妊娠中のヘアカラーはダメ?カラーリングの赤ちゃんへの影響は?

監修専門家 看護師・助産師 岡 美雪
岡 美雪 看護師・助産師を免許を取得後、未熟児病棟、脳神経外科病棟、産科病棟で医療業務に従事。その後、医療現場での経験を活かして、青年海外協力隊の看護職としてアフリカに2年間駐在し、現地の医療技術向上に貢献。日... 監修記事一覧へ

妊娠中でも、体調がよければ普段通り美容院に行きたいものですよね。でも、妊娠中にヘアカラーをしてもいいのか気になる妊婦さんも多いのではないでしょうか。今回は妊娠中のヘアカラーについてご説明します。

妊娠中にヘアカラーをしてもいいの?

美容院 美容室 ヘアサロン

妊娠中のヘアカラーについて、日本ヘアカラー工業会は消費者庁の指導により、「妊娠中で頭皮や皮膚が敏感になっている人はヘアカラー剤を使用しないでください」とパッケージに記載するなど、自主基準を設けています(※1)。

一概には言えませんが、妊娠中は皮膚がいつもより敏感になりやすい時期です。自分の皮膚の状態をよく見たうえで、いつもより慎重に、使用するかの判断をしたほうがよさそうです。

妊娠中にヘアカラーをするとどんな影響があるの?

美容院 ヘアカラー カラーリング

一般的に「ヘアカラー剤」と呼ばれているものは医薬部外品のヘアカラー剤で、「酸化染毛剤(ヘアカラー、白髪染めなど)」や「脱色剤・脱染剤(ヘアブリーチなど)」など様々な種類があります。

酸化染毛剤には、パラフェニレンジアミンやメタアミノフェールといった物質が含まれていて、アレルギー性接触皮膚炎を引き起こす可能性があります。

脱色剤・脱染剤は、過酸化水素水などが毛髪のメラニン色素を分解することによって髪の色を抜きます。酸化染毛剤に比べてアレルギー性接触皮膚炎を引き起こすことは少ないものの、刺激性接触皮膚炎を引き起こす可能性があります(※2)。

上記の症状は妊娠中であるかどうかに関わらず起こることです。ただし妊娠中は、頭皮や皮膚が敏感になっているため、特に注意が必要です。

妊娠中にどうしてもヘアカラーをしたい場合には?

女性 髪 美容院 カラーリング

ヘアカラー剤を使用することでの様々な影響を踏まえて、妊娠中に美容室でヘアカラーをしたり、自宅で市販のヘアカラー剤を使って染めたりするときは、かかりつけの医師や助産師に相談してみましょう。

その際、「染毛料」であれば問題ないといわれるかもしれません。

染毛料には、「ヘアマニキュア」「カラーリンス」「カラートリートメント」といった半永久染毛料と、「ヘアマスカラ」「ヘアファンデーション」「カラースティック」などの一次染毛料があります(※3)。

ただし、染毛料にもアレルギーを起こしうる化学染料が含まれていることもあるため、まずは成分が安全であることを確認してから使ってくださいね。

妊娠中のヘアカラーは体を最優先にして考えよう

美容院 女性 妊婦

妊娠中は自分が考えている以上に体に変化が起こっているので、いつもは問題なかったヘアカラーで肌がかぶれてしまったり、アナフィラキシーに陥ったりしてしまう可能性もあります。

結婚式やパーティに出席するときなど、妊娠中にどうしても髪を染めたいときは、医師に相談して許可が下りれば、ヘアマスカラやヘアファンデーションなどを使って一時的なカラーリングを楽しんでみてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう