親への妊娠報告はいつ?タイミングと気をつけることまとめ

妊娠したら、嬉しい気持ちを誰に伝えたいですか?パートナーはもちろんですが、お母さん・お父さんに早く伝えたい!と思う人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、妊娠がわかって親に伝えるときの注意点や、妊娠中の関係性で気をつけたいことをご紹介します。

親への妊娠報告はいつがいい?

日本人 女性 メモ カレンダー

親への妊娠報告は、赤ちゃんの心拍が確認できて母子手帳をもらう妊娠7~8週頃に行う人が多いようです。

安定期に入るまで待ってから報告をする人もいますが、つわりなどで思うように生活ができないときに助けてくれるのはやはり親。早めに伝えておくと、何かあったときにも安心です。

また出産する産院の予約は妊娠10〜11週頃までに行う必要があるので、里帰り出産を考えている人は遅くともそれまでには報告しておくようにしましょう。

親への妊娠報告で気をつけたい2つのこと

口コミ 吹き出し 電球 アイディア ひらめき

妊娠の喜びを分かち合うのは素晴らしいことですが、親に妊娠を報告する際は少々気をつけたいことも。以下の2つのポイントだけは事前におさえておきましょう。

口止めしておく

親以外への報告は安定期に入ってから…と考えている人は、「他の人には自分たちのタイミングで報告するから、まだ言わないでね」と伝えておきましょう。

しっかり口止めしておかないと、いつの間にか親戚中に広まっていた…近所の人が知っていた…ということが起こりがちです。

パートナーの親にも同時期に伝える

どちらかの親だけ報告が遅くなってしまうと、それだけで悲しませてしまったり、印象が悪くなったりする可能性があります。

特にパートナーの親への報告は、パートナー任せにして忘れがち。どのように伝えるか2人で話し合ってくださいね。

もし事情があって伝えるタイミングがずれる場合は、妊娠を伝えた方の親にもその事情を伝え、口止めしておくのを忘れずに。

妊娠中に気をつけたい「親との関係」

家族 祖父母

親に妊娠を報告すると、これまで仲が良かった親子でも、意見がすれ違ったりギクシャクしたりすることもあるようです。

それは、妊娠・出産・育児に関する情報が日に日にアップデートされていて、親世代と今の妊婦さん世代とでは価値観や常識が異なることがあるから。

親からのアドバイスはとてもありがたいですが、下記3点についてはできるだけ気にしないようにしてください。

昔からの迷信や言い伝え

・火事を見るとアザのある子が生まれる
・妊娠中はお葬式に出てはいけない
・つわりがひどいと女の子 など

根拠のない精神論

・帝王切開では赤ちゃんに愛情が伝わらない
・母乳が出ないのは母親の自覚が足りない
・つわりは気の持ちよう など

現在とは異なる常識

・妊娠中は無理してでも2人分食べる
・妊婦は温泉に入ってはいけない
・離乳食の前に果汁を飲ませる など


自分の娘が心配だからこそのアドバイスなので、頭ごなしに否定するのではなく、気持ちはありがたく受け取った上で「今は少し違うみたいだよ」と伝えられるといいですね。

自分で伝えづらいという人は、祖父母専用のアプリをダウンロードしてもらうのもおすすめです。

祖父母専用アプリ『祖父母ninaru』

祖父母

「祖父母ninaru」は、これからおばあちゃん・おじいちゃんになる方に向けて、ninaruと同じようにメッセージや記事を毎日お届けするアプリ

妊娠中から、生まれた子供が4歳になるまで対応しています。

妊娠や育児に関する正しい知識・最近のトレンドなどをお届けすることで、家族みんなが平和な気持ちで赤ちゃんの誕生や成長と向き合ってほしい、という想いを込めて、ninaruと同じ制作陣が開発しました。もちろん、利用は無料です。

祖父母ninaru

娘の妊娠、そして孫の誕生は、親にとってこのうえなく嬉しいこと。妊娠報告と同時におすすめすると、その瞬間をリアルタイムで見守ってもらうことができます。

もちろん、ママからは伝えにくい現代の常識なども、祖父母ninaruが代わりにお伝えしますよ。

アプリストアで「祖父母ニナル」と検索していただくとヒットするので、ぜひお母さん・お父さんに教えてあげてください。あるいは下記のボタンから、LINEでシェアもできます。

▼ 祖父母ninaruのシェアはこちらから

▼ 祖父母ninaruのダウンロードはこちらから

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう