排卵検査薬6選!通販・薬局でおすすめの種類は?値段はどれくらい?

妊娠したいと思ったときに「きちんと排卵しているかどうか」が気になる人は多いはず。基礎体温を測定したり、病院で卵胞チェックをしたり、おりものをチェックしたりと、排卵を特定する方法はいくつかありますが、最も手軽なのが『排卵検査薬』によるチェックです。

今回は、おすすめの排卵検査薬6点と購入方法を合わせてご紹介します。

排卵検査薬はどこで購入できるの?

クエスチョン 女性 疑問 どちらか どっちか 選ぶ 選択

排卵検査薬は2016年9月より「第一類医薬品」となったため、インターネット通販でも購入できるようになりました。

2016年12月には武田薬品工業とロート製薬が、医療用の排卵検査薬を処方箋がなくても購入可能な「OTC医薬品」として発売したことで、現在では一部の排卵検査薬が、ドラッグストアやインターネットで購入可能です。

排卵検査薬は、海外製と日本製のどちらが良いの?

はてな 疑問 クエスチョン 空 雲 なぜ

海外製の排卵検査薬は、日本製の有名な排卵検査薬に比べて安いのが特徴です。日本製のものが7日分で2,500~3,000円前後なのに対し、アメリカ製や中国製のものは、7日分で500円前後と差があります。海外製品は、プラスチックの持ち手やキャップをつかわず、シンプルな作りにすることでロープライスを実現しています。

海外製でも日本製でも、検査そのものの正確性には大差はありません。ただ、説明が英語表記にのものがほとんどなので、まずは日本製のものを使って、慣れてから海外製のものを使うのがおすすめですよ。

排卵検査薬の仕組みは?LHって何?

LHとは女性ホルモンの一種である黄体形成ホルモンを指します。排排卵前にLHの分泌量が急激に増加することを「LHサージ」と言い、開始から約36~40時間後に排卵が起こるとされています(※1)。排卵検査薬は尿中のLHを分泌量を検出することで排卵日を予想します。

日本産科婦人科学会によると、排卵検査薬で尿中のLHをより正確に検知するには、朝夕2回の検査が望ましいとされています(※2)。検査開始日から毎日同じ時間帯に行いましょう。

製品によって、このLHホルモンの感度が異なるので、購入の際に確認してください。検査薬の感度は「30mlU/mL」といった表記で記されています。これはLHホルモンの量が30mlU/mLを超えたら感知する、ということ。つまりこの数値が小さいものの方が感度が高い、と判断することができますよ。

排卵検査薬!通販で購入できるタイプ

1. ロート製薬 ドゥーテストLHa

要出典 排卵検査薬 ロート製薬 ドゥーテストLHa

使いやすさを追求した、ロート製薬の『ドゥーテストLHa』。採尿部が広く、2秒間尿をかけるだけで判定完了です。

インターネットの場合、排卵検査薬の購入には薬剤師の確認が必要なので、少し時間がかかる場合があります。日にちに余裕を持って購入してくださいね。

税込価格
2,228円~
内容量
7/12本
尿をかける時間
2秒 ※5秒以上かけない(紙コップなどに尿を採取して浸ける場合も同様)
判定時間
5分
尿中LHの検出感度
30mlU/mL

2. アラクス チェックワンLH・II

要出典 排卵検査薬 アラクス チェックワンLH・II 10回分

アクラスの『チェックワンLH』も、インターネットで購入できます。こちらは5日分、10日分から選べます。

尿をかけてから、判定時間が3分と、短時間で結果が出るスピード設計です。

税込価格
2,248円(5本)~
内容量
5/10本
尿をかける時間
5秒 ※紙コップなどに尿を採取して浸ける場合は20秒
判定時間
3分
尿中LHの検出感度
40mlU/mL

3. 武田薬品工業 ハイテスターH

要出典 排卵検査薬 ハイテスターH

武田薬品工業の『ハイテスターH』は、月経開始予定日の17日前から検査を開始し、前日とのラインの本数の差で排卵を判断します。

尿をかける場合は5秒以上、紙コップなどに入れた尿に浸す場合でも10秒ほど。判定時間が10分と少々長めです。

税込価格
2,565円~
内容量
5/10本
尿をかける時間
5秒以上 ※紙コップなどに尿を採取して浸ける場合は10秒
判定時間
10分
尿中LHの検出感度
30mIU/ml

4. オムロン クリアブルー 排卵日予測テスト

要出典 排卵検査薬 オムロン クリアブルー 排卵日予測検査薬

約1日前に排卵日の予測ができ、1ヶ月のうちで特に妊娠しやすい2日間を判定する、オムロンの排卵検査薬『クリアブルー』。

サンプラーに5秒間尿をかけてキャップをかぶせ、「判定窓」に示される青い線で結果を確認します。尿をかける時間、浸す時間がオーバーしないように注意して使いましょう。

税込価格
2,480円~
内容量
7/12本
尿をかける時間
5秒 ※10秒以上かけない/紙コップなどに尿を採取して浸ける場合は20秒 ※30秒以上浸さない
判定時間
3分
尿中LHの検出感度
40mIU/ml

排卵検査薬!薬局で購入できるタイプ

5. ミズホメディー P-チェック・LH

要出典 排卵検査薬 ミズホメディー P-チェック・LH 7回用 出典: www.mizuho-m.co.jp

感度が高く、LHの分泌量が少なくても判定することができるのがミズホメディーの『P-チェック・LH』。三段階でLH分泌量を示し、ラインが増えていくと排卵が近づいていることになります。

色の濃淡で判定するよりも分かりやすいのが特徴。生理不順の女性にもおすすめですよ。

内容量
7/14本
尿をかける時間
5秒以上 ※紙コップなどに尿を採取して浸ける場合は10秒
判定時間
3分
尿中LHの検出感度
(最小検出感度)10mIU/mL

6. アラクス チェックワンLHデジタル

要出典 排卵検査薬 アラクス チェックワンLHデジタル 出典: www.arax.co.jp

「デジタル表示が見やすい」と人気なのが、アクラスの『チェックワンLHデジタル』。検査直前に、チェックスティックをリーダーにカチッとセットして使います。

薬局医薬品のため、購入は取り扱いのある国内の薬局のみ。取扱店舗は、アラクスのHPで探せます。

内容量
5/10本
尿をかける時間
5~7秒 ※紙コップなどに尿を採取して浸ける場合は15秒
判定時間
3分以内
尿中LHの検出感度
40IU/L

排卵検査薬は使いやすいものを選ぼう

各メーカーから発売されている排卵検査薬。それぞれ特徴が異なるので、自分にとって使いやすそうなものを選んでくださいね。様々な商品を少しずつ試していくのもいいかもしれません。

また、排卵検査薬の詳しい使い方については、下記の記事にまとめています。使用前に確認してみてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう