター(ジャケット/コート)

マタニティ用のアウターも販売されていますが、購入せずに、普段から使っているものを妊娠中も活用している妊婦さんが多いようです。

ただし、ママコート(赤ちゃんを抱っこやおんぶした上から着用できるコート)と兼用できるものもあるので、産後も長く使いたい場合には、ママコートが1着あると便利かもしれません。

妊娠中の服装は賢く選ぼう!

女性は、どんなときでも自分の好きな服を着ていると元気になれるもの。妊娠中だって洋服選びは楽しいですよね。

ママが少しでも楽しい生活を送っているなら、お腹の赤ちゃんもうれしい気持ちになってくれるはずですよ。必要に応じて洋服を買い足していきながら、今しかできないファッションを楽しんでくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう