病児保育徹底ガイド!利用方法や料金、メリット・デメリットなどを解説

共働きで子供を保育園に預けていると、子供が病気のときにママやパパのどちらかが仕事を休まなければいけないという家庭も多いですよね。しかし、どうしても休めない仕事があるときでも、そんなことはお構いなしに子供は体調を崩すもの。そんなときに便利なのが「病児保育」です。今回は、病児保育について、サービスの内容をはじめ、利用方法や料金、預けるメリット・デメリットについてご紹介します。

病児保育とは?

保育園

病児保育とは、保育園に通っている子供が病気になったときに、保護者の就労、または疾病が理由で、家庭での保育が困難な場合に一時的に子供を預けることができる施設のことです。

厚生労働省が行っている「病児保育事業」で、国や市区町村が「病児対応型」として適していると判断した、病院・診療所、保育園などに付設された専用スペース、病児保育だけを行う専用施設などで実施しています(※1)。

この「病児保育事業」には、病児対応型のほかに、病後児対応型、体調不良児対応型、訪問型の非施設型が存在します。市区町村以外にも、NPO法人や民間企業が単独で行っているケースもあります。

病児対応型の最大の特長は、嘔吐や下痢、発熱、薬を飲む必要があるといった、通常の保育園では預かれない状態でも受け入れてくれることです。

しかし、病状の基準は市区町村や各施設で異なるので、預けるときは確認する必要があります。

病児保育の利用方法は?料金はどのくらい?

子供 熱 病気

病児保育の実施について、全ての市区町村や施設で同じ条件であるとは限りません。市区町村が定めた基準をもとに、各施設が十分に保育できると判断した内容が定められます。

ここでは、一般的な基準や利用方法などをご紹介します。

預けられる一般的な基準

・両親の就労や疾病等で、子供が保育施設に通っている
・市区町村が保育を必要と認めた乳児・幼児、または小学校に就学している児童
・症状の急変は当面認められないが、病気の回復期には至っていない
・集団保育が困難、且つ保護者の仕事などの都合で家庭での保育が困難
・対象の子供をかかりつけ医に受診させた後、病児保育の許可が得られている
・子供の症状、処方内容などを記載した連絡票を用意できる

病児保育の一般的な利用手順

1. 病児保育施設に事前登録をする(見学・面談が必要なケースも)
2. 実際に利用することになったら、かかりつけ医を受診し、病児保育の利用許可を得る
3. 医師から病状・薬の処方について記載された連絡票をもらう
4. 電話で病児保育施設の予約状況を確認し、予約する
5. 当日、施設指定の持ち物を持参する
6. 利用後に支払いを済ませる

病児保育の一般的な利用料金(1人あたりの1回利用)

市区町村が運営している場合

市内・区内在住:2,000~2,500円程
市外・区外在住:3,000~4,000円程
給食費:300~500円程(保育料に含む場合、お弁当の持参が必要な場合もあります)
時間延長:30分毎に200~400円程(延長保育がないケースもあります)
※利用料金は、各家庭の状況に合わせて減免制度がある市区町村もあります

NPO法人・民間企業が運営している場合

NPO法人や民間企業が運営している場合、施設ごとに金額に差があります。入会金が必要なケースもあるので、施設ごとに確認しましょう。

昼食代を含めて1人あたり1回2,000円で利用できるところもあれば、入会金のほかに月額費として8,000円前後(1ヶ月の利用頻度により増減)など、プランとして料金設定をしているところもあります。

病児保育のメリット・デメリットは?

子供 日本人 熱 ぐったり

病児保育は、特に感染症系の病気で長期のおやすみが必要なときなどに、とても助かりますよね。病状に合わせたお世話をしてくれるのも安心ですが、病児保育の利用は、メリットだけとは限りません。

大切な我が子が体調を崩しているときに預けることになるので、デメリットも把握したうえで、預けるかどうか判断することが大切ですよ。

ここでは、病児保育の主なメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

・感染症でも預かってもらえる
・感染症によっては個室保育してくれる施設もある
・いざというときに看護師の常駐や連携している医療機関があるので安心
・病気に合ったお世話をしてくれる
・NPO法人や民間企業が運営している場合、早朝や夜間保育をしているところもある

デメリット

・感染予防として、予防接種が必要な場合がある
・病気の子供を預かる施設なので、別の病気に感染しやすい
・預ける前に医師の診断や連絡票を受け取る時間が必要
・病児保育を行っている施設が少なく家から遠くなることもある
・病児保育を行っている施設が少なく予約が埋まりやすい(予約できないこともある)
・土日祝は開園していないことが多い
・延長ができない施設もある
・開園が遅い園もある

病児保育を利用するときは事前に情報収集しよう

赤ちゃん ママ 日本人 コミュニケーション

ひとことで病児保育といっても、施設によって職員や施設の雰囲気、お世話の方針なども様々です。施設との相性、使いやすさはもちろん、安心して子供を預けられる施設をまず見つけることが大切です。

特に利用できる曜日はもちろん、開園・閉園時間や昼食や延長保育の有無は、ママやパパの状況にも大きく影響してくるので、チェックを忘れないようにしましょうね。

共働きで、急なお休みにおじいちゃんやおばあちゃんなどの頼れる人がいないという人は特に、事前に情報収集をしておくのがおすすめですよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう