赤ちゃんの頃から楽しく英語に触れる!バイリンガル知育玩具を体験

2020年にスタートする、小学校3・4年生からの英語教育の必修化に伴い、年齢が低い子どもを持つ家庭の「英語」への関心が高まっています。とはいえ、赤ちゃんが「勉強する」となると難しいもの。まずは、日常の遊びや歌を通して、楽しく英語と触れ合うことが大切です。

そこでご紹介したいのが、世界No.1のベビートイブランドである「フィッシャープライス」の、日本語と英語で学ぶことができる知育玩具、バイリンガルシリーズです。

実際に、1歳の子どもを持つママに遊んでもらったレポートとともに、楽しく学べる仕掛けをたっぷりご紹介します!

日本語を覚える前に英語って早くない?

英語 アルファベット

英語教育に関心はあるものの、「まだ日本語も覚えていないのに、英語をはじめるなんて早いのでは?」と、気になるママやパパも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんは、ママやパパの会話を見聞きしながら言葉を覚えるもの。日常会話が英語であれば英語を覚えますが、普段ママやパパが話す言葉や、赤ちゃんに話しかける言葉が日本語であれば、自然と日本語を身に着けていきますよ。

そのため、英語を話すおもちゃで遊んだり、英語の歌を聞かせたり、ママやパパが英語の本を読み聞かせたりする程度であれば、心配しすぎる必要はありません。

まずは遊びの中で楽しみながら英語の「語感」に触れ、英語が身近であることを認識させてあげると良いですね。

大人の真似をしながら英語に触れる
バイリンガル・おしゃべりそうじき

そんな英語での遊びをサポートするのにおすすめなのが、世界中のママやパパたちから支持を得ている「フィッシャープライス」のバイリンガルおもちゃです。

バイリンガルおもちゃは、英語と日本語を使った歌や言葉が搭載されているほか、指遊び・あんよなど、この時期の成長をサポートする仕掛けも満載。

特に、大人の真似っこが大好きな時期に活躍するのが、こちらの「バイリンガル・おしゃべりそうじき」です。

記事広告 マテル バイリンガル・おしゃべりそうじき

子どもが掃除機を大好きで、「どこでも追ってきて大変」「寄ってきて危ないから掃除ができない」と、大変に思うママやパパは多いもの。

「バイリンガル・おしゃべりそうじき」は、そんな子どもの好奇心に応えながら、英語や日本語に触れることができるおもちゃなんです。

ここからは、実際に「バイリンガル・おしゃべりそうじき」を体験した先輩ママのレポートをご紹介します。

今回体験してくれたのは、こちらの親子!

赤ちゃん:心汰(しんた)くん/1歳6ヶ月
ママ:美樹さん/男の子2児のママ
記事広告 マテル バイリンガル・おしゃべりそうじき 自己紹介

▲大人やお兄ちゃん(4歳半)がやっていることに興味津々で、マネをしたがるという心汰くん。高いところに登ったりハサミを持とうとすることが多いとか。音楽に合わせて踊るのも大好きです。

ママ

ママ

1歳になったので、これからいろんなことを覚えていくにあたり、そのヒントになるようなおもちゃを選んであげたいです。特に最近は大人が使っているものに興味を示すことが多いので、大人が使っている道具のミニチュア版などがいいなと思っています。

フィッシャープライスのおもちゃは我が家にもいくつかあって、カラフルで可愛らしく、子どもがすぐに食いついてくれるイメージがあります。「バイリンガル・おしゃべりそうじき」を使うのが楽しみです!

そうじきのおもちゃに興味津々!!

さっそく、心汰くんに「バイリンガル・おしゃべりそうじき」を使ってもらいました。はじめは遊び方をサポートせずに、自由に遊んでもらいます。

記事広告 マテル バイリンガル・おしゃべりそうじき

▲ママやパパが使っている掃除機と同じ形のおもちゃを手渡されて、興味津々の様子。

記事広告 マテル バイリンガル・おしゃべりそうじき

▲そうじきの使い方はお手の物。使い方を教えなくても様になっています。

ママ

ママ

我が家にもコードレスの掃除機があり、それを毎日使っているのをよく見ているためか、ひとめ見て「あー」と指さしながら飛びつきました。まさに想像していた通りの好反応でした。

スイッチをONにすると…
グィーンという掃除機音が

しばらくすると、そうじきの側面についているスイッチに気づいた様子。スイッチを「ON」にしてそうじきを押してみると、本物さながらの掃除機の音が!

記事広告 マテル バイリンガル・おしゃべりそうじき

▲さっそくお掃除開始!本当にゴミが吸えるわけではありませんが、ママやパパの真似をできて嬉しそう。

ママ

ママ

スイッチを動かすと「カチッ」と本物のスイッチのような感覚がするためか、最初は何度もスイッチのON/OFFを繰り返していました。最近は寝室の照明のON/OFFを何度も触りたがって、そのたびに大人が止めてしまうのですが、これなら思う存分触らせられるので安心でした。

スイッチをOFFにすると…
英語と日本語で楽しいおしゃべり&音楽が

スイッチを「OFF」にした状態でそうじきを押すと、今度は英語や日本語で歌やおしゃべりをはじめる「バイリンガル・おしゃべりそうじき」。心汰くんも、歌にあわせて体を揺らしながら遊んでいます。

記事広告 マテル バイリンガル・おしゃべりそうじき

▲英語や日本語で流れるメロディに合わせて、楽しそうに遊んでいます!

さらに、ママが正面についているボタンやダイヤルを教えてあげると、さっそく押したり回したりを繰り返していました。

記事広告 マテル バイリンガル・おしゃべりそうじき ONOFF

▲ポチッと押す感覚も楽しそう。ライトアップしたり、「おしゃべりそうじき」が英語と日本語でお話ししてくれたりします。

記事広告 マテル バイリンガル・おしゃべりそうじき ダイヤル

▲ダイヤルをつまんで、くるくるまわすのも指を使う練習にぴったり!

ママ

ママ

ボタンを押して音楽が流れてくると「おっ」とママの方を見てニッコリ。英語と日本語で流れてくる音楽に、足を伸び縮みさせて踊っていました。

ダイヤルに初めて手を伸ばしたのは、一通りそうじきの他のスイッチを触り終えたあとでした。ガチャガチャと回すたびに音が鳴るのが嬉しいのか、夢中でダイヤルを回していましたよ。その真剣な顔がほほえましかったです。


楽しい仕掛けにご満悦♡

ママやパパの真似ができるうえに、大好きな音楽も流れてご満悦の様子!すっかり気に入ってくれたようです。

記事広告 マテル バイリンガル・おしゃべりそうじき お気に入り

▲リビングの壁に立てかけておくと、通り過ぎるたびに見たり触ったりするのが日課になった心汰くん。日に日に、そうじきの動かし方が上手になっているとか。

記事広告 マテル バイリンガル・おしゃべりそうじき

▲ママのカメラに向かってキメポーズ。楽しんでいる様子が伝わりますね。

ママ

ママ

本物の掃除機を親が使っていると、奪い取って自分でかけようとするんですが、重く大きすぎるのですぐに持て余していました。でもこのそうじきは軽くて背丈にもちょうど合っているので、軽々とすいすい動かせていました。

ソファの下にまでそうじきをかけようとするのにはとても驚いてしまいました。きっとママが掃除機をかける姿を、いつもちゃんと見てるんですね。

英語と日本語で教えてくれる言葉や
掃除を楽しむ姿を動画でチェック!


ママ

ママ

普段英語教育をしているわけではないし、まだ日本語もほとんどしゃべることができないので、言葉を聞き分けられているのかはわかりません。ただ聞いた言葉をそのまま真似するようなしぐさを見せるようなことはあり、そうじきから流れてくる英語と日本語の色や数字にも、喋って反応していました。

英語教育はできたらいいだろうなと思いつつも、普段クルマの中で英語の童謡を流す程度。スクールに通わせるのも少し面倒…という感じです。なので、おもちゃを通して日常的に英語に触れられるのは良いですね。

ここからは、同じく「フィッシャープライス」より、あんよをサポートしながら遊べるおもちゃと、コンパクトでお出かけ時の持ち運びにも便利なバイリンガル知育玩具をご紹介します!

おして!しまうまくんの
バイリンガル・ウォーカー

こちらは、「バイリンガル・おしゃべりそうじき」よりも少し早く、おすわりの時期から遊べるおもちゃ。

おすわりの時期には座ったまま楽しむ知育玩具として、たっちやあんよが始まったら手押しで押し歩きも楽しめます。

ボタンを押すと、英語と日本語のおしゃべりや音楽を聴くことができ、アルファベットや数の数え方を学ぶことができますよ。

記事広告 マテル おして!しまうまくんのバイリンガル・ウォーカー

▲ライトアップする機能にも興味津々。

記事広告 マテル おして!しまうまくんのバイリンガル・ウォーカー

▲すっかり歩ける心汰くんも、押して歩くのが楽しいよう。頻繁に押して遊んでいるとか。

ママ

ママ

まず、かわいらしいしまうまの顔を触り、次に足あとのマークがついたボタンを触り…おもちゃから反応があるたびに笑顔になっていました。もう1歳半で小走りもできるくらいなので、歩行器的な意味では必要ないかな…と思っていましたが、ちゃんと押して歩いていました。

安定性があることと、その割に軽くて大人はひょいと持ち上げられることが嬉しいです。ボタンやダイヤルがたくさんあって、一度触り始めるとなかなか飽きないのも良いですね。

わんわんのバイリンガル・スマートフォン

こちらは1歳6ヶ月頃から使える、スマートフォンの形をしたおもちゃです。子どもは携帯電話が大好き。ママやパパが電話をしていると、「かして!」と手を伸ばしてくる…というのも、あるあるではないでしょうか?

こちらも同じく、ボタンを押すと英語や日本語で歌や言葉が流れますが、直接子どもが耳につけるので、普通のおもちゃに比べて音が小さめになっているという細かな配慮も。

さらにそれだけではありません。なんと、声を録音&再生できるのです。

記事広告 マテル わんわんバイリンガル・スマートフォン

▲ママの声を録音して再生すると…おもちゃから聞いたことがある声がしてびっくり!

記事広告 マテル わんわんバイリンガル・スマートフォン

▲パパが電話をかけるふりをすると、心汰くんが「バイリンガル・スマートフォン」で応答!

ママ

ママ

大人のスマートフォンを見つけると、手に取って遊ぶことが最近増えました。ただ、本物を触らせると汚れたり画面ロックがかかってしまったりするので、つい取り上げてしまっていて…。このスマートフォンなら、思う存分触らせてあげられます。ボタンを押すといろんな音楽や声が出るので反応が面白いのか、ずーっと触っていました。

バッグの中にポイっと入れておけるくらいのコンパクトさがとにかく◎です。音が出るコンパクトなおもちゃって、案外あんまりないんですよね。


世界中のママに支持される理由は
赤ちゃんのことを一番に考えているから!

おもちゃ 赤ちゃん

フィッシャープライスのおもちゃは、何よりも赤ちゃんが安心して遊べるよう、安全性と耐久性を重視しており、独自の安全基準を作って開発しているそうです。

さらに、おもちゃには全てママやパパの声を反映しているほか、赤ちゃんの反応を実際にモニターし、納得したものだけを販売しているのだとか。

今では約150ヵ国で販売され、2020年には90周年を迎えるというフィッシャープライス。多くのママたちに愛され続けているのは、赤ちゃんのことを一番に考えているからなんですね。

バイリンガルおもちゃは
プレゼントとしてもおすすめ

赤ちゃんの成長や学びを楽しくサポートしてくれる、「フィッシャープライス」のバイリンガルおもちゃ、いかがでしたか?

1歳から使えるタイプですが、誤飲などを心配せずに遊べるサイズなので、少し早めに準備してあげるのもおすすめ。おもちゃに見慣れておくと、自分なりの遊び方を考えて、遊びをマスターするのが早いこともあります。

ハーフバースデーや1歳のお誕生日プレゼントなどにも、ぴったりですよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう