赤ちゃんの手形・足型の取り方は?インクで取る方法は?

子供の成長の記録として、赤ちゃんの手形や足型を残すママは多いですよね。数年後にあらためて見ると、「こんなに小さかったんだ」「ずいぶんと大きくなったな」と、子供の成長の喜びを感じることができます。今回は、赤ちゃんの手形・足型について、インクや粘土での取り方、取る時期やコツをご紹介します。

赤ちゃんの手形・足型とは?

新生児 足 手

赤ちゃんの手形・足型とは、生まれて間もない時期や生後6ヶ月、1歳の誕生日といった成長の節目に、赤ちゃんの手と足の形を取って記録に残すものです。

生まれてから1歳までの間に赤ちゃんはぐんぐん成長するので、手足の大きさや形の変化を残すことは成長の記録となります。赤ちゃんのときだけでなく、幼児期や小学生になっても取り続けると、子供が大きくなったときに成長を振り返ることができますね。

へその緒や乳歯を残す、赤ちゃん筆を作るといったように、子供の成長を記録として残す方法はたくさんありますが、手形・足型は、そのときそのときの体の大きさが一目でわかり、自宅で手軽に取ることができるので、おすすめですよ。

赤ちゃんの手形・足型はインクを使って取るの?

女性 疑問 クエスチョン はてな

赤ちゃんの手形・足型は、インクを手足に塗って紙に押す方法と、粘土に手足を押し付けて形を取る方法があります。

インクをつかった手形・足型の取り方

赤ちゃんの手や足にインクを塗り、紙やメモリアルブックにスタンプする要領で押します。手足についた塗料をすぐに拭き取れるように、おしぼりやおしりふきを用意しておきましょう。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、塗料が刺激となってかぶれてしまうことも。取り終わったらすぐに洗い流してあげてください。

インクには、手足をそのままスタンプ台の上に乗せられる大型版のインクや、透明な発色液を手足に塗って専用の用紙に押すものといったように、様々な種類があります。赤ちゃんへの安全性を第一に考えて選ぶようにしましょう。

インクが乾いたら、余白に名前や月齢を記したり、シールでコラージュしたりして装飾を楽しむのもおすすめです。

粘土をつかった手形・足型の取り方

こねて平らにのばした粘土の上に、赤ちゃんの手と足を押しつけて形を取ります。粘土を乾燥させたり、オーブントースターで焼いたりして固めます。専用キットも販売されていますが、100円ショップの紙粘土でも代用でき、手軽に取ることができますよ。

手や足に粘土がくっつくことがありますが、インクに比べて汚れが少ないのが嬉しいですね。

赤ちゃんの手形・足型はいつ取ったらいいの?新生児は?

カレンダー 新生児 ベビーシューズ

赤ちゃんの手形・足型は、生まれて間もない時期に取り、その後も成長の節目ごとに取るのがおすすめです。新生児でも取ることができ、生まれた直後に取ってくれる産院や病院もありますよ。

命名式のときに手形・足型を残せば、赤ちゃんの誕生を家族みんなでお祝いすることができ、大切な思い出になりますね。その後は、お食い初め、生後6ヶ月のハーフバースデー、1歳の誕生日といったように、行事やお祝い事のタイミングで取ると、赤ちゃんの成長を実感することができます。

赤ちゃんの手形・足型には、「いつ残さなければいけない」「何回、残さなければいけない」という決まりはないので、ママの負担にならない範囲で楽しく思い出を残していけるといいですね。

赤ちゃんの手形・足型を取るときのポイントは?

手形 足型

道具をしっかり準備する

手形・足型を取りたい時期が決まったら、早めにインクや紙、粘土といったアイテムを準備しておきましょう。すでに何回か取っている場合は、インクの残量を確認しておくことも忘れないようにしてくださいね。道具さえしっかりと準備しておけば、手形・足型を取りたいと思ったときにすぐに取ることができ、取りそびれることもなくなりますよ。

赤ちゃんの爪が伸びていると、爪の間にインクや粘土が入ってしまうので、事前に爪を切っておくようにしましょう。

赤ちゃんのタイミングを優先する

手形・足型を取るときに、赤ちゃんの機嫌や体調が悪いと上手に取ることができません。おむつ替え後や授乳後で、機嫌の良いタイミングを見計らって取るのがコツです。赤ちゃんの体調の悪いときは、翌日をずらすといったように柔軟に対応するようにしましょう。

赤ちゃんが動いてしまうときは、手首・足首をしっかり固定すると、きれいに取れますよ。

スピーディーに取る

多少のかすれやにじみは気にしないようにすることもポイントです。うまくできなかったからといって何度も取り直すのは、赤ちゃんの負担にもなってしまうので、スピーディーに仕上げてくださいね。

大切に保管しよう

取った手形・足型は、写真立てや額縁に入れて飾ったり、アルバムに貼ったりすると、メモリアルグッズとして記念に残すことができます。専用のアルバムも販売されていて、成長の節目ごとの手形・足型を1冊に残すことができるので、おすすめです。

取った手形や足型を送ると、ガラスやアクリル板に印刷してフォトフレームやキーホルダーにしてくれるサービスもありますよ。

赤ちゃんの手形・足形をとって成長の記録を残そう

新生児 手

赤ちゃんの手形・足型を残しておくと、成長の記録や思い出を家族で振り返ることができます。赤ちゃんが生まれてしばらくは、慣れない育児に大忙しなので、事前にしっかり準備をして、落ち着いた気持ちで取りかかると、上手にスピーディーに取れますよ。

子供が大きくなったときに、生まれたばかりの頃の手足の大きさと比べてみるのも楽しみですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう