キュボロとは?種類や特徴は?スタンダードセットなどおすすめ11選

「ピタゴラスイッチ」のようなからくり装置を作れる人気のおもちゃといえば、「クーゲルバーン」や「スカリーノ」を連想する人も多いかもしれません。

それらと少し似ているおもちゃに「キュボロ」というものがあります。ビー玉がきちんと転がるようにコースを組み立てるのがなかなか難しいですが、はまるとクセになる楽しさですよ。

今回は、キュボロの特徴と人気のおすすめ商品を11点ご紹介します。

キュボロってどんなおもちゃ?

子供 男の子 疑問 謎

キュボロはスイス生まれのキュボロ社が製造しています。溝や穴が彫られた5cm角の立方体パーツを組み合わせて、上から落としたビー玉が下まで転がり落ちる道を作って遊ぶおもちゃです。

パーツに使われているのは、環境に配慮して生産管理された、スイスの天然ブナ材。精密に加工されたキュボロは、その品質の高さから大人にも愛好者が多いことで知られています。

キュボロの特徴は?

はてな クエスチョン 疑問

とにかく頭を使う

キュボロのブロックは、ビー玉が転がる溝が掘られているものと、ビー玉を下に落とすために穴が開いているものの、大きく2種類にわけられます。

溝が掘られているブロックは、基本的に傾斜がついておらず、平行なのが特徴です。定期的に穴が開いているブロックを置いてビー玉を下に落とさないと、なかなかスピードが出ず、途中で止まってしまうこともあります。

ただビー玉が転がる道を作るだけでなく、スピードをいかに維持するかや、どこでビー玉を落とすかなど、考えるべきポイントが多いのが他のおもちゃにはない特徴のひとつです。

空間認識能力が身に付く

穴の空いたブロックを組み合わわせると、表からは見えない道を作ることができます。立方体のなかをビー玉がどう動くのかを予想して道を作る必要があり、子供の空間認識能力や集中力、論理的思考力も身に付きそうですね。

自分の作った道を通って、ゴールの穴からビー玉が無事に出てきたときには、大きな達成感を得ることができますよ。

クゴリーノはキュボロと違うの?

天秤 メジャー 重量 重さ

クゴリーノもキュボロと同じ、キュボロ社が作っているおもちゃです。ビー玉もブロックもキュボロと全く同じサイズですが、キューブ状のパーツの他に、長いレールパーツやカラフルなパーツなどが入っている点が異なります。

キュボロよりとっかかりやすく、積み木感覚で道を作ることができます。3歳頃から楽しく遊べるように設計されているので、キュボロの導入にもおすすめです。

キュボロ・クゴリーノは今入手困難?

売り切れ

キュボロとクゴリーノは現在人気沸騰中で、在庫切れが相次いでいます。また、その影響で価格の変動が大きいのも事実です。amazonや楽天市場などのネット通販では、予約販売をしていることも。確実に手に入れたい場合は、予約販売に申し込んでおきましょう。

Cuboro(キュボロ)の入門編・クゴリーノ

1. キュボロ クゴリーノ

キュボロの入門セットとして知られる、「クゴリーノ」。基本の立方体パーツだけでなく、溝のついたレールや色つきのパーツも入っているので、ビー玉を転がす道の組み立てイメージがしやすいですよ。

玉が転がる道を作るのが難しい子供は、積み木遊びから始めてみてもいいかもしれませんね。

セット内容
パーツ:19種37個、ビー玉:6個
対象年齢
3歳~

Cuboro(キュボロ)入門編・クゴリーノの追加セット

2. キュボロ クゴリーノ ポップ

要出典 キュボロ キュボロ クゴリーノ ポップ

クゴリーノの追加セットのひとつ「ポップ」は、その名の通りビー玉が軽快に飛び跳ねる様子が見ていてとても楽しいですよ。いくつかの立方体パーツに黒いゴムが張られていて、転がり落ちてきたビー玉がポン!とバウンドするという仕掛けです。

どこまで飛ぶかを考えてパーツを配置するのに頭を使いそうですね。キュボロやクゴリーノに新たな動きを加えたいときにおすすめです。

セット内容
パーツ:7種13個、ビー玉:6個
対象年齢
3歳~

3. キュボロ クゴリーノ ヒット

キュボロ・クゴリーノの基本的な遊び方は、「上から落としたビー玉が転がり落ちる」というものですが、こちらの「ヒット」を追加することで、「ビー玉が勢いよく坂を登る」という、いつもとは逆の動きを楽しむことができますよ。

玉が転がる坂の角度を考えたり、転がった玉が飛び出ないようなコースを作ったりと、イレギュラーなパーツが増えることで考えるべき要素も一気にアップします。追加パーツとして良いスパイスになりそうですね。

セット内容
パーツ:16種16個、ビー玉:6個

4. キュボロ クゴリーノ マジック

要出典 キュボロ クゴリーノマジック

こちらは商品名の通り、まるで「マジック」のような仕掛け。ネジを使っていないのに、パーツ同士を繋げて橋を作ることができます。その秘密は、レールやブロックに埋め込まれた磁石。

普段はブロックを下から積みあげないと高さを出すことができませんが、こちらのセットがあれば宙に浮いた道を簡単に作れますよ。友達と遊ぶときにこの「マジック」を持っていれば、ちょっとした人気者になれるかもしれませんね。

セット内容
パーツ:7種10個、ビー玉:6個
対象年齢
3歳~

Cuboro(キュボロ)の基本セット

5. キュボロ ベーシス

要出典 キュボロ ベーシス

キュボロ入門編のクゴリーノと並んで、基本セットとしてよく選ばれているのが、こちらの「ベーシス」です。まずは、付属の説明書を見ながら塔を組み立ててみると、キュボロの基本構造を掴めますよ。

土台部分のパーツ数は多くないので、他のセットを買い足して遊んでみてくださいね。

セット内容
パーツ:12種30個、ビー玉:5個
対象年齢
5歳~

6. キュボロ スタンダード

要出典 キュボロ スタンダード

「キュボロスタンダード」は、54個の立方体パーツが入った大容量のセット。初心者でもこれ1箱でキュボロの醍醐味を充分味わえますよ。

パーツの種類も12パターンと豊富なので、組み替え次第で作れる道の数は無限大。「親子で楽しく遊んでいる」という口コミも多い、人気商品です。

セット内容
パーツ:12種54個、ビー玉:5個
対象年齢
5歳~

Cuboro(キュボロ)の追加セット

7. キュボロ ムルティ(マルチ)

要出典 キュボロ ムルティ

「ムルティ」のセットには、キュボロの「スタンダード」には入っていない方向転換パーツが含まれています。なかでも目玉は、「No.29」と呼ばれるパーツです。

通常、キュボロで作れるのは一本道ですが、こちらのパーツは内部が分岐トンネルになっているので、二手に分かれるコースを作ることができますよ。転がってきたビー玉が左右どちらから出てくるか、毎回ワクワクしますね。

セット内容
パーツ:12種24個、ビー玉:3個
対象年齢
6歳~

8. キュボロ デュオ

要出典 キュボロ デュオ 出典: www.andchild.jp

「デュオ」の特徴は、溝やトンネルが2列になった特殊パーツが豊富に入っていること。2個のビー玉を同時に転がして競争させたり、うまくほかのパーツとつなげてUターンさせたりしても楽しいですね。

コースを考えるのが少し難しいので、基本セットで慣れてきた子供の追加セットとして選ぶのがおすすめです。

セット内容
パーツ:17種24個、ビー玉:3個
対象年齢
6歳~

9. キュボロ プロフィ

要出典 キュボロ キュボロ プロフィ 出典: www.andchild.jp

「プロフィ」には、「スタンダード」や「ベーシス」に入っている基本パーツのほか、カーブしたトンネルと溝が組み合わさった特殊パーツなどがセットになっています。これによって、より複雑なコースを作ることができるようになるので、キュボロの基本的な組み立てにはすっかり慣れたという上級者におすすめですよ。

コース全体を「頭の中で図形にする力」も必要になってくるので、数学的思考力を鍛えるにはうってつけです。

セット内容
パーツ:14種24個、ビー玉:3個
対象年齢
7歳~

10. キュボロ メトロ

要出典 キュボロ キュボロ メトロ 出典: www.andchild.jp

キュボロメトロを使うと、ビー玉がブロックのなかを通り、トンネルをくぐっていくような転がし方ができます。基本セットに入っているブロックは下方向に穴がカーブしていますが、このメトロは水平方向のカーブなので、トンネル内をぐるぐる回るようなコースを作れますよ。

加速パーツこそ入っていないものの、見えないコースを想像して作るので、出口からビー玉が出てきたときの達成感は大きそうですね。

セット内容
パーツ:13種24個、ビー玉:3個
対象年齢
6歳~

キュボロを利用したゲームもおすすめ

11. キュボロ トリッキーウェイ ファサール

要出典 キュボロ トリッキーウェイ ファサール

こちらは少し上級編のキュボロのおもちゃです。ビー玉の通る溝がゴールにつながるように、ゲーム板中央のパーツを並べ替えます。通過したパーツ数が得点になるので、できるだけ長い道になるよう工夫するのがポイントですよ。

時間制限を設けたり、パーツを動かせる回数を決めたりと、アイデア次第で遊び方は広がります。トウモロコシを主とした穀物資源や、木材などを混ぜ込んだファサールと呼ばれる素材を使っていて、エコな点もポイント。

セット内容
ゲーム板×1枚、ブロック×9、ビー玉×15、カップ×4、ペグ×4、パーツポジション表、日本語説明書
対象年齢
6歳~

Amazonでキュボロを探す

楽天市場でキュボロを探す

キュボロで楽しく脳トレをしよう

作った道にビー玉を転がす単純な遊びながら、子供から大人まで夢中になるキュボロ。穴の方向を想像する力やビー玉の動きを予想する力が必要で、遊びを通して様々な能力を伸ばせるのが人気の理由かもしれませんね。

下記には、キュボロと同じように「玉の道」のおもちゃとして知られる、クーゲルバーンやスカリーノを紹介しています。それぞれ少しずつ異なるので、特徴を見て子供が楽しく遊べそうなおもちゃを選んであげてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう