ベビーカー用保冷シートで赤ちゃんの汗だく回避!人気アイテム10選

暑い夏の日、ベビーカーに座っている赤ちゃんは大人よりも路面に近く、地面からの照り返しを強く浴びることになります。対策を怠ると熱中症になってしまうことも。そんなときには、ベビーカー用の保冷シートを使うのがおすすめです。

今回は、ベビーカー用保冷シートの選び方と、おすすめ商品10点をご紹介します。

ベビーカー内の温度は、予想以上に高い

赤ちゃん 夏 ベビーカー

環境省の調査によると、地表面から50cmのところと150cmのところでは、地面に近い方の気温が平均して0.1~0.3℃高いという結果が出ています。風が弱く日差しが強いときは、2℃もの差が出たケースも(※1)。

この調査からもわかるように、地表から近いベビーカー内の温度は、大人が感じているよりかなり高くなっています。赤ちゃんが熱中症にならないよう、保冷シートなどの暑さ軽減グッズを使って、しっかり夏のお出かけ対策を行いましょう。

ベビーカー用保冷シートの種類と選び方は?

赤ちゃん ベビーカー 日よけ 眩しい

ベビーカー用の保冷シートには、保冷剤やジェルなどを冷やして使うタイプと、シート自体がひんやりとしていて冷やしてくれるタイプがあります。

保冷剤を使うタイプ

ベビーカーや抱っこひもなど、様々な用途で使いたい場合は保冷剤やジェルを冷やして使うタイプがおすすめです。

シート自体がひんやりするタイプ

保冷剤を冷やす手間が面倒に感じるママは、シート自体が冷たくなるタイプがおすすめです。なかには冬場に保温シートとして使えるタイプや、自転車でも使えるタイプも。使う頻度やシチュエーションに合わせて選んでくださいね。

また、使用中のベビーカーに取り付けができるかどうか、確認するのも忘れずに。

保冷剤を入れて使うベビーカー用保冷シート

1. ドラコ ベビーカーシート 保冷ジェル付き パイルシート

要出典 ベビーカー 保冷シート ドラコ 保冷ジェル付き パイルシート

助産師とデザイナーの夫婦が生み出した保冷シートです。現役ママの声を反映して、毎年改良を続けていますよ。

冷えすぎないように量にこだわった保冷ジェル、一部分のみを冷やしすぎないように4ヶ所に設けられたポケット、赤ちゃんの成長を考えた長めのサイズ感といったこだわりのデザインです。チャイルドシートや自転車で使えるのも嬉しいポイントですね。

税込価格
5,616円
セット内容
シート、保冷ジェルS×3 、保冷ジェルM

2. ベビーホッパー ベビーキャリア&ベビーカー兼用保冷・保温シート

要出典 ベビーカー 保冷シート BABYHOPPER ベビーキャリア

ドットや星のシンプルなデザインが優しい印象の保冷シートです。冷凍庫で冷やした保冷ジェルをシートに入れ、ひもを結んで固定するタイプなので、ベビーカーにはもちろん、抱っこ紐にも装着することができますよ。ベビーカーより抱っこ紐派というママにも嬉しいですよね。

持ち運びに便利なコンパクトサイズで、予備用として持っておいても安心。車の中や外出先で、暑いかなと思ったときにいつでも使えます。

税込価格
1,726円~
セット内容
シート、保冷ジェル×2

3. ベビーカー 保冷保温シート ひえぽかサポートクッション

ベルニコ ひえぽか

夏らしいマリン風デザインが可愛い、ジェルを入れるタイプの保冷シートです。ジェルは、夏場は冷凍して保冷剤に、冬はお湯であたためて保温材にと、1年中活躍します。

ポケット内側にはアルミシートを装着していて、結露した水滴やお湯が赤ちゃんの体に垂れてしまう心配もありません。涼しさを保つことはもちろん、快適に過ごせる工夫が嬉しいですね。

税込価格
1,850円〜
セット内容
シート、保冷・保温剤×2個

4. 丹平製薬 カンガルーの保冷・保温やわらかシート

夏の保冷はもちろん、冬は保温シートとしても使える保冷シートです。専用カバーにジェル袋を入れる仕様で、赤ちゃんの背中や後頭部付近を夏は28度以下、冬は35度前後に、5時間保ち続けますよ。

特殊なジェルは夏は冷凍庫で冷やし、冬はレンジで温めることで、何度でも繰り返し使えます。カバーにはパイル地が使用されていて、吸水性が高くてさらっとした肌触り。保冷シートを使う前に保冷剤を少し柔らかくしておくのがおすすめです。

税込価格
2,610円
セット内容
本体、ジェル袋×2

5. バディバディ ココジェルバギー 保冷・保温シート

要出典 ベビーカー 保冷シート バディバディ ココジェル バギー 保冷・保温シート

抱っこ紐メーカー、ラッキー工業が手がける保冷・保温シートです。付属の日本製ジェルは冷凍しても柔らかく、心地良く赤ちゃんの体を冷やします。

やさしい色合いに浮かぶ、くじら柄がなんともキュート。抱っこ紐にも使うことができ、保冷・保温ができるので、1年を通して重宝します。ジェルは2重フィルム構造&耐荷重80kg。タフに使っても安心ですね。

税込価格
2,430円
セット内容
シート、ジェル袋×3

6. サンデシカ ふわふわ6重ガーゼ ベビーカーシート

要出典 ベビーカー 保冷シート サンデシカ ふわふわ6重ガーゼ ベビーカーシート

優しい羊や洋ナシ、ボーダーデザインなど、派手過ぎず地味過ぎない6種類から選べる、サンデシカの保冷シート。6重織りのガーゼ素材を使用していて、気兼ねなく洗濯することができ、洗うほどに空気を包み込んでふんわりと仕上がります。

赤ちゃんのデリケートな肌に優しく、扱いやすいのがうれしいですね。暑い時期にはポケットに別売りの保冷剤を入れて、それ以外の時期はベビーカーシートとしてオールシーズン使えますよ。

税込価格
2,716円~

7. 日本エイテックス ひんやりカドリー ベビーカーシート

要出典 ベビーカー 保冷シート 日本エイテックス ひんやりカドリー ベビーカーシート

吸水性と速乾性に優れたダブルガーゼ素材を表地に、裏側は通気性に優れたハニカム素材を使用して、ベビーカーの赤ちゃんをクールに保つベビーカーシートです。

専用のジェルパッドは、新開発の「冷感持続技術」を採用し、冷やしておかなくても常温で効果を発揮する優れもの。ぬるくなった場合でも、10〜15分冷蔵庫に入れておくだけですぐに使えるので、冷やし忘れてしまった場合も安心です。

税込価格
3,032円~
セット内容
本体、冷媒パッド

8. ランデブー 夏はひんやり 冬はあったか 6重ガーゼシート

柔らかな6重のガーゼ素材が優しい、保冷・保温のできるベビーカーシートです。化学繊維でなく、綿100%のガーゼ素材なので、肌が敏感な赤ちゃんでも安心ですね。

熱がこもりやすい頭や首の部分に冷却ジェルがフィットし、夏のお出かけでも赤ちゃんの体温が上がるのを防いでくれますよ。ポケットは4箇所あるので、冷やしたい場所に入れることができるのも嬉しいポイントです。

税込価格
2,835円
セット内容
本体、ひんやりジェル×3

ひんやり素材のベビーカー用保冷シート

9. クール・ミー ベビーカー用さらさらシート

要出典 ベビーカー 保冷シート クール・ミー ベビーカー用ひんやりシート 出典: www.meenobabies.com

クール・ミーの「ひんやりシート」は、ひんやりした肌触りが嬉しい涼感素材で作った商品です。メッシュ、断熱材、メッシュという3層構造が空気を循環させ、汗や湿気をうまく逃がしてくれますよ。

風の通りが良くなることで、背中やお尻が蒸れにくく、赤ちゃんの体温上昇を防ぎます。クッション性も高いので、ベビーカー専用のクッションとして夏場以外にも使うことができますよ。

税込価格
3,780円~

10. リトルプリンセス クール&ドライ エアーメッシュパッド

要出典 ベビーカー 保冷シート リトルプリンセス クール&ドライ エアーメッシュパッド

シャワーの水をそのまま通すほどの通気性を誇る、3D構造「Breathing Fabric」製のメッシュパッドです。汗を逃しながら、速乾して蒸れ知らず。

耐久性に優れていて繰り返し洗えるので、いつでも清潔に使えますよ。汗かきな赤ちゃんでも、ベビーカーやチャイルドシートで快適に過ごすことができそうですね。

税込価格
3,780円

楽天市場でベビーカーの保冷シートを探す

Amazonでベビーカーの保冷シートを探す

ベビーカーの保冷シートを使って快適にお出かけしよう!

暑い夏、赤ちゃんのベビーカーでのお出かけを快適にしてくれるベビーカーの保冷シート。体温調節がまだ上手ではない赤ちゃんのために、積極的に使いたいアイテムです。丸洗いできるものも多く色柄や種類も豊富なので、ベビーカーにあわせて使いやすい保冷シートを見つけてくださいね。

以下の記事では、ベビーカーの暑さ対策グッズを紹介しています。あわせて参考にしてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

※参考文献を表示する

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう