赤ちゃんの洋服の素材と種類まとめ。どんなものがあるの?

妊娠中、生まれてくる赤ちゃんのためにと洋服を買いに行って、その種類の多さに驚いたというママも多いのではないでしょうか?

肌も感覚もデリケートな赤ちゃんだからこそ、適切な洋服を着せてあげたいですよね。今回は、赤ちゃんの洋服の種類と選び方をご紹介します。

赤ちゃんの洋服はどんな素材がいいの?

赤ちゃん 洗濯

赤ちゃんの洋服は生地の種類も様々。季節に合わせて変えていくようにしましょう。赤ちゃんによって好みも違うので、お気に入りの素材を見つけてくださいね。

フライス

リブ編みの木綿生地である「フライス」は、赤ちゃん洋服の定番。1年を通して使いやすい素材です。肌触りが良く、伸縮性・吸湿性も抜群ですよ。

天竺

「天竺」は平編みの木綿生地。大人の服でも天竺生地の服は多いので、イメージしやすいのではないでしょうか。
フライスより少し薄めの生地で、風を通しすぐに乾くのが特徴。春や夏など汗をかきやすい季節におすすめです。

ガーゼ

その名の通り、ガーゼが素材となった生地は、さらさらした肌触りと乾きやすさが特徴。あまり暑さを感じにくいうえに洗濯してもすぐに乾くので、夏場に大活躍します。

パイル

厚手のタオル生地である「パイル」は、あたたかく、冬場に重宝します。繊維に赤ちゃんの爪が引っ掛かってけがをしてしまうこともあるため、赤ちゃんの爪のケアは欠かさないようにしましょうね。

スムース

「スムース」も、冬場におすすめの素材。パイルより生地が薄いですが、比較的厚めの生地です。リブ編みで丈夫なのも特徴ですよ。

シルク

シルクは、肌にとても優しい素材です。なめらかな肌触りはもちろんですが、吸湿、放湿性にすぐれ、一年を通して使えます。プライスは高めですが、デリケートな赤ちゃんの肌にこそおすすめしたい素材です。

赤ちゃんの洋服にはどんな種類があるの?

1. 赤ちゃんの洋服:短肌着

赤ちゃん ママ 肌着

体の前で紐を結ぶタイプで、丈が短く生地が薄めの洋服です。夏場はさらりと着ることができ、冬場はあたたかく感じるため、1年中重宝しますよ。
洗い替え用に4~5枚は持っておきたい、新生児の必須アイテムです。

楽天市場で短肌着を探す

2. 赤ちゃんの洋服:長肌着

赤ちゃん 洋服 前掛け スタイ 離乳食 食事

短肌着に比べて丈が長いのが長肌着です。
寝返りができず、自分で体を動かさない時期は長肌着が活躍しますが、動きが増えたり寝返りを打ったりするようになると、裾が邪魔になってしまいます。長くて生後3ヶ月目あたりまでしか使わないので、短肌着より少なめの2~3枚用意しておけばよいでしょう。

楽天市場で長肌着を探す

3. 赤ちゃんの洋服:コンビ肌着

赤ちゃん ぬいぐるみ 寝てる

長肌着と短肌着はワンピースのような筒状ですが、コンビ肌着は裾が2つに分かれているのが特徴です。
長肌着を着ると足の動きではだけてしまうので、長肌着を買わずに最初からコンビ肌着をそろえるというママもいますよ。

楽天市場でコンビ肌着を探す

4. 赤ちゃんの洋服:ロンパース・ボディスーツ

赤ちゃん 歩く つかまり歩き

コンビ肌着は足元をゆるくボタンで留めるものですが、ロンパースやボディスーツは足の付け根でしっかりボタンを留めます。
活発な動きにも適したデザインなので、赤ちゃんが大きくなっても着せ続けることができますよ。

楽天市場でロンパースを探す

5. 赤ちゃんの洋服:カバーオール

赤ちゃん カバーオール ボディスーツ ボーダー

ロンパースやボディスーツと似た形状ですが、足先までしっかりと覆ってくれるのがカバーオール。洋服がめくり上がることなく、足も動かしやすいですよ。

楽天市場でカバーオールを探す

赤ちゃんの洋服は種類や素材で選ぼう

最初のうちはどの洋服を着せていいかわからないことも多いと思いますが、赤ちゃんの機嫌や顔色など、様子をみながら好みのものを見つけていきましょう。

下記の記事には、着回しやすくておすすめのロンパースを紹介しています。「もっと赤ちゃんの洋服をみたい!」というママは、ぜひ参考にしてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう