赤ちゃん服のセパレートタイプの着せ方は?季節のオススメコーデも紹介!

赤ちゃんの成長は速く、ベビー服はあっという間にサイズアウトしてしまいますよね。そろそろセパレートタイプの服がいいのかな、と思ってもタイミングが分からなくて困ってしまうことも。そこで今回は、赤ちゃん服のセパレートタイプはいつから着られるのか、どんな着せ方が良いのか、についてご紹介します。

赤ちゃん服のセパレートタイプとは?

子供 薄着 兄弟 日本人

赤ちゃん服のセパレートタイプとは、Tシャツとレギンス、トレーナーと長ズボンのように、上下が別々になっている服のことをいいます。服の種類やデザインが増えておしゃれをより楽しめるようになります。

産まれてしばらくの赤ちゃんにはロンパースやカバーオールのように上下一体型の服を着せますが、成長に合わせて、大人の服と同じように上と下が分かれたセパレートタイプの服にシフトしていきます。

赤ちゃん服のセパレートタイプはいつから?

赤ちゃん セパレート 抱っこ 日本人

セパレートタイプの赤ちゃん服は、「お座り」ができるようになる頃から着せることが多いようです。月齢としては、だいたい生後6〜8ヶ月くらいからが目安です。

セパレートタイプの服をいつから着せなければいけない、ということは決まっていませんが、お座りができるようになると、Tシャツなどを頭から被せやすくなります。

赤ちゃんの動きが活発になってくると、上下一体型の服ではおむつ替えや着替えがだんだん大変になってきます。また、赤ちゃんがつかまり立ちやよちよち歩きで動き回るようになってくると、上下一体型の服が赤ちゃんの動きを妨げてしまうことがあります。

赤ちゃんが元気に動き回るようになってきたら、さらにセパレートタイプの服を増やしてみましょう。

赤ちゃん服のセパレートタイプは、以下のサイズを目安にしてみてください。服によって大きさが微妙に異なることがあるので、実際に試着してサイズを選んであげるとより安心です。

しかし、赤ちゃんに試着させるのは至難の技。迷ったときやネット通販などを利用するときは、きちんと赤ちゃんの胴囲などを採寸して選んであげてくださいね。

赤ちゃん服のセパレート サイズ目安

生後6ヶ月〜1歳頃:80cm
1歳〜2歳:90〜95cm
2歳〜3歳:95〜100cm

赤ちゃん服のセパレート!肌着はどうする?

赤ちゃん 肌着

赤ちゃん服をセパレートタイプにすると、赤ちゃんがハイハイをしたときに服がめくれてお腹が冷えてしまうことがあります。0歳児の間は、インナーにコンビ肌着やロンパースタイプの肌着を着せると良いでしょう。

赤ちゃんが1歳を過ぎて、つかまり立ちやあんよができるようになってきたら、赤ちゃんが動きやすいように頭から被せるタイプの肌着が便利です。

赤ちゃん服のセパレートタイプの着せ方は?

初節句 日本人 赤ちゃん

赤ちゃんのセパレートタイプの服は、どのように着せれば良いのでしょうか?ここからは、季節ごとの着せ方をご紹介します。

春・夏の着せ方

春と夏は、袖のないタンクトップ型やキャミソール型の肌着+Tシャツや前開きシャツ+ズボンやレギンス、ブルマなどが良いでしょう。赤ちゃんはまだ体温調節が苦手なので、お出かけする際は、脱ぎ着のしやすい薄手のカーディガンやパーカなどの羽織りものを忘れないでくださいね。

春は優しげなパステルカラー、夏は明るいビタミンカラーを選ぶと、季節感のあるコーディネートができておすすめですよ。

秋・冬の着せ方

秋と冬は、半袖の肌着+トレーナーや長袖のシャツ+長ズボンやレギンスが良いでしょう。外出する際は、これに加えて厚めの靴下で足元を暖かくしましょう。上着を着たまま動き回れるように、ジャンパータイプの防寒着を用意してくださいね。

秋と冬は落ち着いたダークカラーを中心にして、明るい色のアイテムを1つあわせると、ぐっとおしゃれな雰囲気になりますよ。

赤ちゃん服のセパレートタイプ…避けた方が良い服はある?

子供 写真撮影 赤ちゃん 日本人

赤ちゃんの足元がまだおぼつかない時期に着せる場合、服に足が引っかかってしまう可能性があるので、丈が長すぎる服は避けましょう。

スカートも、ハイハイをしているときに裾を踏んでしまうことがあります。女の子のスカートは、あんよがしっかりできるようになってから着せるのをおすすめします。

赤ちゃんのセパレート服は成長に合わせて

赤ちゃん セパレート 日本人 オリジナル

赤ちゃん服は、「◯歳になったらセパレートタイプに移行しなければいけない」ということは決まっていません。赤ちゃん服がセパレートになるとコーディネートの幅が広がり、よりおしゃれを楽しめるようになります。

赤ちゃんの成長に合わせて、赤ちゃんが動きやすそうな服を選んであげてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう