マタニティウェアはいつから必要?服やパンツの選び方は?

妊娠するとお腹がどんどん大きくなって、今まで着ていた服が着られなくなってくることも。初めての妊娠だと、一体いつごろからどんなマタニティウェアを揃えればいいのか迷ってしまいますよね。また、仕事をしている妊婦さんなら仕事服はどうすればいいのかということも気になるはずです。そこで今回は、マタニティウェアをいつからどんな風に選ぶと良いのかについてご紹介します。

マタニティウェアはいつから着るもの?

妊婦 ワンピース マタニティウェア 水玉

マタニティウェアを着る一番の目的は、お腹の締めつけをなくすことなので、妊娠初期はマタニティウェアを着る必要はありません。ただし、つわりが酷く、すでにお腹の締め付けが苦しいと感じる場合は、妊娠初期からマタニティウェアを着てもいいでしょう。

お腹の大きさや苦しさには個人差があるので、必ずこの時期からマタニティウェアを着なければいけないという基準はありませんが、一般的にはお腹が目立ってきたなと感じる妊娠4~5ヶ月頃から着始める人が多いようです。

マタニティウェアはどんなものを揃えるべき?パンツは必要?

おしゃれ 長く着られる

妊娠したからといって、上下全てマタニティウェアを着用する必要はありません。ゆったりした衣類であれば、手持ちの服でも妊娠期間中に着て過ごすことができます。手持ちの服と相談しながら必要なものだけを少しずつ買い足していくといいですよ。

また、マタニティウェアといえばワンピースのイメージがありますが、最近ではマタニティ用のパンツ(ボトムス)も多数販売されています。お腹周り以外はスリムに作られていて、今までのパンツファッションとほぼ変わらずにコーディネートできるので、1着あると便利です。

マタニティウェアの上手な選び方と注意点

妊婦 スマホ

妊娠すると、お腹の大きさは日に日に大きくなっていき、体重も7~12kgほど増加するので、できるだけ体に負担が少なく、長く着られるマタニティウェアを選びましょう。

ワンピースタイプなら、腕周りや肩周りがゆったりとしていて、着心地のいいものがおすすめです。パンツやスカートは、お腹まわりの大きさに応じて紐で調整できるタイプだと、妊娠初期から産後まで長く着ることができますよ。

また、産後は1日10回以上赤ちゃんに授乳する日が続くので、出産後も使える授乳兼用タイプのマタニティウェアがおすすめです。たとえばシャツなら、ボタンが前開きのものや、スナップボタンで簡単に開け閉めできる授乳口付きのものがいいでしょう。

また妊娠期間のファッションで、もっとも注意したい点は足元です。ヒールの高い靴はどうしても体勢が不安定になりがち。転んでしまうと、お腹への衝撃から赤ちゃんに悪影響が出ることもあるので、妊娠中は、バレエシューズやスニーカーなど安定性の高い靴で過ごすようにしましょう。

仕事用のマタニティウェアはどうすればいいの?

妊婦 仕事 パソコン

妊娠しても仕事を続けている妊婦さんなら、オフィス用のマタニティウェアにも気を遣いますよね。

普段からカジュアルウェアでの出勤が許されている会社であればさほど気にする必要もありませんが、今までスーツやオフィスカジュアルで過ごしていたという人は、仕事用のマタニティウェアを選ぶ必要があるかもしれません。

マタニティ用のスーツも販売されていますが、そこまでかっちりとした服装を求められない場合は、ワンピースにジャケットやカーディガンを羽織ったり、スラックスタイプのマタニティパンツやスカートにブラウスやシャツを合わせたりするスタイルが多いようですよ。

ジャンパースカートも、着回しがしやすいのでおすすめです。

マタニティウェアを買わずに妊娠期間をおしゃれに楽しむ方法

妊婦 おしゃれ 草原

たった10ヶ月間のためにマタニティウェアを買うのは、もったいないという人もいるかもしれませんね。そんな人におすすめな、妊娠期間をおしゃれに乗り切る方法があります。

妊婦用アジャスターを使う

「マタニティウェアに気に入ったデザインのものがない」という人にもおすすめなのが、妊婦さん用のアジャスター。ズボンの場合は、アジャスターさえあればボタンをしなくてもズボンを固定することができ、妊娠前の服を着ることができますよ。

犬印本舗 リラックスアジャスター(ブラック)

要出典 犬印本舗 アジャスター 出典: www.inujirushi.co.jp

上記のアジャスターであれば、ベルト通しのついたスカートにも使うことができます。アジャスターだけ買うのであれば、マタニティウェアを買い足すよりも安く済むのがうれしいですね。

税込価格
1,821円
アジャスター
長さ:16〜22cm/幅:4cm
対応腹囲
64〜95cm

アクセサリーを上手に使う

おしゃれ アクセサリー

赤ちゃんが生まれると、アクセサリーを掴んでちぎられてしまうなんていうアクシデントは日常茶飯事。しばらく見納めだと思って、妊娠中に思う存分アクセサリーを楽しみましょう。

大ぶりのピアスやネックレスは妊娠中の体重増加で丸くなってしまった顔を小さく見せる効果があり、ブレスレットは手首を細く見せることができますよ。ぜひ妊娠期間にアクセサリーを取り入れて、おしゃれなマタニティファッションをコーディネートしてみてくださいね。

マタニティウェアは、まずはパンツから揃えてみましょう

妊婦 本

おしゃれ上手な妊婦さんを目指すなら、まずは使いまわしの効くパンツを1本購入し、妊娠前の服を上手に着まわしながら、必要なものをあとから効率的に購入していくのがおすすめです。

一時期しか使わないマタニティウェアは、あまり多く買いたくないような気もしますが、せっかくの妊娠期間も妊婦さんなりのおしゃれを楽しみたいですよね。

妊娠中は、この期間にしかできない着こなしを存分に楽しむチャンスでもあります。妊娠したことによって、今までとは違うタイプのコーディネートに挑戦することもできますよ。

最近は産後も長く使えるデザインのマタニティウェアが増えているので、ぜひ色々なアイテムに挑戦して、妊娠期間もおしゃれを楽しんでくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう