生理前にイライラする…原因や解消方法は?

監修医師 産婦人科医 藤東 淳也
藤東 淳也 日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 監修記事一覧へ

生理前の女性は、はっきりした理由もないのにイライラしてしまうことがあります。ほとんどの人は「毎月こうなるのは仕方ない」と思って我慢しているだけかもしれません。しかし、きちんと原因を知って対策をすれば、イライラの症状を楽にできることもありますよ。そこで今回は、生理前のイライラについて、原因や解消法、薬の効果などをご説明します。

生理前はイライラしやすい?

女性 イライラ 不快 

生理前になると、女性の体には、頭痛や下腹部痛、腰痛、頭痛、めまい、吐き気、むくみ、便秘、ニキビなど、様々な症状が現れます。イライラや気分の落ち込み、集中力の低下、不眠、突然泣きたくなるといった精神的な症状が現れる人もたくさんいます。

これらの症状は、一般的に「PMS(月経前症候群)」と呼ばれます。特に精神的な症状がひどく、日常生活に支障をきたすようになると「月経前不快気分障害(PMDD)」と診断されることもあります。

PMSは、生理の3~10日前から症状が現れはじめ、生理が来ると症状が減退したり、完全に消えたりするのが特徴です(※1)。

生理前のイライラの原因は?

基礎体温表 グラフ 女性ホルモン エストロゲン プロゲステロン

生理前に現れるイライラは、PMSの精神的な症状の典型例です。

PMSの原因はまだはっきりとわかっていませんが、女性ホルモンが影響していると考えられることがあります(※1)。

女性の体内では、排卵の前後で分泌される女性ホルモンの種類が変化します。排卵前は排卵を促すための「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量が増加し、排卵後には妊娠に備えた体作りを促す「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌量が増加します。

この2つの女性ホルモンのバランスがうまくとれないと、生理前の心や体に様々な歪みが現れてしまうのです。

また近年、「幸せホルモン」とも呼ばれる「セロトニン」が増えるような治療を行うことで、PMSの症状が軽減することも分かってきており、生理前のイライラには、セロトニンの不足も関わっているのではないかと考えられています(※2)。

生理前のイライラ解消方法はある?

女性 家 寝室 就寝 起床

生理前のイライラは、自分でもなかなかコントロールすることができず、つらいものです。症状が現れたら、下記のような方法で対処してみましょう。

ゆっくり休む

生理前は頑張りすぎず、しっかりと休養をとることが大切です。いつもより早めにベッドに入り、そのぶん早く起きるなど、自分の体を大切にできる生活をしたいですね。

毎月イライラしてしまうという人は、自分の生理周期を把握して、排卵日付近から生理までの間は、特に規則正しい生活を心がけましょう。

リラックスできる方法をみつける

ハーブティーやアロマを使って、精神的にリラックスするのもおすすめです。時間があればお風呂にゆっくり浸かりましょう。

お風呂のあとは、アロママッサージをするのも効果的です。アロマオイルのなかには、ホルモンバランスを整える作用を持つものもあるので、自分に合う種類を探してみてください。

栄養バランスの取れた食事をする

生理前にイライラすると、つい甘いものをたくさん食べたくなってしまいます。しかし、血糖値が急激に上がり、体を混乱させてしまう糖分はイライラに良い栄養素とはいえません。

生理前は、栄養バランスの良い食事を1日3食しっかり摂ることを意識しましょう。情緒不安定を解消してくれるカルシウムやマグネシウムなどの栄養素は、特に積極的に摂取したいですね。

生理前のイライラは薬でも治療できる?

生理前のイライラがひどければ、婦人科を受診しましょう。薬を使って、症状をおさえることもできます。治療には、具体的に下記のような薬が使用されます。

低用量ピル

低用量ピルには、生理周期に合わせて分泌されるエストロゲンやプロゲステロンに似たような物質が含まれており、服用することで自然とホルモンバランスが整っていきます。ホルモンバランスが整うと、イライラの改善が期待できます。

漢方薬

漢方薬は、症状を抑えるというより、根本的な体質を改善してくれるものです。比較的効果が緩やかなぶん、副作用も少なく、初めての人でも安心して飲みやすいという特徴があります。

漢方薬には様々なものがありますが、生理前のイライラには、「加味逍遙散(かみしょうようさん)」「桂枝茯苓丸料(けいしぶくりょうがんりょう)」「女神散(にょしんさん)」などが処方されることが多くあります。

サプリメント

病院によっては、サプリメントを処方してもらえることもあります。

生理前のイライラを解消するためのサプリメントによく使われている成分には、イソフラボン、チェストツリー、ピクノジェノールなどがあります。症状が比較的軽いときには、ビタミン剤などが処方されることもあります。

抗うつ薬・抗不安薬

イライラの他に、憂鬱や情緒不安定など、精神的な症状が強いときは、SSRIやSNRIといった、うつ症状に使われる薬を処方してもらえることもあります。これらの薬には、セロトニンの分泌量を増加させる作用があり、気持ちが落ち着く効果が期待できます。

生理前のイライラは我慢しすぎず病院へ

女性 医師 医者 診断 病院 診察

生理前のイライラは、「生理のことだから」「気持ちの問題だから」と、我慢している人も多いでしょう。しかし、一人で抱えるのはつらいもの。症状が続くときはあまり我慢しすぎず、病院に行くのも一つの方法です。

病院に行けば、症状に合う薬などで対処を行うことができますし、誰かに話して具体的なアドバイスがもらえるだけでも、気持ちが楽になることがあります。自分に合う方法で、生理前のイライラを緩和できるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう