出産祝いの金額相場は?友達と親族で違うの?

友達や親族、同僚など身近な人に赤ちゃんが生まれたときに贈る「出産祝い」。初めて出産祝いを贈るときは、どんなものを贈ればいいのか悩んでしまうもの。せっかくなら、相手が喜んでくれるものを贈りたいですよね。今回は、出産祝いとは何か、金額相場はどれくらいか、親族や友達で違うのか、出す時期、のしの書き方についてご説明します。

そもそも、出産祝いとは?

グッズ ギフト プレゼント ラッピング

「出産祝い」とは、自分の親しい人が出産をしたときに、赤ちゃんの無事な誕生を祝ってプレゼントや現金・商品券を贈ることをいいます。

長く大変な妊娠・出産を終えたママや、それをサポートしたパパをねぎらうためのものです。家族が増えてこれから新しい生活が始まることを応援する意味合いもあります。

出産祝いを贈るときに大切なのは、「おめでとう」というお祝いの気持ちを込めることです。プレゼントや現金・商品券と一緒にお祝いのメッセージを添えてあげると、相手も喜んでくれますよ。

出産祝いには何を贈るべき?

女性 疑問 クエスチョン 注意 びっくり 驚き 悩み スマホ 携帯電話 チェック 悩み

出産祝いには、赤ちゃんやママがこれから使う物や、お金や商品券、カタログギフトを贈るのが一般的です。

どれを選ぶかは相手との関係性にもよります。相手のことをよく知っていて、どんなテイストのものが好きか、何を欲しがっているかがわかる場合は、品物を選んでプレゼントしてあげましょう。

相手の趣味・嗜好をあまり知らなかったり、何を選んだら良いか迷ったりするときは、現金や商品券を渡すのもいいですね。出産祝い用のカタログギフトも人気ですよ。

出産祝いの金額相場は?親族や友達で違うの?

グッズ お金 お札

出産祝いを贈るときに気になるのが、お祝いの金額相場。絶対にこの金額といった決まりはありませんが、おおよその相場は決まっています。相手との関係性によって異なるので、下記を参考にしてみてくださいね。

親族へ出産祝いを贈るときの金額相場

自分の兄弟姉妹に赤ちゃんが生まれたときは、10,000~30,000円が相場です。従兄弟などの親戚が出産したときは、3,000~5,000円が一般的ですが、間柄が親しければ、少し奮発してあげてもいいですね。

孫が生まれた場合は、30,000~100,000円が相場のようです。

友達へ出産祝いを贈るときの金額相場

友人が出産した場合は、5,000~10,000円が相場で、現金や商品券ではなくプレゼントを選んで贈るケースが一般的です。友人同士でお金を出しあって、ひとつのものをプレゼントするのもおすすめですよ。

会社の同僚へ出産祝いを贈るときの金額相場

会社の同僚へは、3,000~5,000円が相場です。部下や後輩、仲の良い同僚が出産した場合は、もう少し奮発してあげてもいいでしょう。同僚や同期でひとつの物を贈るのもいいですね。

上記でご紹介した金額は、あくまでも相場です。相手との関係性、渡す側の結婚の有無、以前にお祝いをもらったときの金額などによって、金額は変わってきます。

出産祝いを贈る時期やタイミングはいつ?

グッズ カレンダー 予定

出産祝いは、産後7~30日に郵送で贈るのが一般的です。

直接手渡ししたいときは、出産後すぐに持って行くのは、あまりおすすめできません。出産直後は体力を使い果たしている時期なので、ママは人に会うのも一苦労です。

親族や、よほど親しい間柄でない限りは、産後1ヶ月を過ぎて少し落ち着いた頃に、相手の状態を確認して会いに行くようにしましょう。早く喜びを一緒に分かち合いたいと思っていても、相手の体調を優先してあげてくださいね。

出産が終わるまでは、赤ちゃんが無事に生まれてくれるかわからないので、出産前に出産祝いを贈ることがないように気をつけましょう。

出産祝いのマナーは?のしの名前や書き方は?

水引き のし お祝い 袋

出産祝いにプレゼントを贈るときは、「のし紙」を付けるのが一般的です。現金や商品券を贈るときは、「のし袋(祝儀袋)」に入れます。

のしは、祝福の気持ちを込めた特別な贈り物であることを表すためのものです。のしには色々な種類がありますが、出産祝いでは、水引を白赤の蝶結びにしましょう。蝶結びは、「何度あっても良い祝い事」に用いられるので、出産祝いに適しています。

のしの表書きは?

水引の上の中央には何の贈り物かを表す「表書き」を書きます。出産祝いであれば「御出産祝」「祝 御出産」「御誕生祝」などと入れるのが一般的です。

水引の下には送り主として、自分の名前を書きます。苗字だけ書いても、フルネームを書いても問題ありません。夫婦の連名で贈る場合、中心に夫のフルネームを書き、その左に妻の名前だけを書けば大丈夫です。

のし袋の表書きも、のし紙の書き方と同じです。お金や商品券を入れたら、上包みの下側の折り返しを上に重ねて閉じます。

出産祝いを贈るときの注意点は?

女性 確認 チェック ノート メモ

出産祝いで気をつけたいのは、プレゼントで用意した品物を相手がすでに持っている、あるいは他の人からもらったというケースです。おくるみやスタイはよく使うものなので、何枚もらっても嬉しいママもいますが、受け手が困ってしまわないように、事前に何が欲しいか聞いておくのがおすすめです。

金額の半分はカタログギフトや商品券にして、もう半分はプレゼントにするといった気遣いをしてあげてもいいですね。

親族からは家具やベビーカーといったものをプレゼントされることが多いので、友人であれば大物は避けて、小物類やいくつあっても困らないものなどを選ぶようにしましょう。

生まれた子供が2人目であれば、1人目のおさがりがあるようなものは避けるのがおすすめです。ハイローチェアや抱っこひも、ベビーカーなどは、1人目と同じものを使う場合が多く、逆におむつなどの消耗品は喜ばれることが多いですよ。

何を選んだらいいかわからないときは、ママが好きなものを買えるように、商品券やカタログギフトにしましょう。

出産祝いは金額だけでなくお祝いの気持ちも大切

出産祝い 赤ちゃん プレゼント

出産祝いの金額相場にある程度の決まりはありますが、一番大切なのはお祝いの気持ちです。贈るときは、ぜひ温かいメッセージを添えてあげましょう。

プレゼント選びは悩んでしまうこともありますが、相手の好きなテイストや欲しいものを知っておくと、選びやすくなりますよ。

金額相場やマナーを守りつつ、ママやパパが喜んでくれるような素敵な出産祝いを贈ってあげられるといいですね。ベビーリングも人気の出産祝いなので、関連記事も参考にしてみてください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう