赤ちゃん・新生児の聴力はどれくらい?難聴は検査でわかる?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

生まれたばかりの赤ちゃんは一見何もできなそうに見えますが、その力は計り知れないものがあります。大人が思っている以上に、いろいろなことを感じ取っているんですよ。聴力もその1つで、意外なほど早くからママやパパの声を聞き取っています。今回は新生児や赤ちゃんの聴力について、どれくらい聞こえているのか、どのように発達するのか、難聴かどうかは分かるのかなどをご紹介します。

赤ちゃんの聴力は胎児のときから発達している?

赤ちゃん 聴力 耳 ヘッドフォン 聞く 聴く

赤ちゃんはママのお腹にいるときから、聴力が備わっています。妊娠5週頃には耳の元になる細胞ができ、妊娠8週頃になると耳の形ができあがっていきます。

そして、妊娠20週頃にはママの血液が流れる音や心音、声の響きを感じ取れるようになっているといわれています。

新生児が生まれてすぐにママの声を認識できるのは、お腹の中ですでに聴力が発達しているからなんですね。

新生児の聴力はどれくらい?

赤ちゃん 本 勉強 調べる 調査 発見

新生児の赤ちゃんは、声をかけてもこちらを向いてくれないことがあるので、「ちゃんと聞こえているのかな」と不安になりますね。しかし、新生児にはすでに音に反応できるだけの聴力が備わっています。

たとえば、赤ちゃんがいる部屋とは別の部屋でドアをバタンと閉じると、ビクッとしたり、泣き出したりすることがあります。何もなくて急に泣き出したように思うかもしれませんが、音に反応しているからなんですよ。

ただし、生まれたばかりの赤ちゃんの聴力は大人と比べると未熟で、「音」として認識し始めるのは生後3ヶ月頃です。

赤ちゃんの聴力は月齢が上がるにつれてどう変化する?

芽 成長 若葉

生後3ヶ月頃までは脳がきちんと音の情報を処理できず、突然の大きな音に反射的に反応するぐらいしかできません。これは生後3ヶ月頃までの赤ちゃん特有の原始反射で、「モロー反射」といいます。

生後3ヶ月を過ぎる頃から「音」を認識し始めると、大人と同じように反応できるようになっていきます。個人差があるものですが、以下の成長の目安として参考にしてください。

生後3・4ヶ月頃の赤ちゃんの聴力

生後3ヶ月を過ぎると、赤ちゃんの聴力はママやパパの声に対して、声が聞こえたほうを確認するようになります。「名前を呼ぶとにっこりする」といった感情面での発達も見られるようになりますよ。

呼びかけに対して、「アーウー」と声を出して応え始めます。声が出るというのは、きちんとパパやママの声を聞けている証といえますね。

生後5・6・7ヶ月頃の赤ちゃんの聴力

生後5ヶ月を過ぎると、音の聞き分けができるようになります。どんなときにどういう音が出るのかというように、音と現象を関連づけています。

普通の生活音にはあまり反応しなくなり、聞いたことがない音や声に敏感に反応するように。6ヶ月を過ぎると、音や声がしたほうを意図的に見るようになります。

生後7ヶ月を過ぎる頃には、言葉が人の口から出てくることを理解し始め、話している人の口をじっと見るようになっていきます。

生後8・9・10・11ヶ月の赤ちゃんの聴力

生後8ヶ月になると、鳥の鳴き声や道路を走る車の音など、身の回りの音に対して敏感に反応するようになります。

そして、生後9~10ヶ月を過ぎると聞こえた音をもとにして、徐々に言語を発するように。たとえば、周囲の人がお母さんのことを「ママ」と呼んでいると、その音を真似てママを指して「マンマ」と話します。耳で聞いた音をオウム返しのようにしながら習得していくのです。

生後11ヶ月頃には音楽を聴き分けるようになり、リズムやメロディに合わせて体をゆらしたり手を振ったりできるようになります。

1歳以後の赤ちゃんの聴力はどうなるの?

赤ちゃん 1歳 指指し

1歳まで成長すれば、大人が話している単語を聞いて理解できるようになっていきます。聞こえた音の音真似ではなく、言葉として話し始めます。

また、自分が好きな遊びをして集中しているときには、物音や人の声に反応しなくなることもあります。聴力が発達する一方で、余計な音をシャットアウトするというように、聞く・聞かないを使い分けるようになります。

赤ちゃんの聴力検査で難聴が分かる?

医療 検査 病院 カルテ

生まれてからわずか1年の間で、赤ちゃんの聴力は飛躍的に発達します。しかし、赤ちゃんのなかには音が聞こえにくい難聴を持っている子もいます。

毎年生まれてくる子供1,000人のうち1~2人の子供が難聴を持っているといわれており、次のような症状が見られたら、耳鼻科や小児科の医師に相談しましょう(※1)。

難聴が疑われる症状

・大きな音に反応しない
・生後3ヶ月を過ぎても、普通の大きさの声での呼びかけに反応しない
・生後6ヶ月を過ぎても、音がする方に向いたり、音真似をしたりしない
・生後18ヶ月の時点で、まだおしゃべりしない
・2歳までに単語を話さない
・3歳の時点で、2語文を話さない
・言葉の代わりにジェスチャーで自分の気持ちを表現する

出産後の病院では、入院中に新生児の聴力検査をしてくれる医療機関もあります。赤ちゃんの聴力検査は、眠っている赤ちゃんにヘッドホンのようなものをつけて聴覚神経と脳の反応を見る検査と、聞かせた刺激音を反射音として検知できるか見る検査の主に2つあります。

聴力が弱いと言語発達にも支障が出ることがあるので、難聴の疑いがあるときはできるだけ早く聴力検査を受けるようにしてください。

赤ちゃんの聴力の発達を心配しすぎないで

赤ちゃん ママ 抱っこ 笑顔 親子

赤ちゃんの成長は、つい他の子と比べがち。同い年の赤ちゃんは言葉を話し始めているのに、自分の赤ちゃんがまだ話さないと、「聴覚に問題があるのかな」と不安になってしまうかもしれません。

しかし、赤ちゃんにはそれぞれの成長スピードがあり、上で紹介した難聴の可能性がある症状が現れていない限り、それほど心配する必要はありません。赤ちゃんにたくさん話しかけ、たくさんの愛情を降り注ぎながら、赤ちゃんの聴力の成長を見守っていけるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう