ゾラデックスとは?副作用は?子宮内膜症に効果があるの?

「ゾラデックス」は、子宮内膜症の薬物療法で使われる薬のひとつです。服用することで女性ホルモンの分泌を抑制し、子宮内膜の病巣を小さくする効果がある一方、更年期障害に似た副作用が出やすいという側面もあります。今回は、ゾラデックスの効果と副作用についてご説明します。

ゾラデックスとは?効果は?

注射

「ゾラデックス」は、製薬会社のアストラゼネカ社が製造・販売する、ホルモン療法の薬です。ゾラデックスの主成分である「ゴセレリン」は、脳の視床下部から分泌される「ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)」に似た物質です。ゾラデックスは脳下垂体に作用し、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌を抑えることで、強制的に閉経状態が作り出されます。

ゾラデックスの服用により、無月経・無排卵の状態が作られることで、子宮内膜の萎縮が促され、病巣を縮小・消失させることができます。また、エストロゲンの働きを弱めることで、乳がんの進行を抑える効果もあります。

ゾラデックスの子宮内膜症に対する効果は?

女性 お腹 子宮 

子宮内膜症の治療には、「薬物療法」「手術療法」「対処療法」の3種類の方法があります。

薬物療法の場合、薬を服用して排卵を止めることで、一時的に子宮内膜症の症状を緩和することができます。ゾラデックスの製造元の臨床試験データによると、子宮内膜症に対するゾラデックスの改善率は83.8%です(※1)。

しかし、日本子宮内膜症協会によると、再発までの時間を最も長くすることができるのは手術療法であり、欧米の医療では薬物療法よりも腹腔鏡下手術が優先的に選択されています(※2)。

ゾラデックスの使い方は?注射で投与する?

お腹 注射 女性 

ゾラデックスは、錠剤で服用するのではなく、皮下注射で直接体内に注入します。通常、成人の場合は薬剤1筒(ゴセレリン1.8mg含有)を「4週(28日)ごとに1回」、前腹部に皮下投与します。1回の注射で、ゾラデックスの成分がゆっくりと血液中に放出されていきます。

皮下注射するとき、必要に応じて投与する部位に局所麻酔をかけることもあります。血管を傷つける可能性の少ない部位を慎重に選び、4週ごとに注射する部位を毎回変更する必要があります。

ゾラデックスによる治療を開始するときには、まず妊娠していないことを確認し、初回は必ず生理中に皮下注射します。また、治療期間中は避妊する必要がありますが、ピル(経口避妊薬)はゾラデックスの作用に影響を及ぼすため、使用することができません(※1)。

なお、原則的には6ヶ月より長くゾラデックスの服用を続けることは推奨されていません。薬物療法で症状の改善が見られない場合には投与を中止し、手術を行うなどの治療法が検討されるのが一般的です。

ゾラデックスの副作用は?

女性 頭痛 不調

製造元の臨床試験データによると、ゾラデックスを服用した人のうち約75%で、下記のような副作用が報告されています(※1)。症状の強さには個人差がありますが、日常生活に支障が起きるケースもあります。

副作用がひどい場合には、すぐに主治医に相談するようにしましょう。

更年期障害に似た症状

ゾラデックスの主な副作用は、「のぼせ・ほてり」「肩こり」「頭痛」など、更年期障害と同じような症状です。

ゾラデックスは強制的に閉経を引き起こす作用があるので、偽閉経状態によって卵巣機能が抑制されることによって、これらの症状が現れるとされています。

内分泌系の症状

割合としてはそれほど多くありませんが、ゾラデックスの副作用として「性器出血」「乳房の張り」「膣の乾燥感」「性欲減退」などが見られることもあります。

重大な副作用

ゾラデックスの副作用のうち特に重症なものとして、アレルギーの一種である「アナフィラキシーショック」や「肝機能障害」「黄疸」のほか、心筋梗塞や脳梗塞などの「血栓塞栓症」が挙げられます。

いずれも症状が現れる割合は0.1%未満ですが、命に関わる危険性があるため、これらの異常が認められた場合は、すぐにゾラデックスの服用をやめ、適切な処置を行う必要があります。

ゾラデックスでの治療は、医師と相談のうえ進めましょう

不妊治療 医師 相談 カップル 受診 夫婦

子宮内膜症になったからといって、100%妊娠を望めないというわけではありません。しかし、子宮内膜症は不妊症を引き起こす要因のひとつではあるので、治療を受ける際に妊娠の希望を医師に伝え、自分に合った適切な治療を選択することが大切です。

ゾラデックスの服用中は子宮内膜症の症状は緩和されますが、排卵を止めることで閉経状態を作り出す作用があるため、自然妊娠が望めるのは服用をストップした後ということになります。また、症状が改善されない場合、手術療法を選択しなければならないケースもあるため、医師と相談しながら自分にあった治療方法を見つけていきましょう。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい