妊活がつらい…疲れたときはどうすればいいの?

妊娠を望んで、生活を見直したり、治療に取り組んだりするなかで、なかなか結果に繋がらないと、「妊活がつらい」「疲れた」と感じることもありますよね。そんなときは、いったいどうやって妊活と向き合えばいいのでしょうか。今回は、妊活をつらいと感じるときや疲れたときの、妊活との向き合い方についてご紹介します。

妊活をつらいと感じるときって?

女性 悩む つらい

妊活で「つらい」「疲れた」と感じることは、人によって様々ですよね。なかでも、以下のようなことに、つらさや疲れを感じることが多いようです。

・ 周りからの妊娠報告
・ 親や親戚からのプレッシャー
・ パートナーが妊活に消極的
・ 仕事と治療の両立
・ 治療による体調や精神状態の変化
・ 治療にともなう費用
・ いつまで続くか先がみえないこと

なかなか妊娠に繋がらず焦ってしまったり、治療による普段の生活への影響や経済面、薬による体調や精神状態の変化などに、つらさや疲れを感じることもあります。

また、最近は男性の妊活への意識が高まりつつあるものの、なかには女性に任せきりだったり、仕事への影響を考えて治療に積極的になれなかったりする旦那さんがいるのも事実です。夫婦間の温度差を感じ、女性がつらくなってしまうことも少なくありません。

妊活がつらい・疲れたと感じたらどうする?

はてな 疑問 クエスチョンマーク

それでは、妊活に対するつらさや疲れと、どのように向き合えばいいのでしょうか。

妊活のつらさや疲れを少しでも緩和する方法として、以下のことを参考にしてみてください。

妊活をしている人の話を聞いてみる

妊活に関する悩みは、身近な人にはなかなか相談できないこともあります。どんなにお互いをわかりあっている夫婦でも、異性であるパートナーには伝わりきらないと感じることもありますよね。

そんなときは、妊活をしている人に話を聞いてみるといいかもしれません。同じような悩みを持っている人と話すことで、その悩みとどう向き合っているかを知れることもありますよ。

妊活に取り組む人たちのオフ会など、インターネットによるコミュニティも多いようなので、妊活している知り合いがいないという人は、これらを利用してもいいでしょう。

場所を変えてパートナーと話す

妊活に対して夫婦で温度差を感じつつも、自宅で話すと感情的になってしまったり、生活リズムが合わないことから、なかなか話す時間が取れなかったりすることもありますよね。

そんなときは、お互いが休みのときにカフェや公園に出かけて、どんなことを感じているのかを話してみるもの効果的です。日常から離れた環境で向き合ってみると、お互いに穏やかな気持ちで、素直な想いを話しあえることも。

つらいときは周りと一時的に距離をおく

妊娠の報告が続いたり、親や親戚からのプレッシャーに対してつらく感じるときは、必要以上に周りと連絡をとらないようにするのも1つの方法です。

親や親戚からのプレッシャーに対して、事情を説明して「気持ちはわかるけど、今はそっとしておいてほしい」と、伝えたという人も多いようですよ。

少し距離を起き、自分のなかで「連絡をとってもいいかな」と思えたときには、また改めて連絡して、自分の気持を話してみましょう。

カウンセラーに相談する

あまり思い悩むことが多く、治療や夫婦関係に支障があると感じている場合、専門のカウンセラーに相談するのもいいですね。

直接関わりがないからこそ言えることもありますし、妊活のつらさや疲れに対するアドバイスを、専門家の視点からもらうこともできますよ。

適度な運動でリフレッシュする

気持ちが落ち込んでいるときは、適度に体を動かしてみましょう。妊活中は、体を気遣うために行動を制限していることも多く、それが原因でストレスを感じていることもあります。

有酸素運動などの穏やかな運動は、気分転換として最適です。治療をしている場合は、担当医にどれくらいの運動量がいいか、どんな運動がおすすめか、聞いてみてくださいね。

治療費の助成金制度について調べてみる

妊活にかかるお金も、悩みのタネになり得ます。

しかし、不妊治療をサポートするために、国や自治体で助成金制度を設けていることもありますし、助成金をもらうと同時に、医療費控除を受けることもできます。

費用面でつらいと感じている場合は、住んでいる自治体の制度を調べてみてくださいね。

パートナーと相談して妊活を休む

妊活が長期化している場合は、夫婦で相談して、一時的に妊活を休むというケースも少なくありません。

治療が続くと、体力的にも精神的にも、余裕がなくなってしまうことがあります。二人で美味しいものを食べたり、趣味や習いごとに没頭したりと、英気を養ってから再開するのもいいかもしれませんよ。

妊活に疲れたら、パートナーや自分と向き合ってみよう

夫婦 カップル

妊活を続けるうえで大切なことは、体力面や精神面で、無理をしすぎないことです。つらさや疲れを感じはじめたら、パートナーと話してみたり、自分が心地いいと思うことをしてみたりと、体や気持ちを休めることを優先してみてください。

また、不妊治療をしている場合、治療が続くなかで病院の方針に疑問を感じることがあれば、しっかりと担当医に相談することも重要です。病院によって、合う・合わないもあるので、治療方針が合わないと感じたら、病院を変えるのも1つの方法ですよ。

一人で抱え込みすぎず、パートナーや専門家と協力しながら妊活に取り組んでいってくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう