出産祝いの金額相場は?親族・友達で違う?時期やのしの書き方は?

友人や親族、同僚など身近な人に赤ちゃんが生まれたときに悩ましいのが「出産祝い」のこと。初めて出産祝いを贈る場合、どんなものを贈ればいいのかよくわかりませんよね。そこで今回は、これから出産祝いを準備する人のために、出産祝いとは何か、金額相場はどれくらいか、親族や友達で違うのか、出す時期やのしの書き方などの基礎知識についてもご説明します。

そもそも、出産祝いとは?

グッズ ギフト プレゼント ラッピング

出産祝いとは、自分の近しい人が出産をしたときに赤ちゃんの無事な誕生を祝ってお金や品物をプレゼントすることをいいます。長く大変な妊娠・出産を終えたママや、それをサポートしたパパをねぎらうためのものです。家族が増えてこれから新しい生活が始まることを応援する意味合いもあります。

出産祝いには何を贈るべき?

出産祝いは、「赤ちゃんやママがこれから使える物」か、「お金や商品券、カタログギフト」を贈るのが一般的です。

どちらを選ぶかは相手との関係性次第です。相手のことをよく知っていて、どんなものが好きか、何を欲しがっているかがわかるなら品物をプレゼントしてあげてもよいですし、相手の趣味嗜好をあまり知らず、自分の選別眼に自信がなければ現金を渡すだけでも構いません。品物選びで迷うようなら現金・商品券を渡してあげたほうが無難ですが、少し味気無さを感じるかもしれないので、最近は出産祝い用のカタログギフトも人気です。

出産祝いの金額相場はいくら?親族や友達で違う?

グッズ お金 お札

現金か品物かを考えるよりも、お祝いの金額相場のほうが気になるかもしれませんね。絶対にこうだと決まったものはありませんが、およその相場は決まっていて、相手との関係性によって異なるので以下を参考にしてみてください。

兄弟・親族への金額相場

自分の子供が出産した場合は3万~5万円で、兄弟姉妹なら1~3万円が相場と考えてください。従兄弟などの親戚であれば3,000~1万円くらいでしょう。間柄が親しければ、少し奮発してあげましょう。

友人への金額相場

友人が出産した場合は5,000~1万円が相場です。ただ、なかにはお金の受け渡しを嫌う人もいるので、友人にはモノを贈るほうが良いかもしれませんね。友人同士で一緒に出しあって大きな1つのものをプレゼントするのもおすすめです。

会社の同僚への金額相場

会社の同僚なら3,000~5,000円が相場です。ただ、部下や後輩、仲の良い同僚が出産した場合は、もう少しはずんであげても良いでしょう。また、職場の同僚や同期で出し合って一つの物を贈るのも良いですね。

出産祝いを渡す時期やタイミングはいつ?

グッズ カレンダー 予定

出産祝いを贈るタイミングは、産後7~30日が一般的です。郵送するのであればこの時期にしましょう。ただ、直接手渡ししたいという場合は、出産後すぐにもって行くのはおすすめできません。出産直後は体力を使い果たしている時期なので、人に会うのも一苦労です。1ヶ月を過ぎて、少し落ち着いた頃に相手の状態を確認しながら予定を組むようにしましょう。早く喜びを一緒に分かち合いたいと思っていても、相手の体調を優先してあげてくださいね。

また、出産が終わるまでは無事に赤ちゃんが生まれてくれるかわかりませんので、出産前に出産祝いを贈ることがないように気をつけましょう。

出産祝いで、のしの名前や書き方はどうすればいい?

水引き のし お祝い 袋

のしは、祝福の気持ちを込めた特別な贈り物であることを表すためにつけるものです。品物やお金をのし紙やのし袋で包みます。のしには色々な種類がありますが、出産祝いであれば水引を白赤の蝶結びにしましょう。蝶結びは、「何度あっても良い祝い事」に用いられるので、出産祝いに適しています。

水引の上の中央には何の贈り物かを表す「表書き」を書きます。出産祝いであれば「御出産祝」「祝 御出産」「御誕生祝」などと入れるのが一般的です。水引の下には送り主として自分の名前を書きます。苗字だけを書くか、同姓の人が多いならフルネームを書いても問題ありません。夫婦の連名で贈る場合、中心に夫のフルネームを書き、その左に妻の名前だけを書けば大丈夫です。

出産祝いを贈る際の注意点は?

注意

出産祝いで気をつけたいのは、プレゼントで用意した品物をすでに持っている、あるいは他の人からもらったというものです。おくるみなど、同じものをたくさんもらって嬉しい場合もありますが、受け手が困ってしまわないよう、事前に何が欲しいか聞いておくのがおすすめです。あるいは、金額の半分はカタログギフトや商品券にして、もう半分はプレゼントにするなどの気遣いをしてあげてもいいですね。親族からは家具やベビーカーといったものをプレゼントされることが多いので、友人であれば大物は避けて、小物類やいくつあっても困らないものなどを選ぶようにしましょう。

また、生まれた子供が2人目であれば1人目のおさがりがあるようなものは避けるのがおすすめです。ハイローチェアや抱っこひも、ベビーカーは1人目と同じものを使う場合が多く、逆におむつなどの消耗品は喜ばれることが多いですよ。何を選んだらよいかわからなければ無理をせずに、ママが好きなものを買えるように現金や商品券にするようにしましょう。

マナーを守って気持ちのこもった出産祝いを贈ろう

出産祝いはある程度の決まりはありますが、大切なのはお祝いの気持ちです。仲のよい相手であればあるほど、自分の気持ちを伝えるようなプレゼントを贈ってあげてください。どんなものであっても、もらったほうは「自分のことを想ってプレゼントを選んでくれたんだ」とうれしいものです。最低限のマナーを守りつつ、ママやパパが喜んでくれるような素敵な出産祝いをプレゼントしてあげてくださいね。

最新情報をお届けします

あわせて読みたい