初めての生理で知っておきたい基本とは?症状や年齢、前兆は?

監修医師 産婦人科医 間瀬 徳光
間瀬 徳光 2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 監修記事一覧へ

女の子は、小学校中学年頃から段々と体が女性らしくなり、その頃に初めての生理を迎えます。生理が起こるのはきちんと成長していることの証ですが、初めての生理をこれから迎える女の子や、迎えたばかりの女の子は、不安なことがたくさんあるのではないでしょうか。そこで今回は、初めての生理について知っておきたい、基本の情報をご紹介します。

生理とは?

疑問 クエスチョン

生理とは、女性の体に起こる現象で、28日前後に1回、3~7日間続く、子宮からの出血のことをいいます。生理が正しく起こることで、女性は妊娠や出産ができるようになります。

女性の体にある子宮の内側は、「子宮内膜」という膜で覆われています。この子宮内膜は、受精卵を着床し、妊娠しやすくするため、毎月少しずつ分厚くなります。

しかし卵子が受精せず、妊娠しなかった場合、分厚くなった子宮内膜は剥がれ落ち、出血として体外に排出されます。これが生理です。

生理のときには血が出ますが、これは普通の血とは異なり、怪我や傷によるものではないので安心してくださいね。

初めての生理はどうして起こるの?

芽 芽生え 成長 受精 生命 発展 発達 希望

初めての生理は、「第二次性徴」の現象のひとつです。体内に、女性に必要なホルモンが増えることで起こります。

初めての生理は、将来赤ちゃんが産めるように体が準備を始めたということであり、大人に仲間入りをした証拠です。体がきちんと成長している印として、自信を持ちましょう。

初めての生理が起こる年齢は?

記号 数字 数

初めての生理は、一般的に10~14歳頃に起こり、平均年齢は12歳頃です(※1)。小学校4年生頃になればいつ生理がきてもおかしくない状況なので、心構えをしておきたいですね。

しかし、初めての生理が起こる年齢は、人によって異なるものです。小学生のうちに初めての生理がくる子も、中学生になってから生理が始まる子もいます。

初めての生理には前兆があるの?

虫眼鏡

初めての生理に明確な前兆はありませんが、体が少しずつヒントを出してくれることもあります。下記のような特徴が現れたら、初めての生理が近づいているかもしれません。もちろん前兆がなく、突然生理になる人もいます。

● 乳房が膨らみはじめる
● わきや性器に毛が生えはじめる
● 身長や体重が急に増える
● ニキビができる
● 髪質が変わる
● おりものが下着につく

おりものとは、女性特有のホルモンによって膣から分泌されるものです。色は透明や黄色、白など様々で、少し粘り気があります。下着に白っぽいものがついて驚くかもしれませんが、異常なことではないので安心してくださいね。

下着の汚れが気になるときは、おりもの専用の「パンティライナー」というシートを使うのがおすすめです。下着に当てて使うだけで、外から見ても違和感がありませんよ。

初めての生理の症状は?

女性 お腹 守る

初めての生理では、以下のような症状が出ます。

茶色っぽい血が少量出る

生理で血が出るというと赤い血をイメージする人も多いと思いますが、初めての生理の場合、茶色っぽい血がでることもあります。見慣れない色の血が出ても、あまり心配しすぎないようにしましょう。

また量は少なく、最初はおりものに混ざって出てくることもあります。

生理痛があることも

生理になると、子宮が血を排出しようと収縮し、お腹周りが重くなったり、痛くなったりすることがあります。これを「生理痛」といい、症状は人によって様々です。

生理痛がひどいときは、お腹をあたためたり、軽い運動をしたりすると解消されることもあります。無理や我慢をしすぎず、快適に過ごせるように工夫してみてくださいね。

初めての生理の周期や期間はどれくらい?

スケジュール いつから カレンダー

生理は一般的に、28日前後ごとに、3~7日間続きます。しかし初めての生理の場合、周期も期間も乱れることがほとんどです。

初めての生理が来たあと、次の生理が来るまで数ヶ月かかることもあります。人によって異なるので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

しかし、生理の期間が長過ぎる、周期があまりにも安定しないなどで不安な場合は、婦人科を受診するようにしてくださいね。

初めての生理にはどんな生理用品を用意すればいいの?

生理 出血 ナプキン

初めての生理がいつ来てもおかしくない年齢になったら、事前に必要なものを用意しておくと安心です。通学用のカバンなどにいつも入れておいて、突然の生理にも備えたいですね。下記に必要な生理用品をまとめたので、参考にしてください。

ナプキン

生理の出血を吸収してくれる生理用ナプキンは、準備品として欠かせません。初めての生理の前に自分で触って、取り付け方などを予習しておくのがおすすめですよ。

ナプキンには様々な種類があり、機能性や大きさ、肌触りなどがそれぞれ異なります。かぶれが心配なら肌に優しいもの、部活などで運動をすることが多い場合は羽つきのものなど、自分にとって使いやすい、好みのナプキンが見つかるといいですね。

生理用ショーツ

生理のときに履く専用のショーツが、生理用ショーツです。普通のショーツとは異なり、ナプキンがずれにくいように、ぴったりとフィットする伸縮性の高い素材で作られています。

また、股の部分が二重になっていて、血が外に漏れにくかったり、汚れが落ちやすかったりと、生理のときに嬉しい工夫が施されていますよ。洗い替え用も含めて、少し多めに用意しておくと安心です。

ポーチ

生理用のナプキンを持ち運ぶときは、ポーチがあると便利です。最近は、折りたたむとハンカチのように見える「ハンカチポーチ」というものもあります。「周りに知られたくない」という場合は、このようなタイプのポーチを選んでみてくださいね。

初めての生理がなかなか来ない…どうする?

医療 検査 病院 カルテ

初めての生理が起こる年齢は人それぞれですが、15歳を過ぎても生理が来ない場合は、一度婦人科を受診しておくと安心です。

ホルモンが足りない、子宮が小さいなどの原因がわかると、それにあわせて治療が行われる場合があります。

初めての生理の前に準備をしておくと安心

小学生 女の子 笑顔

初めての生理のときは、初めて経験することばかりで、少し戸惑ってしまうかもしれませんね。初めての生理が来る前に、自分の体のことや生理の仕組み知り、心構えをしておくと安心です。

生理は女性なら誰しも経験することです。恥ずかしがったり焦ったりせず、困ったことがあったら大人の女性に相談してくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう