5歳児でも反抗期があるの?男の子と女の子別の対処法は?

5歳になると、自分ひとりでできることが随分と増え、子供の成長に感動することもよくありますよね。しかし一方で反抗的な態度をとられると、その威力に驚かされることも。それではこの5歳児の反抗期には、どう対応したらいいのでしょうか?また男の子と女の子で反抗の仕方に違いはあるのでしょうか?今回は、多くのパパ・ママが手を焼く5歳児の反抗期についてまとめました。

5歳児にも反抗期があるの?なぜ起きる?

五歳 反抗期 口答え 虫 叱る

反抗期とは、成長の過程において否定的・反抗的態度が強くなる期間のことです。反抗期には大きく2つあり、1つは2~3歳ごろの第一次反抗期(イヤイヤ期)、もう1つは思春期に起こる第二次反抗期があるといわれています。なかには5歳から小学生ごろに起こる反抗期もあり、2つの反抗期の中間にあたることから「中間反抗期」とも呼ばれています。

なぜ中間反抗期が起こるかというと、親から自立したいという心の成長がこの時期に始まるからです。しかし他の時期の反抗期もこの自立心の芽生えが原因となっており、その違いはただ単にいつ心の成長が進行するかです。つまり5歳児の反抗期をなかなか聞かないからといって、「何かおかしいのかな」と心配する必要はありません。時期がいつであろうと子供が順調に成長している素晴らしい証なのです。

5歳児の反抗期にはどう対応したらいい?

答え 対策 解決

5歳になると言語能力も発達し、自分の意思をほとんど問題なく伝えられるようになります。しかしその反面、口答えも達者になってしまい、思わぬ言葉に親が傷ついてしまうことも。また身体能力も高まり、反抗の手段として暴力を使い始めるというのも5歳児の反抗期の特徴です。

そしてこの反抗期の対応として、やってはいけないのが「暴力」「物でつる」「怒鳴りつける」です。なぜなら暴力で教育された子は、なんでも暴力で解決するようになり、物でつられて教育された子は、見返りがないと何もしなくなり、怒鳴りつけられて教育された子は、周りの目ばかり気にして自分の気持ちを言えなくなる可能性があるからです。

それでは5歳児の反抗期には、どう対応すればいいのでしょうか?ここでは、3つのおすすめの方法をご紹介したいと思います。

あえて反対のことを言う

親から言われたことと反対のことをしたがる反抗期の特徴を上手く利用します。そう、子供にしてほしいことと逆のことをあえて言うのです。例えば子供に歯磨きしてもらいたかったら、「歯磨きはしちゃだめだよ!」「歯磨きはしないでしょ?」と言うと、「イヤ、する!」と意地を張って歯磨きをしてくれます。

まさに逆転の発想ですね。しかしするべきことをしてはいけないと言い続けると、子供が「それは本当にしてはいけない悪いものなんだ」と思い込んでしまうことがあるので、この対応法はいざという時にだけ使うようにしましょう。

してはいけない理由を説明してあげる

子供がしてはいけないことをしたときは、なぜそれをしてはいけないのかを説明してあげてください。そこでイライラしてしまい、「もう絶対にやっちゃダメだからね!」と理由も説明せずに怒ってしまうと、子供はなぜそれをしてはいけないのかを理解できないままになってしまいます。

そうすると次に同じようなことをして親に怒られたときに、「また理由もなく怒ってるよ」と不信感を抱きかねません。子供に社会のルールを教えるためにも、叱るときはその理由も説明してあげてください。

良いところを見つけて積極的に褒める

反抗期では叱ってばかりになりがちですが、子供の自尊心を高めるためにも積極的に褒めることを心がけましょう。お友達を叩かずにちゃんと「○○して」と言葉で伝えられた、自分で歯磨きできた、ご飯前におやつを我慢できた…などなど、どんな小さなことでもかまいません。たっぷり褒めてあげましょう。

子供の自尊心を高めることで「自分をきちんと見てくれている」「自分は愛されている」と実感させることができ、反抗心もやわらげることができますよ。

5歳児の反抗期には男の子と女の子で違いはある?

男の子 女の子 兄弟 姉妹 男女

5歳の反抗期には、男の子と女の子でほとんど違いはありません。あえて挙げるとすれば、男の子の場合は殴る・蹴る・ものを投げるなど暴力的に反抗することがあり、女の子の場合は男の子ほど暴力をふるうことはありませんが、口が達者で、パパ・ママを精神的に疲れさせてしまうことがあります。

子供の性別から反抗期の原因や対応方法を考えるのももちろん大事ですが、子供自身の個性を見てあげるのも忘れないようにしてください。「男の子・女の子だから~をして反抗するのかな」と性別の特徴をもとにして考えるより、その子供の環境や性格に焦点をあてて反抗期の乗り越え方を考えましょう。

反抗期のときは、特に愛情を形にして伝えてあげて

女性 子供 笑顔 夕日 ハグ

子供の反抗がエスカレートし「パパ・ママ大っ嫌い!」なんて言われると、ついついカッとなってしまいますよね。でもそんな言葉は、きっと本心ではありません。子供もイライラしてつい発してしまっただけ、ということがほとんどです。そんなときは一呼吸おいて「そんなことを言われると悲しいよ」と伝えましょう。きちんとパパ・ママの気持ちや考えを伝えて、寝る前や入浴時などにはギュッと抱きしめたり、「大好きだよ」と言葉で伝えたりして、愛されていることを子供に常に実感させてあげてください。この親からの愛情が子供の心の支えとなり、その後の心身の成長をより良く促してくれるはずですよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう