排卵検査薬は通販で購入できる?海外製の注意点は?

本格的に妊活をしようと思ったときに、きちんと排卵されているかを確認する「排卵検査薬」が活躍します。でも、いざ排卵検査薬を買おうにも、近くに購入できる場所がない人や、薬局で購入するのには抵抗があると感じている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、通販を利用して排卵検査薬を購入する方法や、購入時に気をつける点をまとめました。

排卵検査薬は通販で購入できるの?

妊娠検査薬 妊娠 検査

以前は排卵検査薬は「医療用検査薬」に分類され、薬剤師が常駐している調剤薬局でしか購入することができませんでした。そのため、インターネットで購入しようと思うと、海外製の排卵検査薬か海外で販売されいている日本製の排卵検査薬を、海外から「輸入代行」するという仕組みでしか買えませんでした。

しかし、2016年9月より「第一類医薬品」に変更され、日本製の排卵検査薬を購入したいときでも、輸入の仕組みを使わずに通常のインターネット通販として、購入が可能になりました(※1)。

ただ、排卵検査薬の利用は基本的に複数回必要になるため、高価な日本製よりも、安価な海外製を使いたいという人も多いようです。

排卵検査薬の海外製と日本製の違いは?

分岐 違い 道 選択 二股

海外製の排卵検査薬を購入して利用するのには抵抗がある、という人もいるかもしれませんが、次のような違いを知って、上手に利用したいですね。

値段

海外製と日本製の排卵検査薬について、大きな違いとしては値段が挙げられます。海外製の排卵検査薬には簡易的なつくりで値段が抑えられたものがあります。例えば、日本製の「ドゥーテストLHa」では12本約4,000円なのに対し、海外製の「ワンステップ排卵検査薬」は送料込みで50本5,000円程度になります。

海外製は1本約100円で、日本製が1本約330円なので、3分の1という値段の安さが魅力です。日本製のように高価だと使用頻度が減ってしまいますが、海外製であれば気楽に使えますね。

性能

排卵検査薬には、尿に含まれる黄体形成ホルモン(LH)の分泌量を測る方法と、唾液の結晶状態の変化を見る方法があります。尿で排卵を予測する排卵検査薬に関しては、黄体形成ホルモンを検知することについて、性能の違いはほぼありません。

ただし、排卵検査薬に陽性反応が出てからの排卵時期の予測日については、製品によって異なるため、使用前に説明書を読んでから使用するようにしましょう。

排卵検査薬を通販で買うときの注意点は?

注意

海外製の排卵検査薬は輸入代行で扱っている種類が豊富で、ネット通販でも手軽に購入できるのも嬉しいですよね。ただし、安価である分、粗悪品が混ざっていることがあります。

信用がおける購入先か、口コミで問題が記載されていないか、サイトに不審な表現はないか、法律に基づいて行っていると表記があるかを最初に調べるようにしましょう。配送時に、商品の状態を追跡できるような販売元だとより安心ですね。

海外製の排卵検査薬の結果に不安を感じるようであれば、結果が出た後に、日本製の排卵検査薬を使って確認してみるのがおすすめです。

通販で買える海外製の排卵検査薬にはどんなものがあるの?

排卵検査薬 検査 

基本的には薬局で排卵検査薬を購入するとしても、安価な海外製でまず排卵しているかどうかを試したい、という女性も多いですよね。海外製の排卵検査薬には次のようなものがあります。

DAVID

初めて使う人には感度が良すぎるものだと判断が難しいこともありますが、DAVIDは25IU/Lと中程度の感度のため、排卵日の確認がしやすいと人気の排卵検査薬です。

価格は排卵検査薬28本と早期妊娠検査薬6本が入った34本セットで1,950円(税込)とリーズナブル。1本あたり60円以下で、気軽に使うことができますね。口コミでも精度は日本製とあまり変わらないといわれています。

Luckytest

アメリカ医薬品局(FDA)の認可やEU認証も取得されている排卵検査薬です。排卵日の最大2日前に陽性反応が出るのが特徴です。99%正確に判定できるとされており、1回の測定も本数が多いものであれば59円から可能です。

妊活中に排卵日を予測したくても、本数が少なくて慌ててしまうという人にとっては、安価で多数ある海外製の排卵検査薬は助かりますね。

排卵検査薬を通販で買うときは、日本製を探すべき?

デジタル 排卵検査薬 妊活

日本製のものは信頼性も高く安心して使えますよね。簡単に検査ができるので始めて使う女性にもわかりやすい仕様になっています。基本的な仕組みは同じですが、違うのは「海外製は尿をかける部分だけを交換するタイプが多いが、日本製は取っ手部分も全部交換」という点です。

衛生的で安心できる分、価格が高いというデメリットはあります。排卵日を知るためには何日間も使用するものなので、日本製だけを使うのはコストの面でも躊躇してしまう人も多いようです。通販や薬局で購入する際の日本製のおすすめは、関連記事を合わせてご覧ください。

排卵検査薬を通販で購入するときは注意しよう

排卵検査 尿 検尿 排卵検査薬 薬 検査

排卵検査薬は、慣れるまでは使いづらさを感じることもありますし、購入しづらいという不便さもあります。海外製品をインターネットで購入できると手軽ではありますが、一日でも早く妊娠したいという人はまず婦人科を受診することをおすすめします。

きちんと排卵日を把握することで妊娠率を高められるので、排卵検査薬には大きなメリットがあります。産婦人科にも相談しながら、自分に合った排卵検査薬で妊活に取り組みましょう。

※1参考文献: 厚生労働省「「一般用医薬品の区分リストについて」の一部改正について」

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

最新情報をお届けします

あわせて読みたい