赤ちゃんのおもちゃを手作り!簡単な作り方やポイントは?

赤ちゃんのおもちゃは、品質や安全性にこだわって選びたいですよね。特に月齢の低い時期は、おもちゃを口に入れて舐めることが多いため、使われている素材や塗料が気になることも。そんなときは、おもちゃを手作りしてみてはいかがでしょうか。手作りのおもちゃなら、安全な材料を使って赤ちゃんの好みや月齢にあわせて作ることができますよ。今回は、身近な材料でできる赤ちゃんのおもちゃの作り方をご紹介します。

赤ちゃんのおもちゃを手作りするときのポイントは?

手作り おもちゃ はさみ フエルト 布

おもちゃを手作りすると聞くと、難しそうと思うかもしれませんが、身の回りのちょっとしたものを使って簡単に作ることができます。まずは、作り方のポイントをおさえておきましょう。

成長にあったものを作る

手作りするおもちゃを決めるときは、その時期の赤ちゃんが興味を持っているものや、どのような行動をしているのかを考えてみましょう。

例えば、ハイハイができるようになった赤ちゃんにはコロコロと転がって追いかけることができるおもちゃ、歌が好きな赤ちゃんには楽器のおもちゃなど、アイディア次第で様々なものが作れますよ。市販のおもちゃからヒントを得るのもいいですね。

安全性が高い材料を選ぶ

赤ちゃんはすぐにおもちゃを舐めてしまうため、口に入っても安全な材料を選ぶことが大切です。布でぬいぐるみを作るときは、毛羽立ちや糸のほつれが出にくい布を選びましょう。

画用紙を使って作るときは、尖った部分がないかどうか気をつけましょう。木材を使うときは、角を丸くして赤ちゃんの手に刺さらないように気をつけてくださいね。

強度を確かめる

赤ちゃんが噛んだり振り回したりして、おもちゃが壊れることもあります。

布のおもちゃの場合、縫った部分が破けて切れ端の糸や詰めていた綿が赤ちゃんの喉に詰まってしまうと危険です。しっかりと縫い付けましょう。のりやボンドで小さなパーツを貼り付けるときは、接着した部分が取れないように、しっかりと貼ってください。

赤ちゃんの手作りおもちゃ:ペットボトルのビーズ落とし

イラスト ペットボトル ビーズ落とし 知育玩具

フェルトで作ったビーズをペットボトルの飲み口に入れて、落としていきます。自分の指でつかんで中に入れることを繰り返しながら、集中力を鍛える知育玩具です。

「赤はどれかな?赤を入れてみて」と声がけをして遊べば、色を覚える練習にもなりますよ。フェルトビーズは、様々な色で作ると見た目もカラフルで楽しいですね。

用意するもの

● 350mlサイズの空のペットボトル 1本
● フェルト(10×10cmくらい)色違いで5枚以上
● 針と糸
● ハサミ

作り方

1.フェルトを切って、約2cm×9cmの長方形を何枚も作る

2.1で切ったフェルトそれぞれ端からくるくる丸めていき、端の部分をほどけないように針と糸で縫い合わせて完成
イラスト ペットボトル フェルトビーズ落とし 知育玩具

赤ちゃんの手作りおもちゃ:フェルトのおさかなボタン掛け

イラスト 魚ボタンかけ フェルト

ボタンを掛けて、魚をつなげて遊ぶおもちゃです。集中力が鍛えられ、手先の器用さも養うことができますよ。赤ちゃんのうちは、ボタンを掛けるのが難しいので、ママやパパが手伝ってあげましょう。

用意するもの(おさかな9個分)

● フェルト(15×15cmくらいのサイズ)色違いで3枚
● ボタン9個
● 針と糸、刺しゅう糸
● ハサミ
● ボンド

作り方

1.フェルトを魚の形にカットしていく。1枚のフェルトから同じサイズの魚を6つに切る(合計18枚)。フェルトに直接魚の絵を描いて切っても、型紙を作ってそれに揃えて切ってもOK
魚フェルト1

2.各フェルトからできた魚の3枚(3色で計9枚)に、それぞれボタンを1つずつ縫い付けていく。目にあたる部分に付ける
イラスト おさかなボタンかけ フェルト

3.2でボタンをついた魚に、残りのフェルトを1枚ずつボンドでつけて、2枚重ねにする
イラスト おさかなボタンかけ フェルト

4.3で貼り合わせたおさかなの尻尾の部分に、ボタンが入るくらいの切り込みを入れる
イラスト おさかなボタンかけ フェルト

5.輪郭とボタンの穴を、刺しゅう糸でかがって完成
魚フェルト5

おもちゃを手作りして赤ちゃんに愛情を伝えましょう

赤ちゃん ママ 笑顔

愛情を込めて作られたおもちゃは、温かみがあり、世界でたったひとつの逸品です。身近な材料で簡単に作れて、赤ちゃんの月齢や好みに合わせることができるので、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

今回ご紹介した材料以外にも、紙コップやゼリーの空き容器、紙皿、ラップの芯といったものも、一手間加えるだけで立派なおもちゃになります。成長にあわせて、様々なおもちゃを手作りしてみると、赤ちゃんもきっと喜んでくれますよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう