七五三で着物をレンタル!選び方や当日の流れは?

七五三を迎える子供がいる家庭では、着物をレンタルしようと考えるママも多いのではないでしょうか。最近では、写真館やフォトスタジオ、神社での着物レンタルも増え、ますます利用しやすくなってきました。今回は、七五三の着物をレンタルするときのポイントや流れ、メリットとデメリットをまとめました。

七五三にはどんな着物をレンタルしたらいいの?

eversense 七五三 女の子 着物 4

七五三で子供が着る着物は、年齢や性別によって違いがあります。レンタルをするときにも、年齢や性別ごとの着物のポイントをおさえておきましょう。

3歳の女の子の着物

3歳の女の子は、お腹周りの締めつけが緩い「三つ身」の着物を着て、兵児帯(へこおび)を結びます。その上に、「被布(ひふ)」と呼ばれる衿つき袖なしの上着を重ねます。被布を着用せず、帯を結ぶこともあります。

5歳の男の子の着物

5歳の男の子は、紋付羽織袴を着ます。羽織の紐は白で、白い足袋をはいて白い扇子を持ちます。

7歳の女の子の着物

7歳の女の子は、大人の着物とほぼ同じ作りの「四つ身」の着物を着て、帯を結びます。はこ迫(はこせこ)といわれる薄い箱型の小物入れと、扇子を胸元に入れて、志古貴(しごき)と呼ばれる芯のない帯を帯下に結びます。

七五三で着物をレンタルするときのポイントは?

eversense 七五三 女の子 着物 3

七五三の着物をレンタルするときには、下記のポイントに気をつけながら、お気に入りの着物を見つましょう。

いくつかのお店を比較する

七五三の着物は、着物専門店、ネットのレンタルショップ、フォトスタジオ、神社、美容室といったところでレンタルすることができます。それぞれに特徴があるので、いくつか比較してみるといいでしょう。

着物専門店は、種類や品数が豊富で、上質な生地の着物が揃っていますが、料金は高めの傾向があります。フォトスタジオでは、写真撮影用の衣装としてのみ貸し出しをしていて、神社への参拝には着て行くことができない場合もあります。

ネットのレンタルショップは、着物を手にとって見たり、試着したりすることができませんが、在庫さえあればすぐに自宅まで配送してくれるので、急いでいるときには便利ですね。

試着をする

着物専門店やフォトスタジオで着物をレンタルする場合は、試着してみることをおすすめします。子供が実際に着てみることで、サイズ感や着心地を確認できます。わからないことがあったら質問もできるので、ぜひ子供と一緒に行ってみましょう。

ネットショップは試着ができないので、注意書きをよく読んだり、担当者に質問したりして、ぴったりのものを選べるといいですね。

着付け方法を確認

着物専門店やフォトスタジオ、美容室での着物レンタルには、着付けやヘアメイクも含まれていることがほとんどです。七五三や写真撮影の当日に手ぶらで行って、着付けをお任せすることができるので、安心です。

ママが着付けをする場合は、事前に着付け方法を確認しておきましょう。

七五三で着物をレンタルするときの流れは?

パソコン 調べる 女性 インターネット

ここでは、着物をレンタルするときの大まかな流れと、各ステップでの注意点をご紹介します。

1. レンタルする場所を決める

前述のポイントを参考にレンタルする場所を決めましょう。

2. 着物を選ぶ

着物には様々な色や柄があります。事前に、どんな雰囲気の着物がいいかイメージしておくと選びやすくなりますよ。七五三は子供が主役なので、子供に選ばせてあげるのもいいですね。

2. 予約をする

着物が決まったら、七五三の日取りにあわせて予約をします。人気の着物は、すぐに借りられてしまいまうので、早めの予約が大切です。レンタル期間を確認しておくことも忘れずに。

4. 着用(七五三の日)

店舗や美容室で着付けやヘアメイクをしてもらう場合は、朝早くから移動することになるので、子供が飽きないように、おもちゃや絵本を持っていくといいですよ。

5. 返却する

フォトスタジオなどでは、撮影後にそのまま返却できますが、着物専門店や宅配レンタルショップでは、持ち込みや宅配便で返却する必要があります。返却期日を過ぎないように気をつけましょう。

七五三で着物をレンタルするメリット・デメリットは?

eversense 七五三 女の子 男の子 着物 1

昔は、七五三のために着物を購入したり、先祖代々の着物を着たりすることが主流でしたが、最近では、レンタルを選ぶ家庭も増えています。七五三の着物レンタルには、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

七五三の着物レンタルのメリット

種類が豊富

一番のメリットは、豊富なラインナップから選べることです。最新デザインや有名デザイナーの着物が揃っているお店もあります。伝統的な柄から、モダン柄、レースが使われたものまで、ママや子供の好きな着物を選ぶことができますよ。

料金が安い

着物のレンタル料金は、着物専門店や宅配レンタルショップであればある程度かかりますが、フォトスタジオや神社では撮影料や祈祷料に含まれる場合もあります。どちらにしても、購入するよりも安くおさえることができます。

早撮りも選べる

「早撮り」とは、七五三のシーズンより前に、写真館やフォトスタジオで、撮影だけ行うことです。早撮り割引や、撮影した着物を七五三の当日に再度レンタルできるサービスを行っているところもあります。着付けも、撮影の日もお参りの日も無料で行ってくれるところがほとんどです。

七五三の着物レンタルのデメリット

ぴったりのサイズがないことも

お店によっては、全体的に大きめのサイズを揃えているところもあります。気に入った柄や色の着物が見つかっても、子供のサイズと合わずに断念しなくてはいけないことも。子供が平均サイズより大きめ、小さめという場合は、できるだけサイズ展開が多いお店を選ぶといいですね。

親族の心情に配慮

デメリットというよりも、気をつけたいことですが、身内に「着物を買ってあげたい」と思っている人がいる場合には、レンタル着物を選ぶと失礼にあたることもあります。レンタルの便利さや安さだけを優先するのではなく、親族の心情に配慮することも大切ですね。

七五三でお気に入りの着物をレンタルしよう

七五三 着物 男の子 牧野家

七五三の着物レンタルは、レンタルする場所によって値段やオプションサービスに違いがあるので、よく比較したうえで選ぶようにしましょう。実際に着物を見て試着をしてみると、子供も七五三が楽しみになってくるはずです。七五三の着物レンタルをうまく活用して、お気に入りの一着で七五三の日を迎えられるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう