公園デビューはいつから?赤ちゃんの外遊びの注意点は?

赤ちゃんが大きくなるにつれて、いろいろな場所に連れ出してあげたくなりますよね。そこで多くのママたちが考えるのは、「公園デビュー」のタイミングではないでしょうか。いざ公園デビューをしようと思っても、いつから始めたらいいのか、他のママたちとどう接したらいいのか、気になることはたくさんあります。今回は、公園デビューをするのはいつからがいいのか、外遊びの注意点、ママたちとの付き合いについてご紹介します。

公園デビューとは?

公園 広場 風景 リラックス

公園デビューとは、一般的に「ママが近所の公園へ子供を連れていき、地域の母子コミュニティに初めて参加する」ことをいいます。

ママは近所に住むママたちと定期的に公園で会うことで、子育てに関する情報交換や悩みの相談ができます。子供は、同年代の子供たちと遊ぶことを通じて、友達を作ったり、集団で遊んだりすることの基礎を学んでいきます。

このように、公園デビューには、子育てをしていくうえでのメリットがたくさんありますが、なかには、ネガティブなイメージを持つ人も。すべてが初めてのことなので、ママ友ができるかどうか、子供は他の子と仲良く遊べるだろうかと、心配はつきませんよね。

しかし、公園デビューは、ママと子供が公園に行って楽しく遊ぶことが目的です。地域のコミュニティに入っていけるか、ほかのママと仲良くできるかといったことを気にし過ぎず、子供が楽しく公園で遊べるように見守ってあげましょう。

赤ちゃんの公園デビューはいつから?

赤ちゃん 公園 芝生 ハイハイ

公園デビューをいつすればいいのかと時期を気にするママもいますが、生後何ヶ月からがいい、何歳からがいいという決まりはありません。赤ちゃんがまだ歩けない時期からベビーカーや抱っこ紐に乗せてでも、外でひとり歩きできるようになってからでも大丈夫です。

1歳未満の赤ちゃんは、おむつ替えや授乳、昼寝が頻繁にあるので、公園に長い時間滞在することはできません。そのため、ある程度長居ができるようになる、1歳前後に公園デビューを意識するママが多いようです。ファーストシューズを履かせて公園に行くのもいいですね。

1歳半から2歳になると、滑り台やブランコといった遊具や砂場に興味を持ち始め、外遊びを楽しめるようになるので、その頃を目安に公園デビューするのもおすすめですよ。

特定の時期に公園デビューをすると決めるのではなく、0歳や1歳のうちから少しずつ近所の公園に通って、徐々にママ友を作っていくと、コミュニティにも入りやすいですよ。

公園デビューをするときの注意点は?

記号 注意点 空 標識

いざ公園デビューをするとなると、ママが緊張してしまい、ついつい子供のことが後回しになってしまうことがあります。下記のポイントに注意しながら、しっかりと子供を見守ってあげましょう。

子供から目を離さない

ママたちとの話に夢中で、気がつくと子供が危険な目にあいそうになっていた、なんてことも無い話ではありません。公園デビューでは、ママのコミュニティに入ることに気を取られてしまいがちですが、くれぐれも子供から目を離さないようにしましょう。

特に、月齢の低い赤ちゃんは、砂場に落ちている小さなおもちゃや砂、葉っぱを口に入れようとすることがあるので注意が必要です。

赤ちゃんの体調や気候を考慮する

公園デビューを焦る必要はありません。赤ちゃんの体調、季節や気候をみて、公園に行くには適していないと感じたら、少し先延ばしにしてもかまいません。

あまりにも寒い日や暑い日に公園に行くと、赤ちゃんは疲れてしまいます。夏場は、お茶や水を持参して、こまめに水分補給をしてあげましょう。

一度公園デビューをすると、毎日のように公園に連れて行ってあげたいと思ってしまうかもしれませんが、赤ちゃんの体調がすぐれないときは無理して行かないようにしましょう。

月齢・年齢にあった遊びをさせる

公園では、様々な月齢・年齢の赤ちゃんや子供が遊んでいます。ママ同士が仲良くなっても、子供たちはそれぞれ違う年齢ということも。

赤ちゃんから幼児期にかけては、月齢ごとの成長の差が大きく、好きな遊びも異なります。ママ同士の関係を優先させるのではなく、子供にはできるだけ同じ遊びをしている子と遊ばせてあげるようにしましょう。

公園デビューでママ友との付き合い方は?

公園 ママ友 子供 赤ちゃん ベビーカー

公園デビューというと、「ママ友を作らなくては」と思ってしまうかもしれませんが、まずは子供と一緒に楽しむことを優先しましょう。

デビューする公園によっては、すでにママ友のグループができていて、仲間に入りにくいと感じることもあります。そんなときは、無理にグループに入ろうとする必要はありません。

子供を遊ばせていれば自然と年齢の近い子供同士で遊び始めるので、そのママたちと話す機会ができることもありますよ。

公園デビューをしてしばらく経ってもママ友ができないと、公園に行くのが億劫になってしまうこともありますが、そんなときは、無理して同じ公園に行かなくても大丈夫です。ちょっと遠くの違う公園に行ってみたり、児童館や子育て支援センターに顔を出してみたりするのもおすすめですよ。

公園デビューは赤ちゃんにあわせて焦らずに

ママ 赤ちゃん 子供 公園

公園デビューは、赤ちゃんを外で遊ばせて自然に触れさせるためのいい機会です。ママ友同士の交流の場でもありますが、まずは子供を自由に遊ばせてあげることを大切にしましょう。子供と一緒に楽しく遊んでいれば、きっとママ友とのつながりも自然に広がっていきますよ。

子供は公園での遊びを通して、いままでできなくなったことができるようになったり、友達とコミュニケーションがとれるようになったりと、ぐんぐん成長します。公園デビューをきっかけに、毎日の子育てがさらに楽しくなるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう