子宮筋腫はピルで治る?効果や副作用は?低用量ピルを使うの?

記事監修 産婦人科医 間瀬 徳光
間瀬 徳光 2005年に山梨医科大学(現 山梨大学)医学部を卒業。板橋中央総合病院を経て、現在は沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターに勤務。産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救... 続きを読む

女性特有の病気に「子宮筋腫」があります。子宮筋腫の主な治療法は薬物療法や手術療法ですが、避妊薬の低用量ピルで症状を緩和することもあります。今回は、子宮筋腫の治療について、低用量ピルの効果や副作用などについてご説明します。

子宮筋腫とは?

女性 驚く びっくり ネット 調べる 調査 ショック

子宮筋腫とは、子宮を形成する「平滑筋」という筋肉の細胞が異常に増殖してできる、良性の腫瘍です。婦人科疾患の中でもよく発生する病気で、30歳以上の女性のうち20~30%、顕微鏡でしか確認できないような小さな腫瘍も含めると約75%に見られるといわれています(※1)。

子宮筋腫そのものに命を脅かす危険性はほとんどありませんが、大きくなるにつれて周辺の臓器を圧迫し、下腹部痛や腰痛、頻尿などの不快症状が現れることがあります。また、子宮筋腫ができる場所によっては、過多月経や月経困難症を引き起こします。

子宮筋腫ができることで、子宮内膜が硬くなったり凸凹に変形したりと、受精卵が着床しづらい状態になる恐れもあります。結果的に、不妊や初期流産につながるリスクがあるので、早期発見が大切です。

子宮筋腫の治療法は?

クエスチョン 女性 疑問 どちらか どっちか 選ぶ 選択

子宮筋腫が発見された場合、「大きさ」「できる場所」「妊娠希望の有無」などによって、下記のような治療法が選択されます(※2,3)。

経過観察

明らかに良性で、症状が軽く、妊娠を希望していない場合には、3~6ヶ月ごとに検診を受けながら経過観察をします。

薬物療法

子宮筋腫の発生や発育には、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」の分泌が関係していると考えられています。そのため、薬物を使ってエストロゲンの分泌を抑え、子宮筋腫の発育を抑える方法が取られることもあります。

薬物療法の中でもよく使われるのが「GnRHアゴニスト療法」です。GnRHアゴニストを投与することにより卵巣からのエストロゲン分泌を少なくし、人為的に「閉経」と同じ状態(偽閉経)を作り出します。その結果、過多月経による貧血などの症状を軽くすることができ、子宮が縮小することもあります。

ただし、GnRHアゴニスト療法は子宮筋腫の根本的な治療にはならず、6ヶ月以上投与し続けると骨密度が低下するなどの副作用があります。そのため、最近では手術を行う前の待機治療として行われたり、閉経が近いと考えられる場合に実施されたりすることが多い治療法です。

手術療法

一つの目安として、腫瘍の大きさが8cm以上あり、急速に大きくなっている場合、悪性腫瘍の可能性が疑われる場合、症状が重かったり腫瘍が大きかったりする場合には、手術療法を行うことがあります。

子宮筋腫の手術療法には、主に次の3つの方法があります。

1. 筋腫核出術

妊娠を希望する場合、子宮を保存し、筋腫だけを取り除く「筋腫核出術」を行います。最近では、内視鏡下手術が主流となりつつあり、手術が行われる場合、腹腔鏡または子宮鏡を使った筋腫核出術が増えています。

2. 単純子宮全摘術

「単純子宮全摘術」により、子宮筋腫が根治し、再発する可能性はなくなりますが、子宮そのものを取り除く手術であるため、術後の自然妊娠はできなくなってしまいます。妊娠の希望がある場合は、手術内容について医師に確認する必要があります。

3. 非観血的手術

比較的新しい手術療法として、体にメスを入れずに筋腫を縮小させる手術が行われることもあります。たとえば、子宮に超音波を当てて筋腫を熱凝固させる「集束超音波治療(FUS)」や、子宮に栄養を送る血管を薬で閉じ、筋腫を壊死させる「子宮動脈塞栓術(UAE)」などがあります。

これらの手術法は、傷や痛みが残らないというメリットもありますが、FUSには子宮筋腫が再発する可能性があり、UAEは不妊の原因になることもあるなどデメリットもあります。

子宮筋腫に対するピルの効果は?

医療 薬 医薬品 副作用

先ほどご説明した「薬物療法」「手術療法」といった子宮筋腫そのものの治療法とは別に、子宮筋腫によって引き起こされる諸症状を和らげる「対症療法」のみを実施することもあります。

具体的には、増血剤・止血剤・消炎鎮痛剤などで症状を緩和したり、漢方薬や低用量ピル(経口避妊薬)を服用することで経血量のコントロールや生理痛の軽減を図ったりします(※1)。

低用量ピルには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンに似た成分が配合されています。ピルを服用することで、体内のホルモンバランスを一度リセットして整えることができます。

子宮筋腫によって現れる過多月経や不正出血、月経困難症や貧血などの症状を緩和することはできますが、子宮筋腫をピルで根治することはできません。

子宮筋腫でピルを使っても副作用はない?

女性 妊婦 めまい 頭痛 貧血

低用量ピルには、体内のホルモンバランスを妊娠時と同じ状態にする効果があるため、吐き気や倦怠感、乳房の張りや眠気など、妊娠初期症状に似た副作用が現れることもあります。また、稀に血が固まって血管をふさいでしまう「静脈血栓症」を招くリスクがあります。

また、日本産科婦人科学会は、注意点として「ピルを長期的に服用することで子宮筋腫にどのような影響があるのかまだはっきりわかっていないこと」、「プロゲステロンを大量に投与するホルモン補充療法により筋腫が大きくなることがあること」を挙げています(※1)。

子宮筋腫でピルを飲むなら医師に相談を

女性 解放 空 元気 健康 

今回ご説明したとおり、子宮筋腫の対症療法として低用量ピルが効果を発揮することはあります。ピルを飲むことによって、過多月経や貧血などの諸症状が緩和することが期待できるからです。

ただし、低用量ピルの服用によって、子宮筋腫が根本的に治癒されるわけではありません。また、ピルが子宮筋腫に与える影響についてはまだわからない部分も多く、少なからず副作用もあります。自己判断でピルを飲むのではなく、必ず医師に相談してから服用するようにしましょう。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう